3525アセッサー(評価者)派遣型研修

アセッサー(評価者)派遣型研修

B MEP311-0300-3525

アセッサー(評価者)派遣型研修とは

インソースのアセッサー(評価者)派遣研修は、研修中に、講師とは別にアセッサー(評価者)が入り、受講態度やワークへの取り組み姿勢、発言内容や他のメンバーとの関わり方から、受講者の皆さまのスキルやマインドをチェック・評価するサービスです。

◆本研修のポイント

・客観的な視点から、社員の現時点の「強み・弱み」が把握できる
・組織として育成に注力したい候補者を選抜できる
・受講者本人も、自身に足りない点を自覚し、さらなる成長のために必要なことが見える化できる
・適正な人材配置のための人材情報が得られる

推奨対象者層

新入社員~中堅社員

研修の進め方

メイン講師とは別にアセッサー(評価者)が研修室内に入り、研修中や演習・ワークでの受講者の態度・発言を観察し、スキルやマインドをチェック・評価します。

アセッサー(評価者)派遣型研修

アセスメントレポートイメージ

①社員ひとりひとりの評価シート

様々な指標を基に、個別の評価シートを作成し、納品いたします。
受講者の皆さまが、自分の強みと改善点を把握し、何に自信をもっていいのか、何のスキルが不足しているのかを客観的に視覚化できるシートです。

【個人レポート例】

アセッサー(評価者)派遣型研修

②総合報告書 ~今後の人材育成のポイントレポート

研修およびアセスメントを実施後、どのような研修・トレーニングがオススメかについて、講師・アセッサーからのフィードバックを含む総合レポートです。

【個人レポート例】
※受講者100名の場合のイメージ

アセッサー(評価者)派遣型研修

研修プログラム例

研修プログラムはお客さまのご要望に合わせてご提案いたしますが、アセスメントの精度を高めるため、ワークやディベートを多く含むプログラムを推奨いたします。

研修プログラム例 ~主体性発揮研修
内容
手法
  • 1.自分の役割を考える
    (1)自分の立場を再確認する
     【ワーク】自部署が、会社から求められていることを考えて、共有する
     【ワーク】自身が、所属する部署から求められていることを考えて、共有する
    (2)自分に求められる役割とは何か(指示前の行動、仕事の主体者)
    (3)役割を積極的に受け入れる
講義
ワーク
  • 2.仕事の目的を意識する
    (1)何のためにその仕事を行うのか
     【ワーク】普段行っている仕事を10個挙げ、各仕事の目的を書き出す
    (2)仕事の目的を常に意識する
    (3)「目的」「目標」「手段」の違い
     【ワーク】「仕事の目的」が、「手段」や「目標」になっていないか確認する
講義
ワーク
  • 3.主体的行動のためのスキル①~判断基準
    (1)主体的行動とは「判断」を人に委ねないこと
    (2)ビジネスの基本となる判断基準 ~QCDRS
    (3)優先順位を決める判断基準 ~重要度×緊急度
     【ワーク】仕事を「緊急度」と「重要度」で整理、優先順位付けし、現状と比較する
講義
ワーク
  • 4.主体的行動のためのスキル②~仮説思考
    (1)「先回りして考える」のが主体的行動の基本
    (2)仮説を持って業務にあたる
    (3)ギャップを知ることで改善・向上できる
    (4)「仮説思考」と「PDCAサイクル」
    (5)仮説思考によるPDCAの進め方
    (6)PDCAは繰り返してこそ意味がある
講義
  • 5.主体的行動のためのスキル③~目標管理
    (1)組織活動における目標の主体的受けとめ方
    (2)目標管理を行うことによる効果
    (3)目標設定の具体的方法
    (4)目標の具体的設定方法
     【ワーク】仕事の中で目標をひとつ設定し、グループ内で意見交換する
     【参考】目標の表現~後から測定できない表現になっていませんか?
    (5)設定が難しい目標の考え方
     【ワーク】数値化しにくい目標について、そのサブ目標を数値化する
     【ワーク】大きな目標を細分化して分かりやすくする(ステップや要素で分割)
講義
ワーク
  • 6.明日からの行動計画を考える
    (1)組織方針から自分の目標を設定する
    (2)目標達成のための具体的行動を考える
    (3)活動計画書を作成する
講義
ワーク


アセッサー派遣型研修におすすめのテーマ

・ビジネスゲーム研修 良好なコミュニケーションで組織に貢献する編(1日間)


・ビジネスゲーム研修 ~ドミノインテリア"仕事の品質向上プロジェクト"(1日間)


・ディベート研修 ~論理力強化編(1日間)


・中堅社員研修 オーナーシップ醸成編(1日間)

研修実施までの流れ

1.ご要望のヒアリング

まずはお気軽にお問い合わせください。当社営業担当が、お客さまのお悩みや課題、研修内容やアセスメント項目などのご要望をお伺いいたします。

2.研修内容・アセスメント項目の打合せ

ヒアリング内容をもとに、最適な研修プログラムとアセスメント項目をご提案いたします。「このようなスキルも測れないか」といったご要望がございましたら、お気軽にご相談ください。研修内で評価可能な項目であればご対応が可能です。

3.研修実施

当日は、講師とアセッサーが研修会場に入ります。受講者が評価されていると感じると正確に評価できない可能性があるため、アセッサーはサブ講師(グループワーク等の手伝い)のように振る舞うことで、できるだけ各受講者のスキル等を正確に評価できるよう努めます。

4.個人レポート・総合報告書のご提出

研修実施後、アセッサー及び講師の評価コメントをまとめ、個人レポート及び総合報告書を作成します。 研修実施後、レポートの提出まで概ね3~4週間ほどお時間をいただきます。

※通常の研修と同じように、事前課題の実施や「呼びさまシステム」による研修実施後フォローも可能です。 通常研修の流れはこちらをご覧ください。

  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

コメント

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)




評価者・考課者研修の評価
年間総受講者数
31,948
内容をよく理解・理解
92.1
講師がとても良い・良い
91.3

※2017年10月~2018年9月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■基本編
■目標管理・目標設定
■評価の目線合わせ
■部下指導・期中マネジメント
■面談強化
■被評価者・被考課者研修
■その他
<関連サービス>
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録