loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

シルバー人材・高齢者活躍推進研修

シルバー人材・高齢者活躍推進研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

「シルバー人材・高齢者層」輝くセカンドキャリアに向けて

労働力減少への対策として、政府は企業に ①定年の引き上げ ②継続雇用 ③定年制の廃止 のいずれかの導入を義務づけし、多くの企業が②継続雇用を選択しています。しかし、高齢就業者にとって短期更新・低時給単価・65歳での更新終了などの条件下の再雇用では、定年後の就労と生活のあり方は、厳しい状況です。
「生涯仕事を続けたい」と望むシニアは、自身のセカンドキャリアに向けて早い段階から準備を進める必要があります。

企業もまた政府施策に従うだけでなく、企業の存続発展に直結する命題として積極的にシルバー人材・高齢者層の人材活用を進展すべきときに来ています。シルバー人材・高齢者層を受け入れようとする企業にとって優先すべきは、まず高齢者を新しい人材として受容する意識変革を全社で共有することです。

インソースでは創業期からダイバーシティ推進を基本理念の1つとしてきました。
現在活躍中のシニア従業員の方々の定年に向けたスムーズな準備と、定年以降の職務・生活の変化への柔軟な対応が可能になるよう支援し、シルバー人材・高齢者層の方々の建設的なワーク・ライフ・マネーバランス、段階的なライフプランなどをサポートいたします。
また、シルバー人材・高齢者層を受け入れる企業が留意すべき、職場のコミュニケーション環境の整備やマネジメント強化など即効性のある研修も数多くご用意しています。

【インソース事例】シルバー就業日記「銀子とマチ子」 ~当社の70歳新入社員(銀子)とOJT担当社員(マチ子)の日々の記録です

シルバー人材・高齢者活躍推進研修のポイント

最優先課題は、自身を見つめ直し「これから」に活かすこと

「人生の過渡期」を迎えたシルバー人材・高齢者層は、自身の「これから」の生き方・働き方を改めて考えることにより、スムーズな意識転換を行うことができます。新しいことを始めたい、地域への貢献に取り組みたい、後進育成に奮起したいなど、様々な想いがあると思いますが、それぞれが今後の生活において気持ち豊かに過ごせるよう、多様な視点で「自分にとって価値ある夢」を再考することが必要です。
また、再雇用・再任用で働く新たな職場において、後進へ自身の培ってきたスキルを円滑に伝承できるよう、これまでのキャリアを振り返って自身の「強み」を見つめ直し、今後に活かすことも重要です。60代、定年後の詳細なワーク・ライフ・マネー・バランス計画を立てたうえで、新しい仕事に向けて、気持ちの良いスタートの準備をしましょう。

人間関係もスキルもゼロから再スタート

誰にとっても定年後の職場では、幾分の精神的・技術的なギャップを感じます。しかし心機一転、初心にかえって楽しく学び直す姿勢が、さらに人生を豊かにします。
新たな職場で求められるのは、部下を率いてマネジメントするリーダーの役割ではなく、周囲をサポートするフォロワーやメンターの役割であるという意識改革が必要です。また、新たな仕事に取り組む自信がない・スキルが足りていない場合、リカレント教育を活用してビジネス実務を改めて学び、必要な能力を補う好機としましょう。

新人材「シルバー人材・高齢者層」を迎え入れる

シルバー人材・高齢者層を受け入れる側にも準備が必要です。マネジメントスキルやコミュニケーション力の強化研修で対策を立て、貴重な人材との行き違いを防ぎましょう。
初期投資なしで社会常識と経験のある人材の確保は、高齢者採用のメリットです。一方、体力・知力は個人差が大きく、急変しやすいことも事実です。本人の意向を聴きながら、仕事内容、就業時間など無理のない設定で柔軟に対応する手立てを学ぶことが必要です。

シルバー人材・高齢者活躍推進研修ご検討のお客さまからのご質問

シルバー人材・高齢者活躍推進研修のポイントは何ですか?

この研修のポイントは、当事者と受け入れ側、双方のサポートを行うことです。
研修では、大きく以下の3点に関する具体的な対策と心構えを学びます。

・自身の役割認識についてギャップや不安を解消して、行動・意識を変革する
・働き続けるために必要なスキルを見極めて準備する 
・軋轢を生まないコミュニケーションなど、相互敬意がもてる職場環境づくり

インソースでは、フォントや図版が大きく読みやすいテキスト・共感性のある講師・演習を重視したプログラムなど、シルバー人材・高齢者層が学びやすい工夫を凝らした研修を提供しています。

シルバー人材・高齢者層とは具体的にどのような年齢ですか?受講対象者はどんな人ですか?

50代後半の定年前後から60~70代まで、広く想定しています。今後の不安や逡巡をわかりやすく明確に整理したうえで、課題解決を目的として研修を実施しています。第2の人生の過ごし方を検討できる研修として、好評を得ています。

またシルバー人材・高齢者層の活躍推進を目指す企業の人事担当者さま・研修担当者さまなども、自社社員の定年前後の啓蒙や支援協力のために多く受講されています。

定年の準備はいつごろから考えれば良いのでしょうか?

できれば余裕をもって40代から始めることをおすすめします。「第2の人生で自分が目指す方向」を見つけるための情報収集などから少しずつ絞り込みます。50代では後進にスキルを引き継ぎつつ自身の具体的な方向を定めて、60代に新たな出発という具合に段階的に準備しましょう。
インソースでは各年齢層のキャリアデザイン研修があり、どの段階からの受講でも無理なくライフプランを立てることができます。ぜひご検討ください。

【ラインナップ】キャリアデザイン研修

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

シルバー人材・高齢者活躍推進研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!