loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

管理職向けコミュニケーション研修~シニア人材と良好な関係を築く編

管理職向けコミュニケーション研修~シニア人材と良好な関係を築く編

実践重視のプログラムで「わかる」を「できる」に!

研修No.8120101

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層
  • ・シニア社員とともに働く管理者の方、現場リーダー、管理職
  • ・シニア社員との関わり方に不安のある方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 「シニア社員とのコミュニケーションがうまくいかない」
  • 「シニア社員にどのような仕事を任せれば、自部署でより活躍してもらえるのか分からない」
  • 「モチベーションが下がったり、自分のやり方に固執するシニア社員に、どう対応すればよいのか困っている」

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、シニア社員とよい関係を築き、その豊富な経験・知見を業務に活かす手立てを学ぶ研修です。
シニア社員の直面するロスや、コミュニケーションで陥りがちな課題を理解し、 実践形式で「日常のコミュニケーション」「効果的な面談」について学んでいただきます。

◆研修のポイント

  • ①シニア社員の直面する課題やライフステージを理解する
  • ②シニア社員とのコミュニケーションで陥りがちな課題を理解し、シニア社員の力を引き出すコミュニケーション術を学ぶ
  • ③新たな役割を受け入れ、信頼関係を構築するための面談方法について、効果的な面談プロセスに沿ったロールプレイを通して体得する

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.シニア社員の受け入れにあたって
    【ワーク】自組織および自部署のシニア社員受け入れ状況について共有し、 受け入れにあたって不安なこと、難しいと思うことを意見交換しましょう。
    【ワーク】自分自身がシニア社員となって、自部署で働く状況を想像してみましょう。
    シニア社員の立場から不安だなと感じること、難しいなと思うことを意見交換しましょう。
講義
ワーク
  • 2.シニア社員の知見・経験を、組織の財産にする
    (1)シニア社員およびシニア層の再活躍が求められる時代背景
    (2)シニア社員も多様化している ~シニア社員とは誰か(法改正含む)
    (3)シニア社員が直面するキャリアトランジション
      ①シニアの直面するロス ②トランジションのプロセス ③トランジションは自己開示の機会
    (4)シニア社員の抱える課題
      ①モチベーション低下 ②体力低下、健康問題 ③スキルのアップデート ④マネーの問題
    (5)目的は、シニア社員のもつ知見・経験を、組織の財産にすること
      ~組織の成長戦略としてのシニア活用
講義
ワーク
  • 3.シニア社員との日常コミュニケーション
    (1)コミュニケーションで管理職が陥りがちな課題
     ①遠慮のしすぎ ②上から目線 ③接触せず放置(担当者任せ)
    (2)コミュニケーションのポイント
     ①「頼る」「教えてもらう」という姿勢
     ②謙虚さを持ってもらうなら、まずは自分が謙虚に対応し信頼を得る
    (3)傾聴の重要性
     【ワーク】傾聴ロールプレイングできくスキルを実践する
    (4)言いにくいことの伝え方
     ①Iメッセージの活用 ②アサーティブコミュニケーションの手法
    (5)実践ケーススタディ
     【ケース①】自分のやり方に固執するシニア社員に対して、どう対応するかを考える
     【ケース②】自部署の若手のやり方を否定し、シニアに対して、どう対応するかを考える
     【ケース③】受講者の困っている事例をもとに、グループで対応方法を考える
講義
ワーク
  • 4.1対1面談で拓くシニア社員のキャリア ~オフィシャル面談の重要性
    (1)面談の目的 ~「新たな役割」を受け入れてもらう
     ■新たな役割のヒント
      ・経験が求められる仕事 
      ・緊急でないが重要な仕事 ~マニュアル作成、業務改善、特命ミッション など 
    (2)面談の準備をする ~「伝えること」「ききたいこと」の整理
     ①部署の現状とミッションと課題 ②人員構成(組織体制)
     ③何をしてほしいのか(役割・具体的な業務内容) ④何ができるのか
     ⑤質問事項(やりたくないこと、制約条件など)
     【ワーク】①~⑤について、それぞれ考えを書き出してみましょう。
    (3)面談の進め方
     ①共通の思い出で場を和ます
     ②近況の確認・自己開示(相手の近況をききつつ、自身の近況も話す)
     ③面談の目的を話す
     ④任せたい役割と業務、その理由を期待とともに伝える
     ⑤相手の考えをきく
     ⑥準備してきた質問をする 
     ⑦次回の面談日を設定する
     【ワーク】ともに乗り越えた共通の出来事を洗い出しましょう
     【ロールプレイ】①~⑦の流れに沿って、面談の練習をしてみましょう。
講義
ワーク
  • 5.シニアとの協働を楽しみ、明日の未来をつくる
    ■過渡期である「今」の思考錯誤が明日の未来をつくる
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    【ワーク】本研修で気づいたこと、自部署で取り組みたいことを共有する
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

注意点お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

  • (1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
  • (2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
  • (3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

※登壇予定の講師は予告なく変更になる場合がございますことをご了承くださいませ

【2019年10月からの消費税法改正に関するお知らせ】
2019年10月1日以降に開催する研修については、新税率での受講料を表示しております。
なお、人財育成スマートパックのポイント数については、増税前後の変更はございません。ただし、当社提携先の研修については、ポイント数に変更のある場合がございます。

→消費税法改正に関するよくあるご質問はこちら

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。

公開講座部(0120-800-225 ※ガイダンスに従って①を選択)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
72,107
開催数※1
9,115
講座数※2
2,589
WEBinsource
ご利用社数※2
11,335

※1 2018年10月~2019年9月

※2 2019年9月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
11,335社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2019年9月までの累計
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

公開講座新作研修
2019年10月30日
課題設定力研修~主体的な問題解決のための手法とマインド
2019年10月30日
ハラスメント防止研修~基礎知識を習得する
2019年10月25日
怒りのマネジメント研修~怒りの感情をコントロールし、部下指導を行う
2019年10月24日
リーダーのためのストレスマネジメント研修~ストレスをうまく活用して自分も職場も元気にする
2019年10月 4日
(2時間研修)管理職研修~できる管理職の思考・行動基準を身につける


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修