40代向け研修

40代向け研修

40代に求められるもの

40代は今後のさらなる出世を目指すか、主業務のマネージャーとして力を維持するかによって方向性が異なります。40代ともなればいずれかの業務でリーダー、又は管理職として「マネジメント力」が期待されています。その上で、次期経営層を目指すのであれば「経営者視点」、主要業務のマネージャーとして仕事を続けていくのであれば「知識伝承」と「モチベーションの向上」がポイントになります。

■マネジメント力
すでにリーダー、管理職として経験を持っている方、これからリーダー、管理職となる方にとって、これまでのようにプレイングマネージャーではなく、より一層マネジメントで力を発揮することが必要となります。そのため、「部下指導」「業務改善」「リスクマネジメント」の3つの側面から高いマネジメント力が求められます。
【関連研修:段取り研修部下指導研修コーチング研修業務改善研修リスクマネジメント研修

■経営者視点
企業によっては経営層の補佐を任されることもあります。そのため、より経営者に近い視点が必要となっていきます。組織内外において幅広い視野が求められ、特に「マーケティング」は経営者視点には不可欠です。また、案件やプロジェクトにより周囲を引っ張る「リーダーシップ」が必要となります。
【関連研修:マーケティング研修リーダーシップ研修

■知識伝承
これまでのキャリアの中で培ってきた経験やスキルを部下・後輩に伝達していくことは組織の発展には重要なポイントです。組織の主力を担うメンバーの育成を職務の一つとして捉え、積極的に指導をしてくことが求められます。
【関連研修:知識伝承(ナレッジマネジメント)研修

■モチベーションの向上・キャリアデザイン
ベテランの社員には仕事に対するやる気(モチベーション)の低下が起こることがあります。しかし、上記のとおり、40代には長期的な企業・組織の成長のために何ができるのかを考え、指揮をとることが求められています。これまでに培ったスキルや経験、人脈を活かし、人や仕事を動かしていく時期です。また、後半になると、自身の今後について冷静に考え50代以降働くためのスキル強化も必要となります。
生活面では親の老齢化が始まり、介護の必要性が生まれ、仕事と介護の両立に課題を抱える方も現れます。冷静かつ戦略的に自身のキャリア、マネー計画を考えていく必要があります。
【関連研修:40代向けキャリアデザイン研修キャリアデザイン研修

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

魅力的な講師

講師は研修の内容やご希望に応じて選定します。管理職経験が豊富な講師を中心に、ビジネス経験豊富な女性講師、パワフルな人間力を持つ男性講師など、受講者に合わせてタイプの違う講師を選定いただけます。

研修ラインナップ

インソースの40代向け研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!