loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

50代向け研修

50代向け研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

人生100年時代の「これまで」と「これから」の両面を考える

人生100年時代に突入し、50歳を過ぎてからも、まだまだ仕事人としての時間は長く続きます。しかしながら、50歳前後から、自分の心身が少し変化していっていることに気づき、思ったとおりのパフォーマンスを出せなくなっていくことに戸惑や苛立ちを覚える方も少なくありません。自身の変化だけでなく、家族構成が変わり、家族の介護が始まったなどの理由から、これまでのようにフルタイムで仕事へ向き合うことができなくなるという方もいらっしゃいます。

50代も後半になると、役職定年を迎える人も現れます。担当業務がマネジメントからベテランの経験が求められるものへと変化したり、久しぶりに現場の最前線に立つことになったりなどの大きなキャリアチェンジが生じます。このように、50代の社員・職員の方は職場でも家庭でも激動の変化を経験する方が多いのが実情です。

そういった変化に襲われたとしても、人生100年時代を生き抜くためには、さまざまな方法でキャリア継続を模索する必要があります。組織において求められる役割の変化に柔軟に適応し、今の自分だからこそできることに目を向ければ、これまでとは異なる成果の出し方、貢献の仕方、自分の価値の再発見も可能です。

インソースの50代向け研修・サービスは、キャリアロスに陥って前向きになれないという方の意識を変え、組織力強化の一翼を担っていただけるようにするための様々なソリューションをご提案いたします。


50代向け研修のポイント

自身のキャリアを前向きに考える

50代は自身の老後資金の準備や子どもの教育費、介護資金の発生、住宅ローンなど、経済的に最も負担の大きな年代です。「お金」の視点なくして、キャリアを考えることはできません。60代や定年後の人生も見据え、未来を見越した冷静な人生のプランニングが必要です。
見ないふりをしてきた介護、健康問題など、様々な課題に直面したとしても、ファイティングポーズを取り続け行動することで充実した生活につなげていくことを、キャリアプラン作成のワークで捉えていただきます。

自身の経験と知識を後進に伝え、組織にナレッジを残す

50代の社員・職員がもつ経験・知識の中には、それらを職場やメンバーに還元することで、組織・チームの生産性を格段に向上させる素晴らしいノウハウも多く含まれます。豊富な見識を自身の中に留めておくのではなく、資料に落とし込んだり、折を見てメンバーに伝えていくことが大切です。ナレッジマネジメントのスキルを高め、指導者としての役割を果たすことも、求められる役割なのです。

人生の先達として、よき相談相手になる

どんな職場でも、そこに所属する人々にとって、良き相談相手が必要です。「望まれていない一方的説教」にならないように気をつける必要はありますが、メンバーと人間関係を深めていく中でアドバイスした方が良いと感じた場合には、人生の先輩としての意見を述べることも組織の活性に貢献できる方法と言えます。メンターとしてのふるまいを身につけ、ベテランならではのアサーティブコミュニケーションを図っていくことが望まれます。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

50代向け研修のご提供コンテンツ

【基本】

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!