シニア層・ベテラン向け研修

シニア層・ベテラン向け研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の特徴・目的

今後ますます求められる「シニア・ベテラン」の活躍

「働き方改革」が進むなか、優秀な人材を確保し、役職定年あるいは定年後も変わらず活躍し続けてもらうため、各組織では「シニア層・ベテラン社員」の育成に力を入れています。シニア世代の従業員やベテラン社員にさらなる活躍と組織貢献を促すためには、それぞれが描くキャリアプラン・ライフプランを踏まえつつ、スムーズな役割認識・意識転換を行うことが重要です。

また、リーダー的な役割から退き、一人のプレイヤーとして再スタートするシニア・ベテラン社員の中には、「立場や役割の変化にうまく適応できずにモチベーションが下がってしまう」、「役職がついていた頃と振る舞いを変えられず、上司やメンバーとよい関係が築けない」といった悩みを抱える方が多くいらっしゃいます。そして、年上の(ときには元上司の)シニア・ベテラン社員とどう接していけばよいか悩む管理職の方も多くいらっしゃいます。

弊社の「シニア層・ベテラン向け研修」では、シニア・ベテラン社員が組織の中でいきいきと活躍を続けていただくためのプログラムを各種ご用意しております。定年までを見据えたライフプランの設計、再任用・再雇用に向けた役割認識・意識転換のポイントの理解、さらにシニア・ベテラン社員を受け入れる側の課題解決まで、幅広くご活用いただけます。

組織により、シニアやベテランの定義は様々ですが、弊社では40代から60代以上の方にまで、幅広い年代に合ったラインナップをご用意しております。シニア世代に差しかかる前の方には心の準備として、まさに具体的な悩みをお持ちのシニア世代の方には、その課題解決を目的としてご受講いただけます。

【PickUp】

マスターズ(ベテラン世代向け)研修~好奇心をもって仕事人としての「芸」を磨く
50代活動(いそかつ)研修 ~これからのワークスタイルを考える

シニア層・ベテラン社員向け研修のポイント

キャリアの棚卸し! 自分の「強み」と「これから」を再考する

「人生の過渡期」を迎えたシニア層は、ワークライフバランスを含めたこれからの働き方を考え始める人も多いものです。新しいことを始めたい、所属している組織でさらなる活躍を目指したい、地域への貢献に取り組みたい、後輩育成に奮起したいなど、様々な思いがあると思いますが、それぞれが今後のビジネスライフを気持ち豊かに過ごせるよう、多様な視点で「自分にとって価値ある夢」を再考していただきます。

また、これまで培ってきた自身の「強み」を再検討することも重要です。強みについて、自分の認知と周囲の認知は往々にして異なります。自分では気づかなかった周囲から見た強みを知ることで、今後の人生を充実させるための戦略づくりに役立てていただけます。

しかし、夢を追うだけでなく、今後の現実的なライフプランを設計することも重要です。特に金銭面において、役職定年を迎えた際の収入、定年してから年金受給開始までの間の収入と受給後の収入までの設計を立てることで、働く意欲の向上につなげます。

40代向けキャリアデザイン研修~ワーク・ライフ・マネーバランスを考える
50代向けキャリアデザイン研修~人生100年時代のマネー戦略を立てる

「名刺で仕事」から脱する! 役職定年後の意識転換

役職定年を迎えると、これまで所属長としてマネジメントを行っていた立場が一変します。肩書きが変わる、昨日までの部下が自分の上司になる――。このような現状に不安、不満、戸惑いを覚えられる方は少なくありません。

役職定年後に求められるのは、リーダーからフォロワーへの意識転換です。リーダーシップとフォロワーシップは表裏一体、部下を率いてマネジメントを行うのではなく、リーダーとしての経験を活かし、周囲をサポートすることが、この年齢層に求められる新たなリーダーシップとも言えます。そこで、ストレスやモチベーションのセルフコントロールを通して、好奇心旺盛で活力のあるシニア・ベテラン社員を目指していただきます。

また、シニア・ベテラン社員には「知識伝承」という至上命題があります。ご自身の豊富な業務知識やスキルを棚卸し、それらを後輩にOJTもしくはOff-JTで積極的に伝えていただくためのスキルや、リスク管理の観点でも有効なマニュアルの作成スキルといった「伝える手段」を身につけます。「仕事の達人」としてそのノウハウや経験をチームに展開することで、チームへのさらなる貢献を目指していただきます。

マスターズ(ベテラン世代向け)研修~時短の達人としてチームに貢献する
キャリアデザイン研修 ~50代向けナレッジマネジメント(知識伝承)編

再雇用・再任用は職種転換! ともに働く人々の理解も必要

再雇用・再任用においては、これまでのスキルや業務知識を活かせる職場に配属されることが望ましいですが、必ずしも希望通りの業務を行えるとは限りません。しかし、これまでの経験が活かせない職場でも、「一種の職種転換」と捉えれば気持ちを切り替えられます。「今までのキャリアを通じて獲得した強みは何か」、「それを組織にどう還元していくか」という観点からマインドセットを図り、新たな業務に取り組むことが重要です。

一方、受け入れる側の職場においては、再雇用・再任用人材に対する理解を、ともに働く方々に対して求めることが重要です。これまで立場が上だった方に仕事を依頼するのは、つい気兼ねしてしまいがちです。ただし、任せる業務が少なかったり、簡単な依頼ばかりしたりするのでは、かえって本人のやる気を削いでしまいます。これまで培ったスキルを存分に活かしてもらえるよう、積極的に業務を任せていく必要があります。

弊社では、再雇用・再任用される立場であるシニア層向けだけでなく、その方たちを受け入れる立場の方向けの教育プログラムもご用意しています。実践的なケーススダディを通じて、適切な指示・指導の仕方、言いにくいことの伝え方などを身につけていただきます。

再任用研修 ~「心構えの確立」と「ノウハウ伝承」(半日間)
ベテラン世代の活かし方研修~年上の部下への関わり方を学ぶ
管理職向けコミュニケーション研修~シニア人材と良好な関係を築く編

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

シニア層・ベテラン向け研修のご提供コンテンツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!