loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

プレイングマネージャー研修~時間・チーム・リスクをマネジメントし、走りながら成果を出す

プレイングマネージャー研修~時間・チーム・リスクをマネジメントし、走りながら成果を出す

多忙なプレイングマネージャーの悩みの解消方法を学び、プレイヤーとしての業務とマネジメントを両立させる

研修No.3140001

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層

・チームを持つプレイングマネージャーの方
・メンバーのサポートや育成をもっと行いたいが、自分の仕事で手一杯になってしまいがちな方
・効率よくマネジメントと業務を進めたいと感じている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • プレイヤーとして忙しく、マネジメントに割く時間がない
  • プレイングマネージャーとして、メンバーとどう関わればよいか分からない
  • トラブルやミスへの対応がいつも後手になってしまう

研修内容・特徴outline・feature

プレイングマネージャーに求められる「タイムマネジメント」「チームマネジメント」「リスクマネジメント」を軸に、プレイングマネージャーが直面する課題の解消を目指します。日々忙しいプレイングマネージャーのみなさまに、マネジメントの押さえどころを、時間管理や組織図作成などの実践演習を通して体得いただく研修です。

到達目標goal

  • ①時間の使い方、仕事の任せ方を理解し、「とにかく忙しい!」を解消する
  • ②メンバーとの関わり方やチームマネジメントのポイントを理解する
  • ③ミス・トラブルを未然に防ぐ部下の仕事のチェックの仕方を学ぶ

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.プレイングマネージャーに求められる役割
    【ワーク】プレイングマネージャーであるみなさんに上司、部下が求めていることは何でしょうか。
    (1)プレイングマネージャーの役割とは
    (2)プレイヤーとマネージャーが求められる背景
    (3)プレイングマネージャーの醍醐味
講義
ワーク
  • 2.プレイングマネージャーのタイムマネジメント
    (1)時間の使い方を振り返る
     【ワーク①】3日間の時間の使い方を振り返る
     【ワーク②】時間の使い方を振り返り、気づいたことや難しいと感じることを共有しましょう。
    (2)仕事の任せて時間を生み出す
     ①"自分でやった方が早い"の悪循環
     ②やるべき仕事を峻別する
     ③勇気をもち、仕事を任せる
     【ワーク】業務を分類・評価する
          ~自分がやるべき仕事、他の人でもできる仕事、他の人がやるべき仕事
    (3)権限移譲を成功させるポイント
    (4)仕事の任せ方
    (5)チームを俯瞰し、チームのあるべき姿を考える
    ■組織図のつくり方
    【ワーク】自チームの組織図を作成する
    【参考】部下の成長を促すフィードバック
講義
ワーク
  • 3.プレイングマネージャーのチームマネジメント
    (1)プレイングマネージャーに求められる育成のプロデュース
     ①育成のプロデュースとは
     ②育成計画のつくりかた ~新人からナンバー2まで行う意図した育成
    【ワーク】部下を1名選び、育成計画表を作成しましょう。
    (2)日常のコミュニケーションは「量」 ~忙しいからこそ「量」を意識する
     ①あいさつ ②名前を呼ぶ ③話しかけやすい雰囲気
    【ワーク】セルフチェック ~昨日の朝の部下に対するあいさつを振り返る
    (3)モチベーション管理のコミュニケーションは「質」
     ①見通しを明るくするコミュニケーション
     ②対話のすすめ
講義
ワーク
  • 4.プレイングマネージャーのリスクマネジメント(部下の仕事のチェックの仕方)
     【ワーク】部下からあがってきた経費精算書をチェックする
    (1)部下の仕事をチェックする
     ①走り続けるために、小さなミスを未然に防ぐ
    (2)チェックリストを整える
     ①ルーチン業務のチェックリストを作成する
     ②イレギュラー業務には必ず目を通す
     ③注意すべき業務を把握する
    【ワーク】仕事の峻別と日次・週次・月次チェックリストの作成
    仕事を日常業務・イレギュラー業務・特に注意すべき業務に分類し、チェック内容とチェックの周期(日次・週次・月次)を決める
    【参考①】組織的リスク管理体制をつくる
    【参考②】労務リスクへの対策
講義
ワーク
  • 5.まとめ 
    【ワーク】明日から取り組むことの洗い出し
ワーク

5928

企画者コメントcomment

「プレイヤーとして優秀→自分でやった方が早い→部下の面倒を見る余裕がない→部下がミスをする→自分でやった方が早い」、こういった負のループに陥っている方は意外と多いものです。 そこで、時間・チーム・リスクのマネジメントについて学んでいただき、「時間がない」「部下・チームをみる余裕がない」「業務チェックの効率が悪い」といったお悩みの解消に役立ていただけたらと思い、本研修を開発いたしました。

例えば、自分の1日を実際に振り返ってみることを、これまで行ったことはありますでしょうか。研修では主に時間の使い方の見直し、部下の仕事のチェックリストの検討などをします。そうすることで、限られた時間でチームを動かす勘所をつかんでいただけます。ぜひ、プレイングマネージャーという立場で時間に余裕がない方に、本研修をご活用いただけたら幸いです。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.4%

講師:大変良かった・良かった

96.3%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年9月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今後プレーヤーからマネージャーになる事を念頭において、本日得た事を思いだしなから、業務に取り組みたいと思います。
  • 普段から部下の状況や仕事ぶりにアンテナを張り、随時コミュニケーションを取ることが、チームで仕事をしていくうえで、大事であると学びました。明日から、積極的に部下とコミュニケーションを取っていきます。
  • 部下の状況を面談等で適切に把握し育成することを実践し、より最適なプロジェクト運営が出来るようにこころがけます。
  • やはり根底にあるのはコミュニケーションであることを再認識できました。知らなかった知識を得ることができ非常に良い経験でした。
  • プレイングマネージャーとして自己のタスクや、業務を行ううえで必要な要素を見える化して、課題を解決していくことで日々の業務を改善していきたいと思います。

実施、実施対象
2020年8月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • コロナ禍の中、今後の活動や業務の在り方など不安なことがたくさんありますが、学んだことを活かして乗り切ろうと思います。
  • 取り組むことを決めて習慣化していく、習慣になったら取り組むことを増やしていく、というように取り入れていきたい。
  • 自己のできている部分とできていない部分を再認識することができました。部下育成やタイムマネジメントを日々の業務で実践していきたいとおもいます。
  • プレイングマネージャーとして、研修で必要なことを知ることができました。明日から実践し、習慣にできるよう活動していきます。
  • 部下に業務を任せる事、指示や指導の際は、目的を伝えることを意識する。限られたリソースや時間を有効活用してチーム運営できるようにしたい。

実施、実施対象
2020年7月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • チームメンバーへの声掛け、雑談を増やしていき信頼関係を構築していきたいと思いました。
  • 「具体的な目標設定」を普段あまり意識していなかったので今後のチーム運営に活かしていこうと思いました。
  • 相手を認める、ポジティブな言葉を伝える、権限委譲のポイントを今後活かしていきたいです。

実施、実施対象
2020年2月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分だけで業務を抱えるのではなく、部下に任せる、褒める、叱ることを実践していこうと考えました。
  • 事務の管理は、係長に任せ、フォローを意識していきたい。先を見た仕事の計画、タイムマネジメントを考えたい。
  • 「私はこう思っている」ということをしっかり他のスタッフに伝え、コミュニケーションの量を増やし、会社の利益に繋げていきたい。
  • 部下の育成計画をメンバーごとにしっかり検討したうえで、最適な仕事を任せたい。またその理由も、Iメッセージで柔らかく伝えたい。
  • 一度紙に書いての見える化・リセットする、コミュニケーションを図る、役割分担見直すことを今後の業務に活かしていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年1月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 人を動かすには、自らが部下に求められる存在であるべきだと感じました。権限を委譲していくようにして、報告しやすい職場環境を作っていけるようにしようと思います。
  • 部下への接し方、応対の仕方は、参考にしたいと思いました。チーム編成の指針についても学んだことを取り入れたいと思います。
  • メンバーを少しでも理解し、コミュニケーションの時間をとり、自分と話していく中で成長できると思ってもらえるように行動すべきだと思いました。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.4
講師がとても良い・良い
96.3

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修