研修担当者レベルアップ研修を語る

研修担当者レベルアップ研修を語る


研修会社独自のノウハウを開陳する

――「研修担当者レベルアップ研修」を開発された動機と、この研修で得られる効果について教えてください。

一般企業で行われている研修は、内部で、担当者の方がそれぞれ研修計画や研修体系を作り上げていらっしゃるというのが現実です。そこで、当社の研修作りのノウハウを担当者の方々にお伝えすれば、自分たちで研修を作りやすくなるのではないかと考えたのが、「研修担当者レベルアップ研修」を開発した動機です。

大きく分けて、研修を実施する際には、 (1)研修を外部に依頼する場合 (2)自分たちで研修を企画・実施する 場合の2つのパターンがありますが、やはりそれぞれにお悩みがあるようです。

外注をする場合は、まずはどのような研修を行うかというイメージを作らなければなりません。その場合、社内でのニーズの掘り起こしが必要になってきます。また、自分たちで研修を企画する場合は、全体計画、テキスト作り、タイムスケジュール組みなどの作業が必要となります。

「研修担当者レベルアップ研修」では、社内のニーズを把握し、そのニーズをプログラム、カリキュラム、テキスト作りに落とし込む所までのご説明をいたします。


研修でお話しすることは「私たちがやっていることそのものです」

――実際に研修を行って、反応はどのようなものでしたか。

反応は良かったです。例えば、私たちが営業でお客さまの所に訪問するときは、「若手の二年目の育成に困っている」というお客さまの声から対話がはじまります。私たちはその対話を通じて、お客さまの要望を具体化していき、それを基に企画を用意しますが、このニーズを具体化する過程をどのように進めるかということを研修でご説明します。

この研修を受講される方は、「どのような問題点がある」という所までは理解されていますが、その問題点を「研修としてどのように具体化したら良いのか」ということにお悩みを持っていらっしゃいます。

まず、問題を具体化するために、ニーズ集めが必要です。ニーズ集めで、一番簡単なのは「聞く」ことです。聞いて回れば、すぐに様々なことがわかります。実際、我々が営業をする際にも、研修担当の方にお話を聞いて、「お客さまのニーズはこんなことかな?」と想像して、研修の企画を行います。

受講者の中には、研修の企画だけではなく、そのほかにたくさん業務を抱えていらっしゃる方 が多くいらっしゃいます(例えば「総務部」の中で社員の教育・研修を担当されている方など)。そうした方々が、初めて研修を企画する際には、やはり3日間ぐらいあってもいいかもしれませんが、それを何とか1日にまとめてお話ししています。

そのため、私たちは、様々な研修に関する書籍や論説があることを承知しながらも、知識面に関しては、現場で研修を企画する際に特に必要な事柄についてのみお話しします。研修では、知識を身につけていただくというよりは、現場の問題点を考えていただき、それを研修としてどのように具体化するかということを演習やグループワークを通じて、じっくりと考えていただくことに重きを置いています。

我が社の「社是」もそうなのですが、論を振り回して難しいことをいうよりは、具体的な事柄について、「なるほどね、耳が痛い」、「得心がいったね」と膝を打つような感じで納得いただく研修を実施したいと思っています。また、研修が終わって、「帰ってすぐに再現できるもの」という点も重視しています。

具体的な中身ではなく、上位概念だけをお伝えしても、「あっそう、ふーん、へえ」というくらいのもので、それを基に「明日からどうしろ」と言われても困る訳です。

「研修担当者レベルアップ研修」は、受講された方々にも高い評価を頂戴しておりますが、それは、おそらく、研修内容が現場に即したものであり、かつ具体的であることが評価されているのだと思います。またこうした内容は、研修会社の独自のノウハウといえます。このノウハウそのものを教えてしまうという研修は、他にはあまり無いはずです。


ニーズは現場の方と研修ご担当者様と異なる場合が多い

――実際には、現場の方のニーズを把握することにお困りな人事の方は多いのですか。

多いのではないでしょうか。ヒアリングだけですべての現場のニーズは把握できません。 例えば、「どのような研修を行いたいか」とアンケートをとれば、 「パソコン」というような分かりやすいものしか出てこないことが多いです。 現場の方が望むものも参考にする必要がありますが、人事の担当者はより、会社のビジョンや組織の発展という、さらに高い次元で研修について考えなければなりません。

研修では、現場に本当に必要とされる研修を見つけるため、まず、実際に現場で 「できていないこと」「不十分なこと」を書いていただきます。それこそが研修を実施するべき事柄となります。

ただ、そういう問題点はたくさん出てくると思いますので、それを重要度と緊急度で区分します。 そして、重要なもので、緊急度が高いものに対して、優先して研修を実施するように計画します。自組織の問題点を把握して、どういった研修がベストかを考えていただくことが大きなポイントとなります。

特に、この「研修担当者レベルアップ研修」は、研修体系や年間計画など、 研修を現場で内製化する必要のある、大きな組織の企業や官公庁・自治体のみなさまの ニーズに合う研修となっています。



お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ
インソース流研修とは?
インソース流研修のやり方

人気研修の解説
全社員向け意識改革研修
ビジネス文書研修
管理職のためのビジネス文書研修~指導編
話す力・書く力(プレゼン・文書研修)
プレゼンテーション研修
内定者研修
新入社員研修
新入社員IT研修
新人フォローアップ研修
OJT指導者研修
コーチング研修
部下モチベーション向上研修
中堅社員研修
管理職研修
管理職アセスメントプログラム
リーダーコミュニケーション研修
段取り研修
CS研修
接遇研修
コミュニケーション研修
企画力研修
リスクマネジメント研修
コンプライアンス研修
キャリアデザイン研修
交渉術研修
ファシリテーション研修
タイムマネジメント研修
ビジネスゲーム
業務改善研修
自治体マネジメント研修
Java研修
クレーム研修
電話応対研修
図解思考力研修
整理力研修
研修担当者レベルアップ研修
社内講師養成研修
財務研修
ファイリング研修
マニュアル作成研修
営業力強化研修
メンタルヘルス研修
タイムマネジメントの原則
話す力・書く力
コンプライアンス研修
業務改善研修
新入社員研修~社会人としての自覚編

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の残席あり研修