loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

労務管理研修~「使用者」としての立場を踏まえ、成果とルールを両立させる

労務管理研修~「使用者」としての立場を踏まえ、成果とルールを両立させる

マネジメントにおける労務管理の各要素を俯瞰的に捉え、実務で必要となるものに焦点を当てて分かりやすく学ぶ

研修No.1940002

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 管理職層
  • 部長・経営層

・初めて管理職になる方
・企業規模の拡大に伴い、より厳格な労務管理が求められるようになった方
・働き方改革の推進によって、より厳格な時間外労働管理が求められるようになった方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 労働時間管理に関するルールが複雑でよくわからない
  • 経営側から求められる成果と管理側から求められるルールの徹底の狭間でいつも苦労する
  • 自分が一般職だったころと状況が変わっており、何を拠り所に労務管理をすればよいか悩む

研修内容・特徴outline・feature

労務管理はマネジメントにおける中核的な要素に位置づけられ、その遂行にあたっては、法律や就業規則といったルールを遵守することが求められます。一方で、部下の活動を通じて成果を上げることが求められる管理職にとっては、労務管理は制約条件のコントロールという一面もあります。この研修では、主に使用者(=経営側)の立場から労務管理を捉え、成果につながる運用の仕方について考えていただきます。

到達目標goal

  • ①管理職に求められる労務管理の基本をひと通り理解することができる
  • ②残業や休日出勤の可否の判断ができるようになる
  • ③メンタルを含めた職場の安全性確保が生産性向上につながることを理解する

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.マネジメントにおける労務管理の位置付け
    (1)管理職に求められる「成果」と「ルールの遵守」
    (2)労働者を「使う権利」と「守る義務」
    【ワーク】なぜ「労働者」だけ手厚く法律で保護されているのか
    (3)「社会的責任」から「生産性向上」へ
講義
ワーク
  • 2.労働契約とは~最も責任の重い人の使い方
    【ワーク】アルバイトを雇う際、面談時・採用時・初回勤務時にやるべきこと
    (1)「労働契約」とその他の契約形態の違い
     ①労働契約 ②請負契約 ③準委任契約
    (2)関連法の理解~「労働基準法」「労働契約法」
    (3)労働契約に盛り込むべき要素とは
講義
ワーク
  • 3.労働時間管理とは~労務管理における最重要課題
    【ワーク】36協定を締結している前提で、不可能な働かせ方はどれか
    (1)時間外労働管理のゆるさがもたらす3つの損失
     ①人材の心身を消耗させる ②生産性向上を妨げる ③人材が集まらなくなる
    (2)関連法の理解~「労働基準法」「最低賃金法」「男女雇用機会均等法」
    (3)労働時間管理のポイント
     ①労働時間 ②休憩・休日 ③休暇 ④時間外労働
    (4)柔軟な時間管理での働き方
     ①裁量労働制 ②フレックスタイム制 ③みなし労働制
講義
ワーク
  • 4.安全衛生管理とは~企業にとって義務でありメリットでもある
    【ワーク】メンタル疾患者を出した場合の企業が被る損失を計算する
    (1)安全配慮義務とは何か
    (2)関連法の理解~「労働安全衛生法」
    (3)管理職が意識すべき3つの観点~「労働環境」「過重労働」「人間関係」
    (4)ますます高まるメンタルヘルスへのケア
講義
ワーク
  • 5.育児・介護支援とは~負担を軽減しキャリアを維持するために
    【ワーク】育児・介護支援策に関する理解度をチェックする
    (1)あらためて考える育児・介護支援策の意義とは
    (2)関連法の理解~「育児・介護休業法」
    (3)休業、短縮勤務、休職制度のルールと実態
講義
ワーク
  • 6.労働組合とは ~使用者の立場で対峙する
    【ワーク】労働条件を変更する際の手続き
    (1)「労働組合」とは"弱い"労働者が手にした集団交渉力である
    (2)関連法の理解~「労働組合法」「労働関係調整法」
    (3)「組合員」と「使用者」の視点の違い
     ①労働条件の向上 ②労働環境の改善 ③福利厚生の充実
講義
ワーク
  • 7.まとめ 
ワーク

企画者コメントcomment

「労務管理を理解し、ルールに則ってマネジメントを行うこと」は、いわば管理職にとって必須要件となります。その一方で、その労務管理の徹底が、管理職の使命である「成果を上げること」と相反する場面があることもまた事実でしょう。本研修は、ルールとしての労務管理の基本を押さえつつ、管理職としてのこうした悩ましい状況を踏まえてどう判断し行動すべきかを考えていただけるよう、実践的な労務管理研修として企画いたしました。ともすると退屈になりがちな研修テーマではありますが、できるだけリアリティを感じていただき、興味を持って受講いただけるよう工夫したプログラム構成となっています。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修