loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ベテラン世代の活かし方研修~年上の部下への関わり方を学ぶ(1日間)

ベテラン世代の活かし方研修~年上の部下への関わり方を学ぶ(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B OJT255-1000-3978

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・年上の部下との接し方が分からない方
・ベテランの方たちにこなしていただく仕事が見つからない方
・再雇用の方が自部署に配属された管理職の方

研修内容・特徴outline・feature

今や、45歳以上のベテラン世代の7割が非管理職であり、その上司が30~40代の年下世代であることも珍しいことではありません。年上の部下とどのようにコミュニケーションを取り、成果を上げさせるかは、現代の管理職の部下マネジメントにおける重要課題と言えます。本研修では、具体的な事例をふんだんに紹介しながら、ベテラン世代の視点から見た仕事観を理解していただき、そこに響くような指導の仕方を身に付けていただくことができます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1. 求められるベテラン世代の活性化
    (1)最大勢力となったベテラン世代
    (2)ベテラン世代の7割が非管理職
    (3)ベテラン世代の活性化は管理職の重要課題
講義
ワーク
  • 2. ベテラン世代の心境を理解する
    (1)ベテラン世代が生きてきたこれまでの時代
    ①日本経済の黄金期を知る最後の世代
    ②働き盛りの頃をバブル崩壊と失われた20年の中で過ごした世代
    ③日本的人事慣行の変化の中で置き去りにされた世代
    ④ベテランの知識とノウハウの値崩れしに直面した世代
    (2)キャリア別に見たベテラン世代の3パターン
    ①元管理職 ②この道一筋 ③非連続キャリア
    (3)上下の世代に対する複雑な感情
    ①下の世代に対する焦りと負い目の感情
    ②同世上の世代に対する羨ましさと恨めしさの感情
    ③上の世代のキャリア組に対するアンビバレントな感情
    (4)乖離の大きい自身とまわりの評価
    ①まわりとの関係 ②自身の強み ③仕事への姿勢
    【参考】ベテラン世代の心理を知る上でのキーワード
    ①キャリアプラトー ②上昇停止症候群 ③ミッドライフ・クライシス

講義
ワーク
  • 3.ベテラン世代に期待したい役回りとは
    (1)先輩としての立ち位置での指導
    (2)ノウハウの可視化と伝承
    (3)組織横断的なプロジェクトのリーダー
    (4)ベテラン向け業務の集約に不可欠なプロセス再設計
講義
ワーク
  • 4. ベテラン世代とのやりとりにおける心構え
    (1)個々のキャリアを知ることで見方が変わる
    (2)ベテラン世代の発言における本音と建前
    (3)ベテラン世代と向き合う際の基本姿勢
    (4)女性のベテラン世代への対応
講義
ワーク
  • 5.ベテラン世代のタイプ別指導法
    (1)柔軟性×組織貢献意欲でみた4つのタイプ
    (2)各タイプの特徴に沿った指導法
講義
ワーク
  • 6.ケーススタディ
    【ケース1】ベテラン社員が若手の指導役を買って出てくれるのだが、当社が推進するスタイルとは異なる、昔ながらの営業スタイルで指導するため、マネージャーである自分の言っていることと違うと部下が混乱している
    【ケース2】長らく企画部門に在籍していたベテラン社員が営業部門に転籍してきたが、企画部で培ったソリューション開発力を提案活動に活かしてほしいという会社側の意向が伝わらず、厄介払いをされたと思っており、モチベーションが下がっている
ワーク
  • 7.まとめ

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年3月     14名
業種
介護・福祉
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 緊急性は低いが重要性の高い業務は後回しになりやすいというポイントを忘れないように、業務に努めたいと思います。
  • 「伝える技術」のところは、事業所に持ち帰って周知しようと思います。新人が定着しづらい中、人に合わせて教え方を変える考え方を共有したいです。
  • 自身の暗黙知、事務所の暗黙知を意識し、職場の形式知として残していけるよう取り組んでいきたいと思います。

開発者コメントcomment

年上の部下を上手くマネジメントするためには、ベテラン世代の来し方を理解するところから始めなければなりません。自分よりも長く仕事をしてきた人に対する素直な関心とリスペクトがあれば、現在感じている「やりにくさ」の多くは解消されます。テクニックの習得にとどまらず、ダイバーシティ時代の職場のあり方としてぜひ学んでいただきたいテーマです。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 社内研修

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ナレッジマネジメント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia メンター制度

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia OJT教育のやり方

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia アセスメント

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!