loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

官公庁向け 新任課長補佐級研修(1日間)

官公庁向け 新任課長補佐級研修(1日間)

課長の補佐として適切な判断をする視点を身につけ、所属目標の達成を着実に推進する能力を向上させる

研修No.B OSL314-0600-3379

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 管理職層

上司の判断軸を理解し自ら行動する力、部下に正しく業務の目的を伝え支援する力、問題を発見し解決策を企画立案する力、職場内および庁舎内外の調整を図る力を養いたい新任課長補佐級の方

研修内容・特徴outline・feature

課長の補佐として適切な判断をする視点を身につけ、所属目標の達成を着実に推進する能力を向上させる研修です。政策・施策の立案や課長への進言・提案、職場および庁内の調整を円滑に進める力を身につけ、職場内の円滑な意思疎通によるチーム力向上に寄与できるようになっていただくことを目指します。

具体的には、上司の判断軸を理解し自ら行動する力、部下に正しく業務の目的を伝え支援する力、問題を発見し解決策を企画立案する力、職場内および庁舎内外の調整を図る力を養います。そのうえで、具体的なケースに基づく演習を通じて、現場での実践につなげていただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • ■事前課題
    (1)あなたが考える課長補佐としての役割を、優先順位の高いものから3つ書き出す
    (2)日々、上司・部下とコミュニケーションを取るうえで「難しいと感じていること」や「悩んでいること」を洗い出す
  • 1.課長補佐とは~自分の立場を確認する
    【ワーク】事前課題をもとにあなたが組織(関係部署)から求められていることを考える
    【ワーク】事前課題をもとにあなたが所属する部署や職員から求められていることを考える
    (1)課長補佐に求められる役割
    (2)果たすべき役割=関係構築の中心 ~リーダーでありフォロワー
    (3)リーダーとフォロワーは共通目標を共有する仲間
    (4)よきフォロワーに求められる要件
    (5)自らの傾向を知る~フォロワーのタイプ
    ①パートナー(支援:高、提言:高) ②実行者(支援:高、提言:低)
    ③個人主義者(支援:低、提言:高) ④従属者(支援:低、提言:低)
講義
ワーク
  • 2.課長補佐としての実践①~課長をサポートする
    (1)上司と接する目的
    【ワーク】上司との信頼関係を構築するための行動を考える
    (2)上司の判断軸を理解
    (3)上司の判断軸を助けるホウ・レン・ソウ(報連相)
    【ワーク】自部署の所属目標を達成するために、課長補佐として上司(課長)にどういったことをホウ・レン・ソウするか考える
    【参考】明るい職場をつくるコミュニケーション
    (1)明るい(風通しのよい)職場の条件 ~承認欲求を満たせ、帰属意識を持てること
    (2)前向きなコミュニケーションの土壌があること
    (3)気兼ねなくホウレンソウできる人がいること
講義
ワーク
  • 3.課長補佐としての実践②~部下を指導・支援する
    (1)監督・育成はPDCA
    (2)業務の指示
    (3)業務の進捗を把握する
    【ワーク】部下の業務の進捗把握における工夫と改善策を考える
    (4)報告を徹底させる
    【ワーク】部下に報告(連絡、相談)を促すために工夫していることを挙げる
    (5)相談を受ける
    (6)フィードバックする
    【ワーク】部下のほめる点と要改善点を整理する
    (7)実践ケーススタディ
講義
ワーク
  • 4.課長補佐としての実践③~業務推進者としての問題発見力
    (1)問題発見解決の具体的な手順
    (2)問題の考え方
    (3)問題点の発見(6つの視点)
    ①住民 ②業務 ③人 ④コスト ⑤組織環境 ⑥他部署・他自治体
    (4).現状調査・分析の方法
    ①現実を数値化する ②グラフ化 ③比較 ④層別 ⑤工程の洗い出し
    ⑥よく使う分析手法・考え方
    (5)企画立案時のポイント
講義
ワーク
  • 5.課長補佐としての実践④~ステークホルダーとの調整力
    (1)「ステークホルダーマネジメント」を理解する
    (2)調整力とは
    (3)自らの仕事の範囲を広げ、組織の成果を創出するために
講義
  • 6.まとめ
    【ワーク】研修を踏まえ、課長としての課の将来像・行動指針(アクションプランシート)を作成
ワーク

4713

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年1月     50名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
82%
講師:大変良かった・良かった
86%
参加者の声
  • 補佐としての職責など理解することができた。人対人の事もあり、機械的な判断をせず、人間味を持って接していきたいと感じた。
  • 逆算したスケジュール管理や部下の話を聴く時間を取りたい。時間に追われない業務推進に向けてやめる業務の洗い出しをしたい。
  • 自分の役割を理解し、上司と部下への接し方について今日学んだコミュニケーションや情報伝達の大切さ・ほめること・言い換えの大事さを意識していきたい。

実施、実施対象
2019年11月     25名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
88%
講師:大変良かった・良かった
96%
参加者の声
  • 役職者としての自覚が足りないことが具体的に分かりました。また、コミュニケーションの大切さを改めて学びました。
  • 上司・部下との関係を良好に保ち、業務を効率よくスムーズに進めていきたい。
  • 自分に足りない部分を少しでも補うようにしていきたい。部下だけでなく、上司へのフォローが出来る存在になれたら良い。

実施、実施対象
2019年6月     8名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の立場として、どう行動すべきか分からない事が多かったが、様々な見方や意見などが聞け、とても勉強になりました。
  • 色々な問題にも先入観を持たず、まず傾聴し相手に寄り添い考える姿勢が大切だと学びました。
  • 人をほめる、良いところを見つける等、これまであまり実行してこなかった部分について、今後生かしていければと思います。

実施、実施対象
2019年5月     28名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 普段意識していなかった課長補佐としての行動のあり方を言葉で確認するいい機会だった。
  • 自分に足りないところが分かったので、意識して実行していきたい。
  • 進捗確認と上司・部下とのコミュニケーションに、特に取り組みたいと思う。

実施、実施対象
2018年11月     8名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今後職務を遂行していく上で、意識の向上と改革、自分の役割を自覚しました。また人材育成についても今回学んだ事を踏まえて業務に活かしていきます。
  • 現在の自分のやり方が間違っていない事を確認できたので自信をもって続けていきたいと思います。
  • 部下の育て方や調整の方法など、実際に取り入れてみようと思いました。

開発者コメントcomment

課長補佐は、上司とのパイプ役、部下を支援していく役、業務を推進し、職場での問題解決や改善を率先して実践していく役など中間管理職として様々な役割が求められています。

パイプ役として上司を補佐するときに何が大事なのか?どのように部下を支援していくのがよいか?など具体的なポイントや明日からすぐに実践していただける方法をまとめています。

業務を推進していく立場としては業務改善や職場の問題発見などの内容が含まれており、全体を通して、課長補佐として何をすべきかが明確になる研修として企画・作成しました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

官公庁・地方自治体職員(地方公務員)向け研修
年間総受講者数
256,481
内容をよく理解・理解
93.4
講師がとても良い・良い
91.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

ストレスチェック

シティプロモーション

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!