Excel(エクセル)研修

Excel(エクセル)研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の目的・特徴

Excel(エクセル)を使いこなし、作業の効率化と時短を目指すへ

日本企業の日常業務においてExcelを使うことは不可欠であり、PCスキルや知識の差が業務の質や量を左右する場面も少なくありません。そうでありながら、しっかりと基礎から学んだ方は意外といらっしゃいません。我流であったり、近くの詳しい人に教えてもらったりする方が多いことでしょう。

弊社のエクセル研修では、表やグラフを作成する際に不可欠なExcelの基礎知識から、知っていると一気に効率が上がる実践的な活用法まで、 実際にExcelを操作しながら習得していただきます。Excelについてまったく何も知らない初心者の方から、より効率的に操作したいという普段Excelを使いこなされている方まで、受講される方のスキルレベルに合った研修を多数ご用意しております。


Excel(エクセル)研修3つのポイント

事前のお打合せで、受講者の皆さまのレベルにあった研修を実施します

事前に、受講者の皆さまのOAスキルのレベルや現状の課題をご教示いただければ、有益な研修内容をご提案いたします(講師にて講義の内容と時間配分を調整いたします)。こちらのヒアリングシートをご記入のうえ、お問合せいただけますと、スムーズにご案内ができますので、ぜひご活用・ご協力ください。

ダウンロードはこちらへ

エクセルファイル 【事前アンケート】MicrosoftOffice研修
エクセルファイル 【準備確認シート】MicrosoftOffice研修

知っているだけで格段に業務の質と量が飛躍する知識が得られる

「え!?こんな簡単に・・・」「なるほど、そうだったのか!」という日々、使えるテクニックを学んでいただけます。また、「どうすればもっと簡単に作業を進められるのか」と日頃から悩んでいた疑問も研修中に気軽に質問していただけ、弊社の熟練講師がわかりやすく解説いたします。

Excelでの生産性向上のポイント

セルに値を入れる、数式を入力する、書式を設定してオートフィルタを使うといったことは、すでに多くの方が実践されていることと思います。

Excel研修 ~初級編(1日間)
【公開講座】(半日研修)Microsoft Office研修~Excel2010


しかし、同じ操作を何度も行うときに有効な「マクロ」や、2つのデータの関連性を調べるときに便利な「ピボットテーブル」、一度入力したデータを二重管理することなく使い回すための関数「vlookup」。こういった便利機能は普段の業務の中ではなかなか気づかないもの。中級編ではこの3つの機能を中心にお伝えします。

Excel研修 ~中級編(1日間)


Excelの操作方法にはある程度自信はあるものの、実業務になるとうまく活用できないという方もいらっしゃいます。そんな方には実践編をおすすめします。

Excel研修 ~実践編(1日間)

Excel(エクセル)研修ご検討のお客さまからのご質問

インソースのExcel(エクセル)研修のポイントはなんですか?

A.弊社の研修では「この機能やスキルを使えると、こんなことができるようになる」という現場での活用方法を示しながら研修を行っていきます。そのためPCを操作する演習を交えたプログラムを提供しております。

PCの操作方法を学ぶだけであれば、PC専門のスクールや書籍を読むといった学習でも十分です。しかし現場で実際に求められるのは「求められるアウトプットを実行するためのスキル」ではないでしょうか。

例えば、「グラフを作成してください」という依頼があった時に、ただグラフを作成することは説明書を見れば容易くできるでしょう。しかし「見やすく、分析がしやすいグラフを作成する」という目的があった場合には、それがどのようなものかイメージしたうえで作成する必要があります。研修ではそういった「目的のための具体的な活用方法」を習得していただきます。

Excel(エクセル)研修を新入社員向けに実施したいです。どんなカリキュラムを組むべきでしょうか?

A.まずレベル感の基準として、『マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の「スペシャリストクラス」』の出題範囲から考えることをおすすめします(上位に「エキスパートクラス」があります)。スペシャリストクラスの内容は、Excelの基礎中の基礎の操作が網羅されているといえます。

また、よくお客さまから『スペシャリストクラスの内容に、「ピポッドテーブル」「VLOOKP関数」は追加できますか?』という質問をいただきますが、もちろん可能でございます。ただし、「ピポッドテーブル」「VLOOKP関数」はスペシャリストクラスの範囲を習得していないと理解しづらい部分がありますので、研修時間、人数などをふまえたうえでご提案させていただきます。

※ちなみに、スペシャリストクラスで扱う関数は「SUM(合計)」「AVERAGE(平均)」「COUNT(個数)」くらいです。

Excelが苦手な方に対し、関数を学ばせる研修は早いでしょうか?

A.研修の目的次第ではありますが、問題ございません。

Excelは大きく3つの要素に分かれると言われています。
 1.見せ方の編集(表やグラフ化、ピポッドテーブル、フィルター、条件付けセル、など)
 2.計算(関数)
 3.VBA(マクロ)
※一般的に、1~3の順で難しく、レベル感が初級→中級→上級と分類されることが多いです。

「1.見せ方の編集」を知らなくても、「2.計算(関数)」は扱うことができます。そのため、「2.計算(関数)」を実務でよく使う、というお客さまにはご提案できる内容だと考えます。

とはいえ、Excelは表計算ソフトです。ビジネス上では「1.見せ方の編集」で取り扱う「リスト化して並び替え」や、「フィルタ―を使用」することのほうが多いのではないでしょうか。「自組織ではExcelの、どの機能をよく使うのか」を考えたうえでご検討いただくことをおすすめいたします。弊社営業担当にもぜひご相談くださいませ。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

Excel(エクセル)研修のご提供コンテンツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!