loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

カスタマーバリュー向上研修~顧客視点からマーケティングを強化する

カスタマーバリュー向上研修~顧客視点からマーケティングを強化する

様々なヒット商品事例から、ベネフィットやニーズ・シーズ・ウォンツの視点を学び、「顧客価値」を考え抜く

研修No.4300105

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・営業、商品企画、販売促進などに携わる方
・消費者向けの商品やサービスを取り扱う企業にお勤めの方

研修内容・特徴outline・feature

顧客の視点から見た商品やサービスの価値(カスタマーバリュー)の重要性について理解し、それをどのように商品やサービスに取り込み、展開していくかを学んでいただく研修です。

消費者向けの商品やサービスに関わる企業も、直接の取引先は企業である場合が多く、その取引先を通じてどのようにエンドユーザーに価値を提案していくかが、取引先とのパートナーシップを築くうえでも重要になります。こうした「BtoBtoC」ビジネスにおけるポイントも併せて、実例を交えながら本研修の中で学んでいただけます。

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.「顧客価値」とは何か
    (1)顧客視点からのマーケティング
    (2)「メリット」と「ベネフィット」の違い
    (3)アーカーのベネフィットの3分類
     ①機能的ベネフィット ②情緒的ベネフィット ③自己表現ベネフィット
    (4)顧客価値の重層構造
     【ワーク】ヒット商品の事例をもとに顧客価値を分析する
講義
ワーク
  • 2.ニーズとは何か
    (1)「ニーズ」とは顧客から見た"必要性"
     ①「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」 ②「ウォンツ」
    (2)「シーズ」とは作り手が持つ"可能性"
     【ワーク】ヒット商品の事例をもとに「ニーズ」「ウォンツ」「シーズ」を考える
講義
ワーク
  • 3.顧客ニーズを探る① ~仮説を立てて考える
    (1)仮説思考とは何か
    (2)仮説思考力の磨き方
    (3)思考習慣その1 ~原因と結果を意識する
    (4)思考習慣その2 ~視点を変える
    (5)思考習慣その3 ~時系列で考える
     【ワーク】身近な事例をもとに仮説を立て、新サービスのアイデアを考える
講義
ワーク
  • 4.顧客ニーズを探る② ~顧客の立場で考える
    (1)「顧客」とは誰のことか
    (2)価値は顧客が決めるもの
    (3)あなたの「顧客視点」は本物か
    (4)本物の「顧客視点」を得るために
    (5)顧客の声を妨げる3つの障害
    (6)ペルソナマーケティング
     ①ペルソナマーケティングとは ②「個客」時代のマーケティング戦略
     ③ペルソナマーケティングのメリット
     【ワーク】ヒット商品の事例をもとに利用者のペルソナを考える
講義
ワーク
  • 5.顧客ニーズを探る③ ~パートナーの立場で考える
    (1)もう一つの顧客視点 ~取引企業の視点
    (2)「サプライヤー」ではなく「パートナー」
    (3)パートナーとしての提案
    (4)パートナーとしての立ち位置
    【ワーク】ヒット商品の事例をもとに「パートナー」としての価値提案を考える
    【ワーク】自社が取扱う消費財を選定し、取引先への提案を考える
講義
ワーク
  • 6.まとめ
講義
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.8%

講師:大変良かった・良かった

93.8%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2020年2月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 改めて顧客視点でモノを考えるということを深く学べたので、実務に活かそうと思います。顧客の立場にたって新しい商品、サービスを提案していこうと思いました。
  • 「顧客視点」が本当に顧客にとっての価値につながる視点で考えられているか一つひとつの業務で習慣づけていきたいです。
  • ペルソナを事業毎に再度見直し、サイト構築に役立てたいです。
  • 他部署との関わりにおいて、表面上の問題で考えるのではなく、本当の問題をすいあげるようにしたいです。

実施、実施対象
2020年2月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ベネフィットの3分類、総顧客優遇等、見えなくなりがちな視点の重要性に気づけた。自社での業務も今一度分解して考えてみたい。
  • メリットの提示だけでなく、ベネフィットを想像できる製品の提案を心掛けたい。また、もっと自社マーケティングを強化するために知見を広げたい。
  • 環境が変化しニーズが多様化する中で、個人を様々な要素で話を聞く体制を作ってその必要性を訴えていく必要があると思った。

実施、実施対象
2020年1月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 顧客価値を今一度意識して業務に活かしていきたいと思いました。
  • 顧客視点の思考法を普段の商品開発やプロモーションに取り入れ、どのような顧客が何を考えてブランドのアイテムやサービスを購入しているのかを探りながらマーケティング活動を改善していきたい。
  • ペルソナマーケティングを活用して、より具体的な戦術を考えていく。
  • そもそも「価値」とは何なのかを理解できたところが非常に有益だった。業務改善や提案において必ず紐づけるべき概念なので、このことを日々意識したい。
  • 顧客価値の4つの基準を念頭に、提案活動をすすめたい。

実施、実施対象
2019年11月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 研修を受講して、顧客の求めるモノをベネフィットとして意識して提案をしていきたいと思いました。
  • 製品やサービスのベネフィットの訴求、パートナーとのWin Winな関係の大切さを意識し、業務に活かしていきたい。
  • マーケティングの基本事項を学ぶことができ、自社のシステムを拡販するにあたっての考え方を理解することができた。
  • 顧客視点に立ち、何がベネフィットなのか本質的に捉えながら、ニーズとベネフィットをマッチさせられるような提案を進めていきたい。
  • 物事やサービスの本質をしっかり見抜き、そこに求められている思いや考えを様々な視点で考察していきたい。

実施、実施対象
2019年10月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • マーケティングの基礎的な内容が理解できてよかったです。研究戦略を考える上でも顧客ニーズの考えは必要です。常に疑問を思うことを忘れずに取り組んでいきたいと思います。
  • 顧客価値を理論的に捉え、間に入る取引先もパートナーと捉えられるよう考え方を変えて業務の向上に活かしていきたいと思います。
  • 顧客やステークホルダーの立場で考えることの重要性を再認識しました。経験に偏らない考える姿勢を大切にしていきたいです。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.8
講師がとても良い・良い
93.8

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修