カスタマーバリュー向上研修~顧客視点からマーケティングを強化する

カスタマーバリュー向上研修~顧客視点からマーケティングを強化する

研修No.4300105

  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者対象者

・営業、商品企画、販売促進などに携わる方
・消費者向けの商品やサービスを取り扱う企業にお勤めの方

研修内容研修内容

顧客の視点から見た商品やサービスの価値(カスタマーバリュー)の重要性について理解し、それをどのように商品やサービスに取り込み、展開していくかを学んでいただく研修です。
消費者向けの商品やサービスに関わる企業も、直接の取引先は企業である場合が多く、その取引先を通じてどのようにエンドユーザーに価値を提案していくかが、取引先とのパートナーシップを築くうえでも重要になります。
こうした「BtoBtoC」ビジネスにおけるポイントも併せて、実例を交えながら本研修の中で学んでいただけます。

ワークのポイントワークのポイント

様々なケーススタディを通して、ヒット商品の裏にある「顧客視点」「顧客価値」の捉え方を学んでいただきます。

<ケーススタディの題材の一例>
・3万円のホーロー鍋が予約待ちになる理由は?
・スパークリング日本酒はなぜヒットしたか?
・クルマ離れの進む若者を対象にどうやってクルマでビジネスをするか?

研修プログラム研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.「顧客価値」とは何か
    (1)顧客視点からのマーケティング
    (2)「メリット」と「ベネフィット」の違い
    (3)アーカーのベネフィットの3分類
     ①機能的ベネフィット ②情緒的ベネフィット ③自己表現ベネフィット
    (4)顧客価値の重層構造
     【ワーク】ヒット商品の事例をもとに顧客価値を分析する
講義
ワーク
  • 2.ニーズとは何か
    (1)「ニーズ」とは顧客から見た"必要性"
     ①「顕在ニース」と「潜在ニーズ」 ②「ウォンツ」
    (2)「シーズ」とは作り手が持つ"可能性"
     【ワーク】ヒット商品の事例をもとに「ニーズ」「ウォンツ」「シーズ」を考える
講義
ワーク
  • 3.顧客ニーズを探る① ~仮説を立てて考える
    (1)仮説思考とは何か
    (2)仮説思考力の磨き方
    (3)思考習慣その1 ~原因と結果を意識する
    (4)思考習慣その2 ~視点を変える
    (5)思考習慣その3 ~時系列で考える
     【ワーク】身近な事例をもとに仮説を立て、新サービスのアイデアを考える
講義
ワーク
  • 4.顧客ニーズを探る② ~顧客の立場で考える
    (1)「顧客」とは誰のことか
    (2)価値は顧客が決めるもの
    (3)あなたの「顧客視点」は本物か
    (4)本物の「顧客視点」を得るために
    (5)顧客の声を妨げる3つの障害
    (6)ペルソナマーケティング
     ①ペルソナマーケティングとは ②「個客」時代のマーケティング戦略
     ③ペルソナマーケティングのメリット
     【ワーク】ヒット商品の事例をもとに利用者のペルソナを考える
講義
ワーク
  • 5.顧客ニーズを探る③ ~パートナーの立場で考える
    (1)もう一つの顧客視点 ~取引企業の視点
    (2)「サプライヤー」ではなく「パートナー」
    (3)パートナーとしての提案
    (4)パートナーとしての立ち位置
    【ワーク】ヒット商品の事例をもとに「パートナー」としての価値提案を考える
    【ワーク】自社が取扱う消費財を選定し、取引先への提案を考える
講義
ワーク
  • 6.まとめ
講義
ワーク

ひとこと研修制作者からひとこと

使えるマーケティングスキルを身に付けるためには、まず実例から学ぶことが大事です。
しかし、ただ事例を多く知っているだけでは自社に応用することはままなりません。
ヒットの背後にある顧客価値(カスタマーバリュー)を真に理解することで、初めて「使えるもの」になります。
そうした気づきを、他社からの受講者と一緒に学びながら増やしていただければと思います。

スケジュールスケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

注意点お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

※登壇予定の講師は予告なく変更になる場合がございますことをご了承くださいませ

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
55,948
開催数※1
7,238
講座数※2
2,292
WEBinsource
ご利用社数※2
8,564

※1 2017年10月~2018年9月

※2 2018年9月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
8,564社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2018年9月までの累計
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

おすすめ研修・サービス

公開講座新作研修

2018年12月13日
プログラミング的思考力強化研修~Scratch言語を活用して業務フローを学ぶ
2018年12月11日
社内ヘルプデスク研修
2018年12月 7日
トリプルシンキング研修(2日間)
2018年12月 7日
(新入社員・新社会人向け)Microsoft Office研修~Word基礎編
2018年12月 4日
クロージング研修~成約率を上げるための引き出しを増やす