上司が“唸る”お詫び状の書き方~誤字・脱字に対する苦情に

誤字・脱字に対する苦情に

仕事におけるミスが発生した場合には、お詫びの言葉とともに、原因となる事項を説明し、しかるべき対処方法を明記します。そののちに、今後に向けた決意を述べ、謝罪しましょう。

平成○○年○○月○○日

株式会社○○○○
○○部 ○○○○様

○○○○株式会社
○○部 ○○○○

パンフレット「○○○」における誤字・脱字のお詫び

謹啓 貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます

日頃は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

さて、今般、弊社にて作成いたしましたパンフレット「○○○」の中で、商品名「○○」のほか数カ所の誤字・脱字があり、多大なるご迷惑をおかけいたしました。

これは弊社の制作課程における校正ミスであり、弁解の余地もございません。深くお詫び申し上げます。

つきましては早急に○○○をし、可能な限り誠意をもって対処いたす所存でございます。

今後、再びこのようなことのないよう、社員一同十分に注意を払ってまいる所存でございますので、なにとぞご寛容のほどお願い申し上げます。

まずは書中をもちましてお詫び申し上げます。

敬白

本コラムをご覧の方におすすめの研修はこちら!

文書作成の基本からお詫び状の「型」「書き方」まで学べる
→【公開講座】ビジネス文書研修
自宅でビジネス文書作成のポイントを学べる
→【教材販売】新人向けビジネス文書研修テキスト

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

ページトップへ


ビジネス文書通信添削

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        おすすめリンク

        直近の公開講座開催研修