旅行業界向け研修

旅行業界向け研修

研修の目的・特徴

グローバル化に進んでいる中、海外旅行に行く旅行者や海外から日本に来る旅行者の数は年々増加しています。2020年の東京オリンピック、2025年の大阪万博の開催に踏まえ、旅行業界は非常に注目されている業界です。 旅行会社は法律で、「旅行業」と「旅行業者代理業」の2つに分かれています。 その中でも旅行業者は、さらに三種類に枝分かれ。 一方、旅行業者代理業は、旅行業者と代理契約を結び、ツアーなどの旅行商品を代理販売しています。BtoBと呼ばれる企業です。

旅行業界向け研修のポイント

若手の育成からキャリアデザインへ

若手の育成が大きな課題です。女性スタッフが多いこともあってか、勤続年数の長いキャリアモデルが少なく、将来的なビジョンを描きにくいことも一つの要因でしょう。長く働いてもらえるように組織への帰属意識を強めることや、積極的にキャリアデザインを考えさせる企業も増えています。

訪日外国人に向けたサービス・商品

日本ならではのホスピタリティ「おもてなし文化」と聞いて、具体的な自社の特徴をすぐに説名することができるでしょうか?〇〇なら我が社へ、と言えるような強みを持ったサービス・企画力を持つことや、必要であればアライアンス(業務提携)でおもてなしの心を総括することが求められます。また、日本人の考える「おもてなし」と、新興国の訪日外国人のニーズとの齟齬も考えなくてはなりません。

しかし、地域おこし、体験型旅行といった企画は、日本再発見企画として日本人の国内旅行へ展開できる可能性を秘めています。 そのためにも、日本人だけを顧客層・従業員と考える枠を取り払った「ダイバーシティ」の考え方を養うことが求められます。

ビッグデータ活用と企画力がカギ

過当競争体質とみなされている旅行業界ですが、近年はインターネットによるダイレクト予約の普及も相まって、さらに経営の舵取りが難しいと言われています。オンラインで検索されたルートや需要を読み取るデータ解析力、そのニーズを満たすパッケージ商品を企画・開発する「考える力」が求められます。

CS・接遇

格安インターネット代理店との差別化、業界生き残りを目指して、カウンター業務の洗練化も求められます。顧客に寄り添った添乗員や旅行プランナーの接客がカギとなるでしょう。IT化が進めば進むほど、「人を感動させるサービス」が競争力になります。

この業界で実施されている研修ランキング

※過去3年間の実施数を元にしております

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

旅行業界向け研修のご提供コンテンツ

【階層別おすすめ研修① 管理職・リーダー向け】

営業推進から人材の育成指導・リスクマネジメントにいたるまで、管理職に求められる役割が広範囲にわたるのが旅行業界の特徴です。組織・拠点の成果はもちろん、顧客満足の要である現場社員の育成にも、管理職の手腕が問われています。また、女性社員や外国人労働者に対する枠を取り払い、誰でも協働できる組織を実現することができる業界です。


【階層別おすすめ研修② 若手・新任管理職向け】

部下・後輩を指導し、組織の生産性をあげるためのスキル強化を学びます。


【注目のテーマ① ~多様なキャリアデザインに対応する】

女性の社員の方向け、男性管理職の方向けなどきめこやまかな研修をご用意しています。女性の活躍を後押しできる行動改革を目指します。


【注目のテーマ② ~企画・発想力を高めたい方向け】

新しい価値を持った旅行商品を提示することができればヒット商品は生み出せます。インスタ映えする女子旅だけではないニーズの発掘から、お客さまの購買意欲を高める、魅力ある提案ができるようになるための研修をご提案します。表面的でなく、深く考える力を身につけましょう。


【注目のテーマ③ ~顧客の個人情報をミスなく取り扱うために】

どの業務にも共通して求められるのが、様々な個人情報を扱うことによる事務ミス防止の徹底です。メンバーそれぞれのコンプライアンス違反の知識は万全ですか?店頭の窓口業務はもちろん、コールセンターでの応対品質の向上も顧客の安心感醸成につながります。

【職種別おすすめ研修① コールセンター・カウンター接客スタッフ向け】

ITにより業務が簡略化され、顧客自ら全ての作業がクリック一つでできるようになりました。それでもカウンターに足を運んで下さるお客さまに提供できるものは、安心感と柔軟なフォロー体制です。顧客目線に立つことができる店員のCS力が勝負です。お客さまがどんな体験をしたいのかニーズを聞き出せるスタッフの提案力も育てましょう。


【職種別おすすめ研修② 法人営業向け】

法人営業やプランナーは、お客さまとの信頼関係はもちろん、現場で手配する会社、ホテル、航空会社、レストランなど、さまざまな施設とも良好な関係を構築しなければなりません。加えて、企画検討の際には、さまざまなリスク想定が必要です。コミュニケーションやリスクマネジメントを押さえつつ、営業力の強化を図ることが重要となります。


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!