loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

顧客インサイト発掘研修~潜在ニーズを見つけ出す編

顧客インサイト発掘研修~潜在ニーズを見つけ出す編

言葉に表されない顧客の隠れたニーズを汲み取り、新たな価値提供へとつなげる

研修No.4300401

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・営業、商品開発、販売促進など、マーケティングに関わる全ての部署の皆さま

よくあるお悩み・ニーズ

  • 顧客が求めることにはすべて答えているはずなのに満足してもらえていない気がする
  • 新商品、新サービスのネタが出尽くした気がしている
  • 仕事の中で「インサイト」という言葉を耳にすることがあるが、今一つ理解できないでいる

研修内容・特徴outline・feature

顕在化したニーズに対応する商品・サービスは、すでに世の中にたくさんある中で、言葉として表されることのない顧客の本音を見つけ出し、それに応えるモノをいかに早く提供できるかが今問われています。本研修では、そうしたニーズをキャッチし、形にしていくスキルと手段を身につけていただきます。

到達目標goal

  • ・「インサイト」の意味を理解し、自身の関わるビジネスの中で活用する方法を見つけることができる

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1. なぜその商品は売れているのか
    【ワーク】商品の概要を読んだ上で、以下の質問に答える
    ・誰が主たる消費者だと思うか?
    ・どんな場面で消費されていると思うか?
    ・なぜその商品が選ばれていると思うか?
講義
ワーク
  • 2. 顧客インサイトとは
    (1)インサイトとは何か
     ①揺れやすい「インサイト」の定義
     ②潜在ニーズを購買へとつなぐ「スイッチ」
     ③インサイトはなぜ気づきにくいのか
    (2)インサイトを価値提案につなげる
     ①キーインサイト
     ②バリュープロポジション
    【ワーク】様々なコーヒーチェーンについて、それぞれの顧客のキーインサイトとバリュープロポジションを考える
講義
ワーク
  • 3. インサイトを発見する手法
    (1)エスノグラフィー
    (2)デプスインタビュー
    (3)フォトダイアリー
    (4)コラージュエクササイズ
    【ワーク】あなた自身がこれまでに携わったり、あるいは自社内で見聞きしたりした、インサイトを探る上で有効な調査方法の事例を、グループ内で共有する
講義
ワーク
  • 4. インサイト発掘作業の進め方
    (1)目的の理解と共有
     ①マーケティング目標の設定   ②時間軸の確認
     ③イノベーションレベルの設定   ④ターゲットの設定
    (2)調査・分析の進め方
     ①調査手法の決定  ②調査の実施  ③インサイトの抽出 
     ④キーインサイトの導出  ⑤プロポジションの検討
    (3)戦略の展開
     ①マーケティング施策への落し込み ②プロトタイプの作成  
講義
ワーク
  • 5. ケーススタディ
    (1)事例① ~マスカラのようなデザインの携帯電動歯ブラシ
    (2)事例② ~平日の真ん中で一息入れるためのビール
ワーク
  • 6. まとめ
    【ワーク】本日の研修を踏まえて、自身の携わる仕事において、どのような形で顧客インサイトを活用していくか考える
ワーク

6049

企画者コメントcomment

お客さまの言うとおりに応えていけば顧客満足が得られる時代ではありません。お客さま自身も気づいていない、自分が本当に求めていることは何かを洞察し、それを形にしていくことが求められています。マーケッターはもちろん、開発業務やセールスに関わる人にもぜひ学んでいただきたいテーマです。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.9%

講師:大変良かった・良かった

94.9%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年2月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 顧客のインサイトを発掘して、顧客とWINWINの関係をつくりたい。
  • チームプロジェクトにおける目的の理解、共有を行い、キーインサイトからバリュープロポジションに導き出すやり方を体系的に学べた。チームに共有したい。
  • 顧客インサイトとバリューポジションの関係性、重要性を再認識できたので、実際に今担当している事業でも活用してみます。
  • 会社内にフレームワークを展開していきたいと思う。仲間にもインサイト発掘に興味を持ってもらいたい。

実施、実施対象
2020年1月     2名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分たちが社内に提供するプログラムを開発する際の参考にさせていただきます。
  • 今後の中小企業との商品開発の支援に活用したい。

実施、実施対象
2019年12月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
75%
参加者の声
  • BtoCの仕事において、「インサイト」を考えることは重要だと思う。考え方として勉強になった。
  • 今ある製品やサービスを題材にインサイト等を考えるのは、とても良い勉強方法になると感じたので、今後、取り入れていきたい。
  • 普段の業務では意識したことのない「インサイト」「プロポジション」というキーワードがなかなか難しく勉強になりました。

実施、実施対象
2019年11月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
80%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • お客様の要望を聞き、整理するタイミングで表面的でなく深く掘り下げて考えていく手段として役立てていきたいと思いました。
  • 商品企画の立案において、インサイトとバリュープロポジションの意識を持ちながら業務を進めていけるよう役立てたい。
  • ノベルティ業務を通じ、自社ブランドに興味を持ってもらえるような商品を提案できるように成長したいです。
  • 自分の業務に置き換えて、新しいヒット商品を出せるようにがんばりたいです。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
97.9
講師がとても良い・良い
94.9

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修