loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(半日研修)ハラスメント防止研修~セクハラ・パワハラを生まない職場づくり

(半日研修)ハラスメント防止研修~セクハラ・パワハラを生まない職場づくり

セクハラ・パワハラを正しく理解するとともに、グレーゾーンについて判断軸を持つ

研修No.1910200

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・中堅以上、特に管理職の方で、部下・後輩をお持ちの方
・セクハラ・パワハラの相談窓口担当者の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 世間でハラスメントが騒がれているので、自社体制について不安を持った
  • ハラスメントに関する基本的な知識を学びたい
  • 指導とハラスメントの、境界線がわからない
  • どのような発言・行動がハラスメントに該当するのかを知りたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、セクシュアルハラスメントの判断基準となる「主観性」を前提とし、具体的な行動を学んでいただきます。 また、パワーハラスメントの判断基準となる「客観性」を前提とし、具体的な行動についても学んでいただきます。

※2017年1月1日に、改正された男女雇用機会均等法に伴い、本研修では
・マタニティハラスメント(妊娠・出産等に関するハラスメント)
・LGBTなどの性的少数派へのセクハラ
についても取り上げます。

<ワークのポイント>
・セクハラ・パワハラについて、普段の行動を振り返り、認識度をチェッする
・セクハラ・パワハラのグレーゾーンについて考え、判断基準を明確にする
・ハラスメントを防止するために、ご自身が明日から取り組んでいけることを考える


テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント研修の基本的知識を身につける
  • ②セクシュアルハラスメント・パワーハラスメントの判断基準を理解し、様々な視点から物事を考えるようになる

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.ハラスメントとは
    (1)ハラスメントの種類
    (2)ハラスメントと同様の組織のリスク
    (3)ハラスメントが与える影響
講義
  • 2.セクハラ認識度チェック
    【ワーク】どの程度のことが「セクハラ」にあたるのか自分の認識を
    チェックする
ワーク
  • 3.セクシュアルハラスメントとは
    (1)セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは
    (2)2つのセクハラタイプ
    (3)セクハラの原因
    (4)セクハラの判断基準
    (5)セクハラグレーゾーン
    【ワーク】セクハラに該当する行為にチェックをし、セクハラになる
    (ならない)理由を考える
    (6)セクハラを防ぐために
    (7)セクハラと認定された事例
講義
ワーク
  • 4.パワハラ危険度チェック
    【ワーク】どの程度のことが「パワハラ」にあたるのか自分の認識を
    チェックする
ワーク
  • 5.パワーハラスメントとは
    (1)パワーハラスメントとは
    (2)6つのパワハラタイプ
    (3)パワハラの原因
    (4)パワハラの段階別行動
    (5)パワハラグレーゾーン
    【ワーク】パワハラに該当する行為にチェックをし、パワハラになる
    (ならない)理由を考える
    (6)パワハラか正当な指導か
    (7)自身がパワハラを起こさないために
    (8)パワハラと認定された事例
講義
ワーク
  • 6.ハラスメントの未然防止、相談を受けた場合の対応
    (1)組織全体のハラスメントの未然防止
    (2)部下からハラスメントの相談を受けたら
講義
  • 7.明日から行うハラスメント撲滅への行動
ワーク

企画者コメントcomment

セクシュアルハラスメント・パワーハラスメントという言葉は既に世間に浸透してきています。しかし、ハラスメントの問題はなかなか減っていないのが実情です。


その理由として、下記2点が考えられます。
①未だにハラスメントに対する個人の認識が不足していること
②社会の発展によりハラスメントという概念が変化していること

①の「ハラスメント」への認識不足に対しては、「自分は加害者になりうるかもしれない」という意識を持ってもらうことが求められます。ハラスメントは、年齢、性別、立場に関係なく起こり得るという身近な問題であることを、研修では伝えています。
②の「ハラスメントの概念の変化」に対しては、社会発展によって存在が広く認識されるようになった多種多様なパーソナリティを理解することが求められます。


本研修では、マタニティハラスメントやLGBTの方へのハラスメントも扱い、時代に適したハラスメントの知識を身につけていただきます。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.3%

講師:大変良かった・良かった

93.2%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年8月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ハラスメントを防止する職場風土づくりをしていきたい。匿名でのストレスチェックなどでの集団意識を確認して、改善策を作っていく。
  • 部下に対する指導方法について、指導とバワーハラスメントの関係性をより考えながら業務を進めていきます。
  • ハラスメント相談窓口の担当として、どのように対応すれば良いか参考になりました。予防対策をとること、起きてしまった後の対応に活かしていきます。
  • 自分自身が加害者にも被害者にもなり得ることを考えながら、発言や行動には気をつける。相談されたら、まずはきちんと話を聞さ、相手が安心できるようにしたい。
  • ハラスメントに対する法制度、事例などが進んでいるので、知らないことも多かった。セクシャルハラスメントについては認識が甘かったこと、パワーハラスメントについては直接的な言動のみ考えていたが、人間関係の切り離し、過大・過小な要求なども対象になることを学んだため、今日学んだことを業務に活かしていく。

実施、実施対象
2020年7月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ハラスメントの定義と種類ごとの特徴、また社会的背景の変化を常に意識し、職場を皆が働きやすいものにしていきたいと思いました。
  • 数日前にパワーハラスメントに関する相談を受けたため、それに活かしていきたいと思う。
  • 誰にでもパワーハラスメントやセクシャルハラスメントをしてしまうかもしれないという前提で行動に注意をする。
  • ハラスメントに関する相談が非常に多いため、相談に来たときの対応に活かしたい。
  • 相手がどのように思うか、感じるかということを意識して行動、発言したいと思います。

実施、実施対象
2020年6月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
91.7%
参加者の声
  • 何かあったら必ず相談すること、そして経験を重ねて指導側にあたるときにはハラスメントにならないような対応をするようにしたい。
  • 何がハラスメントに該当するのかについて、十分学ぶことができた。どの職場においてもハラスメントが起こる可能性があり、それを防止するには常にそうした意識を持つ必要がある。
  • グループワークを通して、ハラスメントに認識は人それぞれであることが分かった。自分では意識していなくても相手がハラスメントと感じれば危険であり、新入社員でもそれは自覚しなければならない。
  • セクシャルハラスメントについては、相手との距離感に注意していきたいと思います。

実施、実施対象
2020年3月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
70%
参加者の声
  • 働きやすい職場の環境作り、和のある職場を作っていきたいと思いました。
  • 社内で風通しの良い職場作りを心がけ、部下及びメンバーとよりコミュニケーションを取りたいと思う。
  • ハラスメントを意識して伝え方を考え、相談できる窓口を作るようにしたい。普段からコミュニケーションを図り、信頼関係を構築することが大切だと思った。
  • 職員や学生に対する、自身の対応を再確認することができました。ハラスメントにならないように、発言に注意します。

実施、実施対象
2020年2月     23名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手の立場・感情になって、気にあることがあれば声がけだけでもできるようにしたい。
  • ハラスメントのない職場になるように気づいたときは指摘したい。気になった時は声がけしていきたい。
  • 自分が加害者にならないように、人がされているのを見て、見て見ぬふりをしないようにと思います。
  • ハラスメントについて、漠然としていたものが、多少明確に意識でき通常の業務で考える機会になったと思います。防止策として、声をかけるということを意識して周りを見ることが重要だと分かりました。
  • 部下・後輩を指導する際、ハラスメントにならない言動や行動にしていきたいと思いました。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.3
講師がとても良い・良い
93.2

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修