loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

会計・経理・財務向け研修

会計・経理・財務向け研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

会計・経理・財務は会社の成長を支える

ビジネスにおいて会計の知識は外せないものです。
どんな職種においても会社の一員である以上、売上、経費、人件費、粗利、営業利益などに無関係でいることはできません。自社の営業効率はどうか、利益の最大化のために自分たちにできることは何かを考えるためには、「数字を見る力」を養う必要があります。

中でも会計・経理・財務職に従事している方には、一般的な簿記の知識だけにとどまらず、月次決算や四半期決算、本決算時などには極めて複雑かつ大量の伝票処理を正確に行い、有価証券報告書に落とし込んでいくような特殊知識も身につけていかなければなりません。

節税方法を経営者に具申する、自社の経営状況を借入先銀行に説明して資金繰りを調整する、取引先企業の経営状況を判断し、契約を結ぶかどうかの判断をするなど、その目は経営者以上に厳しくあることも少なくありません。

インソースのインソースの会計・経理・財務向け研修は、新人向けから管理者・経営者向けまで様々なプログラムがあり、お客様さまに最適なサービスをご案内いたします。


会計・経理・財務向け研修のポイント

まずは自組織・他組織の財務諸表を読みこんで、改善策を考えられるようになる

新人・若手メンバーには、会計の概要を捉え、仕分や財務三表との関係をしっかりと理解してもらいます。財務諸表を読み解くポイントを丁寧に解説し、組織の課題や問題点をに気づけるようになることが最初の目標です。

企業活動の結果を表した有価証券報告書に敏感になる

上場会社では作成が求められている有価証券報告書は無料で入手できる企業情報の塊です。会計・経理・財務に従事する方は 自社の有価証券報告書を正しく理解することはもちろん、競合他社や客先の財務状況をチェックすることを慣習とするべきでしょう。このようにいつもアンテナを立てておくことが、組織に関係するリスクを回避する有効な手立てとなり得ます。

経営に資する情報の発信ができるようになる

経理財務に携わっていると、日々の業務を正確にこなすことが優先になり、決算書類を作ること自体が目的になりがちです。必要なデータの収集・作成の実務だけでなく、それ以上に経営に資する情報をいかに発信していけるか、が専門職としての腕の見せ所です。自社の経営状態を正確に把握し、異変があればただちに経営陣に伝え対処方法を伝達できるようなプロフェッショナルになることを目指していただきます。   


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

会計・経理・財務向け研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!