loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

プレゼンテーション研修~ゼロから徹底的に学ぶ編(2日間)

プレゼンテーション研修~ゼロから徹底的に学ぶ編(2日間)

客観的に、そして徹底的に練習することがプレゼンテーション上達の唯一の道。2日間でスキルを磨く徹底編

研修No.1200002

対象者

  • 全階層

・プレゼンテーションをゼロから学びたい方
・プレゼンテーションの経験が少なく、スキルに自信のない方
・大事なプレゼンテーションの機会を控えている方

※資料作成を学びたい方は「分かりやすい資料の作り方研修~相手に印象を残すワンペーパーの基本」をご覧ください
※パワーポイントプレゼンテーションを学びたい方は「パワーポイントプレゼンテーション研修」をご覧ください

よくあるお悩み・ニーズ

  • 人前で話すのが苦手で、何をどう話していいかが分からない
  • プレゼンの基本的な流れを理解したい(資料作成~発表まで)
  • プレゼンスキルを高めて、自信を持って堂々と話をできるようになりたい

研修内容・特徴outline・feature

プレゼンテーション成功の「5つのステップ」を学び、徹底的に練習し、聞き手に「伝わる」プレゼンテーションができるようになることを目指します。

◆プレゼンテーションを成功させるための「5つのステップ」
STEP1:目的を明確にし、聞き手を知る
STEP2:伝える内容を整理する
STEP3:資料を用意する
STEP4:伝える技術を身につける
STEP5:客観的に、徹底的に練習する

◆ワークのポイント
ビデオ撮影による課題発見やPCを使った資料作成など、時間をかけて徹底的に練習し、苦手意識を払しょくします。

※本講座は、来場型のみの限定開催です。

到達目標goal

  • ①伝えるべき内容を整理し、相手目線に立った配慮のある、分かりやすい伝え方ができる
  • ②資料作成から発表までの流れを理解し、準備できるようになる
  • ③苦手意識を払しょくし、自信を持って話すことができるようになる

研修プログラムprogram

1日目
  内容 手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】講師の指示に従い、プレゼンテーションをしてみる(ビデオ撮影)
ワーク
  • 2.プレゼンテーション成功のステップ
    (1)プレゼンテーションの「成功」とは
    (2)なぜ上手く伝えられないのか
    (3)プレゼンテーション成功のステップ
    STEP1:目的を明確にし、聞き手を知る
    STEP2:伝える内容を整理する
    STEP3:資料を作成する
    STEP4:伝える技術を身につける
    STEP5:客観的に、徹底的に練習する
講義
  • 3.目的を明確にし、聞き手を知る
    (1)大前提:目的を明確にする~「誰に」「何を」してほしいのか
    (2)聞き手についての情報を入手する
    (3)聞き手に対して配慮すべき事を洗い出す
    (4)聞き手の気持ちを予測し、想定質問を考える
    【ワーク】あなたのプレゼンテーションはどのような人を聞き手とするか、テーマと想定質問、質問への回答を考える
講義
ワーク
  • 4.伝える内容を整理する
    (1)聞き手が求めることをふまえて整理する
    【ワーク】わかりにくい報告をわかりやすくする
    (2)「要素」+「関係」で整理する
    【ワーク】分かりやすい文章と分かりにくい文章の違いを考える
    (3)階層的に整理する
    【ワーク】主張についてイメージ図を使って整理する
    (4)慣用的な展開の型で整理する
    【ワーク】上司に伝えるべき内容を整理する
講義
ワーク
  • 5.資料を作成する
    (1)なぜ資料が必要なのか
    (2)資料作りの流れ
    (3)「構成」の決定~読み手に意図が伝わる資料を作成する
    (4)資料作成の大原則
    (5)シンプルに、手早く作るのが大切
    (6)資料のレイアウトを考える
    【ワーク】4章のケースで、資料を作成してみる
    (7)図解を活用する
講義
ワーク
  • 6.伝える技術を身につける①~基本編
    (1)「話す」にあたっての心構え
    (2)理想の印象と与える印象の違いを知る
    (3)印象を構成しているもの
    (4)姿勢・態度・表情
    (5)声 ~声量と言葉のクセ
    (6)間(沈黙)のとり方
    (7)話すスピード
    (8)わかりやすい話し方のコツ
    【ワーク】冒頭に撮影したビデオを見て、自身のプレゼンテーションを強化するポイントを考える
講義
ワーク
2日目
  内容 手法
  • 7.伝える技術を身につける②~実践編
    (1)資料を使って説明する際の話し方
    (2)自分の人柄を「よいもの」として認知させる
    (3)聞き手との共通項作り 「人」と「人」のふれあいを演出する
    (4)効果的な締めくくり方 (クロージング)
    (5)状況に応じた「手段」の選択
講義
  • 8.客観的に、徹底的に練習する
    (1)客観的に、徹底的に練習する
    (2)準備をしたら、あとは経験と慣れ
講義
  • 9.総合演習
    ■STEP1
    テーマを選び、巻末のプレゼンテーションシートを使って簡単な資料を作成する
    ■STEP2
    プレゼンテーションのシナリオを考えたうえで、グループ内でリハーサルを行い、聞き役のメンバーはフィードバックを行う
    ■STEP3
    講師から指名を受けた方が、講師の指定する時間で全員の前でプレゼンテーションを行う
ワーク
  • 10.今回の研修を振り返って
    【ワーク】 本日の研修を踏まえ、これからに活かせることを考える
ワーク

企画者コメントcomment

社内やお客さま先、説明会など、ビジネスにおけるプレゼンテーションの場面は多岐にわたります。しかし、「話すのが苦手」「大勢の人の前で話すとあがってしまう」「話していると何を言いたいのか自分でも分からなくなってしまう」など、プレゼンテーションに苦手意識を持ち、自信がないと感じている人は少なくありません。

本研修は誰でも自分らしいプレゼンテーションができるようになることを目的として開発いたしました。人前で話すには状況に慣れること、繰り返し練習することが必要不可欠です。研修の冒頭で自身のプレゼンテーションをビデオ撮影し、振り返る時間もあるので、修正すべき点を客観的に見出すこともできます。大いにこの研修の場をご活用ください。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evaluation

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.6%

講師:大変良かった・良かった

97.2%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2021年12月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 半年後に控えているプレゼンテーションに向けて、自身の強み・弱みを知ることができました。具体的なイメージは、まだ途中までしかできていませんが、講師・参加者のフィードバックを思い出し、日々の業務に取り組む姿勢から変えていきます。
  • プレゼンテーションの説明方法が明確になり、改善しなければならない項目が分かった。目的の明確化やPREP法を意識して文章を組み立てることを常日頃から取り組む。
  • これまで意識できていなかった言葉の癖を発見することができた。接続詞も含めて適切な言葉遣いを心がける。
  • 提案の場や、社内説明の際にPREP法を意識する。まずは、基本となるPREPを用いてわかりやすい説明のベースを作り、さらなるステップアップを目指す。
  • 上司への説明や説得したいことがある時には、論理的に話すことで逆に時間の短縮になると学びました。PREP法を実践します。

実施、実施対象
2021年9月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手が知りたいことを質問として出してみて、内容を考える。フレームを使って構成をわかりやすく立てる。語尾が伸びないように気をつけたい。
  • 日々の先輩社員への報告や発表の機会に、情報の整理や報告の仕方を改善していけると感じました。頭の中では理解していてもできていないことが多くあったため、練習する機会を増やします。
  • 自分の意見を他人に伝えるうえで整理して伝える事、聞き手の視点を考えて話す事を実践します。ビデオ等を通して、自分を客観的に見る機会がとても貴重でした。
  • プレゼンテーションや発表などの際には、聞き手を意識します。総合演習のフィードバックで気づいた無意識の癖を意識することで、聞き手が集中しやすい発表が出来るように心掛けます。

実施、実施対象
2020年12月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 資料作成及びプレゼンテーションの内容において、階層的に整理することで、話す内容を分かりやすくすることができることを理解できた。階層的に整理することは、資料作成、プレゼンテーションのみならず、業務全般に活かしていく。
  • 話したいことを整理して、相手に伝わるように話していきます。図・表を使わない発表の経験があまりなく新鮮でした。
  • プレゼンテーションだけでなく、日々の業務の中で実践していきます。組み立て方や練習を通して、プレゼンテーションスキルの向上に努めます。
  • 話し方、声の大きさ、語尾は特に気をつけます。また、階層構造を意識して、プレゼンテーションを組み立てます。
  • プレゼンテーションはもちろん、文章の構成などは社内報告にも活かします。資料の組み立て方にも、役立てます。

実施、実施対象
2020年10月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
80%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • これまで行ってきたプレゼンテーションで、聞き手について深く考えたことがなかったので、とてもためになりました。伝える気持ちを持つようにします。
  • 実戦練習して、より苦手なところが明確になりました。会社の営業活動で活かしていきます。
  • 自分の強み等が分かり、自信がつきました。対人の業務で特に実践します。
  • 社内での業務報告や提案、お客様への説明や提案に活用します。意図・目的、理論、結論を意識していきます。

実施、実施対象
2020年2月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
91.7%
参加者の声
  • プレゼンテーション時のポイントだけでなく資料作成時の構成に関することも学べたので、会議資料の作成時にも活用します。
  • 本研修で学んだPREP法・腹式呼吸・接続詞を意識して、手戻りのないコミュニケーションにつなげます。
  • 自分の弱みや強みを知ることができました。報連相のやり方を振り返り、相手にとって有益であるかということを意識します。
  • プレゼンテーションは内容だけでなく立姿や言葉の一つ一つが重要だということがわかりました。今後色々な角度から自分の見せ方を研究していきたいと思います。
  • 自分のパーソナリティを活かし、ボキャブラリーを増やしていけるようアンテナをはって意識していきます。日々の上司への報告などから実践します。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
97.6
講師がとても良い・良い
97.2

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修