loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

研修設計入門~研修設計と効果測定の理論と手法を学ぶ

研修設計入門~研修設計と効果測定の理論と手法を学ぶ

実践重視のプログラムで「わかる」を「できる」に!

研修No.2700011

  • お申込みはこちら

対象者

・これまで実施していた研修内容や、その効果に疑問を感じている方
・研修の費用対効果向上について悩まれている方
・研修担当者として自己流を脱して、ステップアップ、レベルアップしたい方
・研修の企画、開発、効果測定について体系的に学ばれたい方
・既存の研修体系を改善することになったが、どこから手をつけたらよいかが分からず悩まれている方

研修内容・特徴outline・feature

■目的
組織がその従業員に対して行う研修やeラーニングなどの育成施策は、何かしらのパフォーマンス改善を期待して行われる投資です。
投資である以上、費用対効果が求められますが「他社が実施しているから」「長年実施しているから」「研修を実施することが先に決まっており、中身は後から考える」このような流れで研修を実施している限り研修の費用対効果を説明することも、成果をあげることもできません。
ではどうすれば費用対効果を説明し、かつ、費用対効果の高い研修を実施することができるのでしょうか。

本講座では企業や官公庁などで人材育成に携わる方が研修やeラーニングを企画、設計、開発し、その効果測定を行うにあたって、理解しておくべき概念、理論を取り上げながら、実際の業務での実践方法を学びます。
具体的には、効果的な研修を企画・実施していくフレームワークであるADDIEモデルをベースとしながら、研修企画前に最も重要となる現状分析手法、研修の目標設定と効果測定、研修目標達成に向けたカリキュラム設計について学びます。

■学習領域
本研修は、研修担当者として研修やeラーニングを企画・実施するにあたってADDIEモデルをベースに、以下の領域を学びます。
分析フェーズ(Analyze):研修やeラーニングを実施することで解決すべき課題とは何か?を特定する分析
設計フェーズ(Design):課題を解決するための、研修目標設定、育成フォーマット選択、効果測定手法、カリキュラムの設計
効果測定フェーズ(Evaluation):設計に基づく効果測定と費用対効果分析

※開発フェーズ(Development)=教材などのマテリアル開発とリハーサルについては本講座では取り扱わず、別途講座を開発中です
※実行フェーズ(Imprementation)=研修当日の講師としてのインストラクションスキルについては本講座では取り扱わず、下記おすすめリンク「講師・インストラクター養成講座~理論と実践的な技術を学ぶ」で取り扱います

■学習項目
特に本研修では、ADDIEモデルに基づき研修を設計・開発する上で必要不可欠な以下の概念・理論を学びつつ、実際の業務での実践方法を理解することを目指します。

①Goal based
②学習者(受講者)中心主義
③研修の設計、開発、実施、効果測定の基本的枠組となるADDIE
④研修の目標=成果を定義するKSA
⑤研修設計の基礎理論としてのICEアプローチ、ARCSモデル、ガニェの9教授事象、経験学習サイクル
⑥効果測定の標準モデルとしてのカーク・パトリック評価法モデル
また、これらの概念・理論に準拠した研修企画シートを提供し、実務でご活用いただけます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.イントロダクション
講義
ワーク
  • 2.研修の目的と費用対効果とは
講義
ワーク
  • 3.研修の企画立案、設計、開発、実施、効果測定の流れ
    (1)ADDIEモデル
    (2)研修におけるゴールとは何か
    (3)ゴールと効果測定の関係
    (4)よくある誤解
    ①人のパフォーマンスには研修以外の要因も作用するので研修の効果測定は難しい
    ②研修の成果を左右するのは講師の質
    ③人は現場でこそ学ぶので研修など無駄
講義
ワーク
  • 4.研修実施前の現状分析
    (1)ギャップ分析と要因分析
    (2)分析手法
講義
ワーク
  • 5.研修の設計
    (1)分析結果を踏まえた施策の選択
    (2)研修目標設定とKSA
    (3)経験学習サイクル
    (4)研修設計にあたってのリソース活用とフォーマット選択
    (5)カーク・パトリック・モデルと研修目標を踏まえた効果測定
    (6)研修カリキュラム設計
    ①学習内容の整理:カリキュラム設計における要素分解とプロセス分解
    ②学習メカニズム:ICEアプローチ
    ③受講者の動機づけ理論:ARCSモデル
    ④カリキュラム設計の標準形:ガニェの9教授事象
    ⑤Goal Basedで研修を設計する
講義
ワーク
  • 6.クロージング
講義
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

注意点お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

  • (1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
  • (2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
  • (3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

※登壇予定の講師は予告なく変更になる場合がございますことをご了承くださいませ

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。

公開講座部(0120-800-225 ※ガイダンスに従って①を選択)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
62,700
開催数※1
8,158
講座数※2
2,504
WEBinsource
ご利用社数※2
9,942

※1 2018年4月~2019年3月

※2 2019年3月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
9,942社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2019年3月までの累計
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

公開講座新作研修
2019年7月16日
50代活動(いそかつ)研修 ~これからのワークスタイルを考える
2019年7月12日
(半日研修)採用担当者向け自社プレゼン力向上研修~自社の魅力を端的に語る編
2019年7月12日
(半日研修)アンコンシャス・バイアス研修~「無自覚な偏見」を排除し、見えなかったものを見えるようにする
2019年7月12日
(半日研修)LGBTセミナー~当事者が語る組織の理想のあり方とは
2019年7月 9日
顧客の課題発見力研修~顧客の抱える「非・不・未」を見つけ、ソリューションを提示する