loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

研修設計入門~効果測定につなげる研修企画の基礎理論・手法を学ぶ

研修設計入門~効果測定につなげる研修企画の基礎理論・手法を学ぶ

ADDIEモデルの「分析」に焦点を当て、研修の目標設定、目標達成に必要な学習項目の整理の仕方について学ぶ

研修No.2700011

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 中堅層
  • 管理職層

・これまで実施していた研修内容や、その効果に疑問を感じている方
・研修の企画、設計について体系的に学び始めたい方
・研修担当になったが、これまでと同じ内容で実施をしていいのか疑問を感じている方
・研修をベンダー任せにせず、自分でも企画の良し悪しを考えられるようになりたい方

研修内容・特徴outline・feature

■目的
組織がその従業員に対して行う研修やeラーニングなどの育成施策は、何かしらのパフォーマンス改善を期待して行われる投資です。投資である以上、費用対効果が求められますが、「他社が実施しているから」「長年実施しているから」などの理由で行われている研修が多いのも事実です。ではどうすれば、パフォーマンス改善につながるような研修を企画することができるのでしょうか。また前年踏襲の流れで実施されている研修を、どのように変えていけば効果的な研修を実施することができるのでしょうか。

本講座では、企業や官公庁などで人材育成に携わる方が研修やeラーニングを企画、設計していくうえで、理解しておくべき概念、理論を取り上げながら、実際の業務での実践方法を学びます。具体的には、効果的な研修を企画・実施していくフレームワークであるADDIEモデルをベースに、特に分析(Analyze)のフェーズに着目をし、研修の目標設定、目標達成に必要な学習項目の整理の仕方について学びます。

■学習項目
本講座では、研修を企画する上で必要不可欠な以下の概念・理論を学びつつ、実際の業務での実践方法を理解することを目指します。

①Goal based
②学習者(受講者)中心主義
③研修の設計、開発、実施、効果測定の基本的枠組となるADDIE
④研修の目標設定と効果測定を考えるためのカークパトリック評価法モデル
⑤研修の目標=成果を定義するKSA
※ADDIEモデルの設計フェーズ(Design)、開発フェーズ(Development)、効果測定フェーズ(Evaluation)については本講座では取り扱わず、別途講座を開発中です
※実行フェーズ(Implementation)=研修当日の講師としてのインストラクションスキルについては本講座では取り扱わず「講師・インストラクター養成講座~理論と実践的な技術を学ぶ」で取り扱います

研修プログラムprogram

研修プログラム例
  内容 手法
  • 学習理論を学ぶ
    ・ゴールベース
    ・受講者中心主義
    ・ADDIEモデル
    ・カークパトリック評価法モデル
    ・KSAモデル
    ・スモールステップ
講義
  • 研修企画を体験するワーク(練習)
    ・学んだ理論を活用して研修企画を体験する
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.4%

講師:大変良かった・良かった

96.9%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2020年3月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 学んだ理論を自分の企画する研修に落とし込み、ブラッシュアップを図っていきたい。
  • 基本を学んで、聞いている人の目線で、研修を設計し実施できるようになりたいです。
  • 目的、行動目標、学習目標について、自分なりに切り分けながら設計していきたい。

実施、実施対象
2020年2月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 既存研修を学習目標・行動目標、目的に分解することで、効果測定や面談時の対応など改善点が見つかると感じた。
  • 研修の既存カリキュラムの見直しや、新規研修の構築に学んだことを活かしたい。
  • 行動目標を改めて意識して、研修を設計したい。研修以外の採用活動やOJTもふまえて、最適な人材育成をしていきたい。
  • これまで自己流で研修設計をしていたので、理論として学べたことで自信がついた。
  • 顧客から受けたオーダーをそのまま実施していたので、細分化して考えて一から適切な方法で組み立てていくことができるようにしたいと思いました。

実施、実施対象
2020年1月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 研修を企画していくうえで受講者を主に考え、現状と理想をしっかりと分析しようと思いました。
  • 6つの理論の中でも特に、行動目標を設定する、学習目標を分解する、という部分を自社の研修などに当てはめて考えたいと思いました。
  • 業務上で生じる課題解決に活用すると同時に、研修企画にも盛り込み、グループ他社での研修の際にも自社で実証済み企画として紹介したい。
  • 今後は既存研修のブラッシュアップをはじめ、企画設計していくことになる為、その準備または心構えとして、とても有意義な時間でした。

実施、実施対象
2019年9月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 受講者中心主義は当たり前のことなのに、全然できていない自分に気づきました。また、これまで効果測定の手法にばかり意識が向いていましたが、そもそもの目標設定が荒い事にも気がつきました。これからは受講者中心主義ちKSAモデルを活用して受講者のためになる施策の検討をしていきたいです。
  • まず目的>目標(行動)>学習目標(KSA)に落とし込んで学習項目を作ってみたいと思います。研修を受け、受講者中心が難しいと感じたのと、普段からできてないと痛感しましたので、意識して設計していきたいです。
  • 研修設計のベース(特にKSAの連動)に基づいた構築に繋げたいと思います。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話での
お問合せ

公開講座に関する
Q&Aはこちら

研修リクエストの
お問合せ

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
98.4
講師がとても良い・良い
96.9

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修