loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

パワーポイントプレゼンテーション研修

パワーポイントプレゼンテーション研修

パワーポイントの基本的な機能から、効果的な資料の作り方、プレゼンテーションのテクニックまでも身につける

研修No.1200200

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・プレゼンの構想~発表まで、全体的に学びたい方
・作成した資料の効果的な使い方が分からない方
・プレゼンスキルを向上させたい方

※本講座では、PowerPointの基本操作については学びません。
PowerPointの操作について学びたい方は、こちらをご受講ください。

よくあるお悩み・ニーズ

  • 自分が作った資料やプレゼンテーションの内容にイマイチ自信がない
  • 聞き手の反応があまり良くないが、どこを改善したらいいかわからない
  • 上司から、情報量が多すぎて資料がわかりづらいと指摘されてしまう

研修内容・特徴outline・feature

プレゼンテーションがなぜうまくいかないのか原因を考えなければ、改善はできません。本研修ではまず、わかりやすい資料とわかりにくい資料の違いを考えたうえで、実際に構想(シナリオ)を書き出し、パワーポイントの資料を作成、最後に発表をしていただきます。都度、フィードバックを通すので、今後の改善策まで具体的に洗い出すことができます。

※この研修ではPCを使用します※
【セミナールーム開催】
研修会場にノートPCをご用意しております
※ご持参されたPCのご利用はできません
【オンライン開催】
Microsoft PowerPointがインストールされたPCでご参加ください

到達目標goal

  • ①視覚を訴える、有効なパワーポイントの使い方を学ぶ
  • ②プレゼンテーションを行う前の、事前準備・予備知識を把握する
  • ③相手に伝わるパワーポイントを使ったプレゼンスキルを向上させる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.プレゼンテーションとは何か
    (1)プレゼンテーションとは
    【ワーク】これまでに見たプレゼンテーションで最も悪かったものは?
    (2)プレゼンテーションの前提 ~聞き手の視点で考えるもの
    (3)「一般常識」と「業務知識」を考慮する
講義
ワーク
  • 2.わかりやすい資料を作成する
    【ワーク】資料作りの際に困ったり、苦慮することを共有する
    (1)最低の資料とならないために
    【ワーク】わかりやすい資料とわかりにくい資料の特徴について話し合う
    (2)資料作りの流れ  
    (3)「構想段階」におけるポイント
    【実践演習①】プレゼンテーションのシナリオを考える
    (4)資料の構成を考える  
    (5)資料の中身を作成する
講義
ワーク
  • 3.パワーポイントの有効な使い方
    (1)パワーポイントが得意とすること  
    (2)パワーポイントに向かないこと
    (3)目次を使って構成を考える  
    (4)スライドを作成する(テキスト編)
    【参考】「図形」の応用
    (5)スライドを作成する(画像編)
    (6)スライドを効果的に演出する(デザイン編)
    (7)スライドを効果的に演出する(アニメーション編)
    【ワーク】事例をもとに、「時間がない上級の管理職」にプレゼンテーションする場合の修正点、改善点を考える
講義
ワーク
  • 4.プレゼンテーションの前に配慮すること
    (1)聞き手についての情報を入手する
    (2)配慮すべきことを洗い出す
    (3)話し方、用語の選び方
    (4)プレゼンテーションの「クロージング」(最後)とは
    (5)プレゼンテーションで陥りやすい罠
講義
  • 5.わかりやすい話の組み立て方
    (1)自分の言いたいことを明確にする 
    (2)相手を意識した言葉の組み立て
    (3)順を追って論理的に話す
講義
  • 6.プレゼンテーションを成功させるためのコツ
    (1)自分の強みを生かす
    (2)必ずリハーサルを行う
    (3)場合によっては複数人で行う
    (4)極限プレゼンテーション
    【参考】プレゼンテーションチェックポイント ~気をつけるポイント
講義
  • 7.プレゼンテーション実習
    【実践演習②】作成した資料を使って、プレゼンテーションを行う
ワーク
  • 8.まとめ
    【ワーク①】自身のプレゼンテーションを良くするには何が必要かを考える
    【ワーク②】そのためには具体的に何を行う必要があるかを考える
    【ワーク③】具体的にどのように進めるかを考える
ワーク

企画者コメントcomment

パワーポイントの基本の使い方だけでなく、プレゼンテーションの構想、資料作り、発表までを客観的な視点で振り返りながら、改善策を考えることができます。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evaluation

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.7%

講師:大変良かった・良かった

97.1%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2022年5月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • パワーポイントの作成方法だけではなく、情報の伝え方も言及してもらえ、大変勉強になりました。今後お客様の前で資料をプレゼンテーションする機会も増えるので、本日の研修で学んだことを頭に叩き込み、より第三者に分かりやすい資料を作ります。
  • プレゼンテーション資料はこれまで完全に自己流での作成していたので、この研修を受講できとても参考になりました。文字が多い、資料が多いなど、すぐにでも改善できる事が多かったので、即実践します。
  • 外部に向けてのプレゼンテーションのコツがとてもよくわかりました。必要な情報を簡潔に話せるように努めます。

実施、実施対象
2022年3月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
85.7%
講師:大変良かった・良かった
85.7%
参加者の声
  • プレゼンテーションの構成方法は会議や打ち合わせ、人とのコミュニケーションの場でも活用したいです。私は「人に伝わるプレゼン方法の習得」を目的としていましたが、「相手の立場になって、相手が理解できるプレゼンテーションをする」という考え方でなければならないという気づきが得られました。
  • 文字の大きさや図の配色等を工夫し、聞き手にもっとわかりやすい発表資料を作ります。人のプレゼンテーションをフィードバックする目線で見ることも勉強になりました。持ち帰って職場に共有します。
  • パワーポイント作成時の注意点を詳細に説明してもらえたため、今後、発表を行う際には、研修の内容を振り返って資料作成に臨みます。

実施、実施対象
2022年2月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • プレゼンテーションをする際のポイントを学ぶだけでなく、学んだことを実践する時間もあり、非常に有意義な時間でした。他社の方と研修を受ける機会はないので、多種多様な視点からの意見やアドバイスを聞くことができて良かったです。
  • 資料作成に苦手意識があったのですが、今回の研修を受けて、どういったことに気をつけたらいいのかがわかりました。今後は積極的にチャレンジします。
  • 今後、プレゼンテーションをするときには、目的をはっきりさせることや相手の立場を考えることを意識しようと思いました。文字や図、表をバランスよく使用した資料を目指します。
  • 資料作成のポイントを精査して、プレゼンテーションの場で活用します。地域の方々に発信することが多いので、行動変容を促せるようなプレゼンテーションを目指します。

実施、実施対象
2021年12月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • いきなりパワーポイントを作成するのではなく、資料の目的や対象者等を見える化してから作成に臨む。プレゼンテーションでは、句点をうまく使うことと簡潔さを意識する。
  • 目的とゴールを意識して、アウトラインをしっかり決めて取り組もうと思いました。SmartArtの機能を活用します。
  • 強調することが大事だと学び、活かしたいポイントでした。営業職で相手を動かす必要があるので、強調を上手く使うようにします。
  • アウトラインを使用し、大枠から先に書いて細部を記述することで、作業の効率化ができることがわかった。
  • 資料づくりの前の事前の組み立てがいかに重要かを学ぶことができました。目的とゴールを考え、空白の強調などのテクニックも使って、今後の資料作成に取り組みます。

実施、実施対象
2021年10月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 簡単にできるショートカット・マスターの設定など、自己流でやっていたことを正しく改めて学べた。今後は相手に分かりやすく伝えること、プレゼンテーションの目的・ゴールを明確にしてしっかり伝えることを実践する。
  • ページ番号や図のコピーの仕方など知らなかった機能が多くあったので、今後のパワーポイント作成に活かします。話の構成や分かりやすい資料にするためのテクニックをきちんと覚え、発表の機会に活かします。
  • ガイド線の使い方やスライドマスターなど、普段使っていなかったTIPSをどんどん実践する。プレゼンテーションは着地が大事だと強く感じたので、今後はこの点をさらに意識したい。
  • 各部門への説明をするときに、何を伝えたいかを明確にできるように目的とゴールを決めて、「よく理解できなかった」ということを少しでもなくしていきます。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
96.7
講師がとても良い・良い
97.1

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修