loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(半日間)研修講師養成研修~オンライン研修編

(半日間)研修講師養成研修~オンライン研修編

オンライン研修の登壇実績豊富な弊社の人気講師から、オンライン研修ならではの研修効果を高める手法を学ぶ

研修No.9916015

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

・WEB会議システムを用いた社内研修・セミナーにご登壇をされる方
・現在オンライン研修に登壇をしているが効果的な研修実施が出来ているか、不安を感じている方

注意:以下に該当するお客さまのお申込みはご遠慮させていただいております。
①研修を事業とされている企業・組織に所属されている方
②「個人」でのお申込みの方

よくあるお悩み・ニーズ

  • WEB会議システムを使いこなせていない
  • オンラインでは一方的な講義になってしまい、双方向のコミュニケーションがうまく取れない
  • オンライン研修ならではの工夫を社内研修に活用したい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、オンライン研修(WEB会議システムを活用した双方向型・グループワーク含む研修)を登壇するにあたっての、注意点や研修効果を高める工夫を学びます。オンライン研修ならではのゴールと内容を整理するワークがございますので、社内研修にそのままご活用いただけます。

※本研修はWEB会議システムを利用した研修を実施する方向けの研修です。通常(リアル)の研修講師のためのスキルを学びたい方は、「研修講師養成研修」をご受講ください。

到達目標goal

  • ①通常研修とオンライン研修の違いが分かるようになる
  • ②WEB会議システムの特徴・機能を理解する
  • ③オンライン研修ならではの工夫ができるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.通常研修とオンライン研修の違い
    【ワーク】通常研修とオンライン研修では、どのような違いがあるかを考える
ワーク
  • 2.WEB会議システム(Zoom、webex、Teams)について
    (1)概要説明・機能説明
    (2)それぞれのメリット
講義
  • 3.オンライン研修の準備
    (1)タイムスケジュールの作り方
     オリエンテーション、受講者への操作説明、アイスブレイクの時間
     1ターンの時間設定と講義・演習の配分設定
    【ワーク】研修のゴールと内容を整理する
    (2)研修資料の作り方
     受講者手元資料と画面表示する資料
    (3)発信元の設営
     オンラインでも目線が合うようなレイアウト作り
講義
ワーク
  • 4.オンライン研修の効果を高める工夫
    【ワーク】"双方向の研修"を進めるための工夫を考える
    (1)受講者の参加環境
    (2)受講者を惹き付けるテクニック事例
    (3)グループワークの実施とその方法
    (4)「ホワイトボード機能」や「投票機能」の活用
    (5)質疑応答やトラブル対応(チャット機能の活用)
講義
ワーク
  • 5.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

新型コロナウイルスの感染拡大によって「予定していた研修が開催できなくなってしまって困っている」「オンライン形式で研修を実施したいがノウハウがない」といったお客さまからのお声を多数いただき、本研修を開発いたしました。インソースは研修業界の中で、圧倒的なオンライン研修の実績がございます。登壇講師のノウハウを本研修に詰め込みましたので、是非ご受講いただきまして、社内研修に活かしていただければと思います。

スケジュール・お申込みschedule・application

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修