次世代リーダー向け研修

次世代リーダー向け研修

次世代リーダーとは

組織によって「次世代リーダー」の定義するものは異なります。「将来的に経営を担うリーダー」を指すこともあれば、「いずれリーダーになる候補者」という意味で使う場合もあります。 本ページでは、「次世代リーダー」を「いずれリーダーを任せる候補者」「ゆくゆくはリーダーとしてパフォーマンスを発揮してほしいと組織が思う候補者」として取り扱います。

※「将来的に経営を担う人材」について知りたい方は<こちら>

■戦略的に将来のリーダーを育てる

組織において、リーダーの存在は欠かせません。
しかし、ある日突然プロジェクトやチームにアサインされ、「では、今日からあなたがリーダーです」と言われて、いきなりリーダーシップを発揮できる人は少ないものです。プロジェクトや業務のゴール設定、人への指示だし、部署や組織の枠を超えた巻き込み、進捗の管理、問題が発生した際の対処・対応など、リーダーに求められるスキルは多岐にわたります。このようなスキルを戦略的に習得させるべく、組織は候補者に対し、計画的にトレーニングの機会を与え、スキルアップ・レベルアップを促しておくことが大切です。

■「自分はリーダーにはなれない」という不安や悩みを払拭する

組織が「あなたにリーダーを任せたい」と思っていても、「私はリーダー向きではない」「責任が重すぎる」と抵抗感や不安を抱く方もいらっしゃいます。もちろん、強制することは得策ではありませんが、組織としては、候補者の抵抗感や不安がどこからくるのかを解きほぐし、払しょくしていくことが大切です。
もし、候補者の後ろ向きな気持ちが「経験がないから」「大変そうだから」といった理由によるものであれば、研修やトレーニングを通じてリーダーへのキャリアアップは十分に見込めます。
「メリットがなさそうだから」という理由であれば、リーダーになることによってもたらされるメリットや良いことについて、研修や現場の指導で伝えていくことが大切です。

■「リーダーを任される日がやってくる」という自覚が成長意欲につながる

リーダーへのキャリアアップを意識させることで、本人の仕事への関わり方や物事の見方が変わります。いちプレイヤーとしての視点だけでなく、より高い視座、組織的目線で業務を見られるようになれば、現在の役割における成果やパフォーマンスも向上します。「評価されるように頑張ろう」「期待に応えられるように精一杯やろう」と、働く姿勢が変わると、周囲への好影響も期待できます。

インソースでは、次世代リーダーとしてご受講をお薦めする各種スキルアップ研修とともに、キャリアデザイン研修も豊富にラインナップを揃えています。
組織の未来とともに、社員・職員・メンバーの未来をともに考えていくことが大切です。

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

研修ラインナップ

インソースの次世代リーダー向け研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

豊富な実績

1年間の総受講者数
4,562

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

94.9%

講師:大変良かった・良かった

94.3%

※2017年10月~2018年9月

受講者の声

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!