loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

秘書研修

秘書研修

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

心構えからスキルまで身につけて「秘書のプロ」を目指す

秘書の仕事とは「社長や役員などのトップが業務に集中できるようあらゆる補佐業務をすること」です。上司のスケジュール管理や出張の手配、来客・電話応対、文書管理や情報収集など、仕事の範囲は多岐に渡り、高い「プロ意識」を持って業務にあたることが求められます。

組織のトップを支える秘書の仕事は日々緊張感の連続ですが、上司から「ありがとう」と言われたり、秘書の働きによって上司のパフォーマンスがアップするのを目の当たりにしたりすることが、やりがいにつながり、それが秘書の仕事の醍醐味とも言えます。

インソースの「秘書研修」では、秘書としての心構えから必要なスキルまで、総合的に身につけていただくことを目指します。
基本プログラムには、秘書未経験から秘書歴1年未満の方向けの「初級編」と、秘書歴1年以上の方向けの「レベルアップ編」がございますので、受講者さまのご経験に応じて無理なくご受講いただけます。

秘書研修のポイント

秘書としての「プロ意識」を研修で醸成する

秘書として担当する「上司」は役員相当のエクゼクティブ、つまり経営トップであることがほとんどです。少しのミスでも大きな影響を及ぼすため、常に緊張感を持って業務を行うことが求められます。例え秘書歴の浅い方であっても、ベテラン秘書と変わらない「プロ意識」を持たなければなりません。
インソースの秘書研修では、「秘書のプロ」になることを目指し、その心構えや求められるスキルを学びます。さらに実践的なケーススダディを通じて、座学だけでは身につかない秘書としての「プロ意識」を醸成します。

秘書に求められるスキルを総合的に習得する

上司のスケジュール管理や出張の手配、来客・電話応対、文書管理や情報収集など、秘書の仕事は多岐に渡ります。それらの仕事を同時並行でこなさなければならないため、高い事務処理能力も求められます。
インソースの秘書研修では、秘書に求められるスキル(スケジュール管理・コミュニケーションスキル・出張手配・情報管理・接待など)を総合的に習得し、作業スピードの向上につなげていただきます。よくあるケースを用いたロールプレイングで実践的にスキルを習得するので、明日からすぐに職場で役立てていただけます。

秘書に求められる高水準の接遇スキルを身につける

身だしなみや敬語・言葉遣い、来客応対などの接遇スキルは一般社員にも求められますが、秘書にはそれ以上の「上級マナー」が求められます。また、外部の方から見たときに、秘書の持つイメージがそのまま上司や組織のイメージにつながることもあります。秘書として信頼を得るための第一歩として、接遇スキル向上は必須です。
インソースの秘書研修では、来客応対やお茶出し、電話応対・贈答マナーにおけるポイントを、具体的な事例に基づき分かりやすく解説します。そのうえで、ワークを通じてポイントを活かした応対を実際に“やってみる”ことで、秘書に求められる高水準の接遇スキルを身につけていただきます。

秘書研修ご検討のお客さまからのご質問

どんな人に講師をしていただけますか?

秘書業務の経験が豊富な講師が登壇します。弊社には多様な業種業界でビジネス経験を積んだ講師が在籍しております。

「秘書技能検定」を取得している講師一覧

講師派遣と公開講座の違いは何ですか?秘書研修の場合どちらがおすすめですか?

全テーマ共通の、講師派遣と公開講座の違いはこちらにございます。

研修ってどうやるの?

秘書研修の場合、一つの組織の中に受講対象となる方が少ない場合が多いので、公開講座でのご受講を特におすすめしています。
公開講座は全国で通年にわたって開催しており、1名さまからご参加いただける研修サービスです。普段顔を合わせない幅広い業界の方と一緒に学び、情報を共有し、議論をすることで、新たな気づきが多く得られ、向上意欲も高まります。また、秘書同士で悩みを共有することで、秘書業務に対する不安を解消できます。

また、講師派遣での研修実施につきましても、組織内で受講対象となる方が多い場合や、企業グループ合同で集合研修を検討されている場合など、お客さまのご状況とご要望に合わせて承っております。お気軽にお問合せください。

当社の経営トップは、秘書に対して、「身の回りのアシスタント」に留まらないレベルのサポート業務を望んでいます。当社が求めるレベルに相応しいような秘書研修はありますか?

弊社の秘書研修では、上司の期待を超える働きができる秘書として、以下のような要素も習得できるプログラムをご用意しております。

①上司の先回りをして段取りをつける
秘書は上司の指示を逐一仰がなくとも、上司の意図や仕事の目的を十分に理解したうえで、仮説を立てながら率先して動かなければなりません。

②「想定外の事態」に対応する
必要な段取りをつけておいたとしても、忙しい上司の状況は日々変化するため、「想定外の事態」に対応することも秘書には求められます。また、経営トップが遭遇する組織レベルのリスクに対応する力も必要です。

③経営目線での助言ができる
欧米諸国では特に、秘書は「上司の経営を補佐する専門職」であるという認識が強くあります。秘書が経営に関して同じレベルの知識や視点を持つことで、より高い次元で上司をサポートできるようになります。

インソースの秘書研修では、仮説構築力、判断力、リスクマネジメント力、経営者としての視点など、貴社の課題に応じて様々なプログラムをご用意いたします。テキストのカスタマイズも柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

当社は人員不足が深刻化しています。秘書の教育にコストをかけるより、いっそのこと管理ツールやロボットに秘書業務を任せた方が効率的では?

弊社の秘書研修では、上司の期待を超える働きができる秘書として、以下のような要素も習得できるプログラムをご用意しております。

テクノロジーの発展により、現在はアプリなどの管理ツールが無数に入手できるようになりました。AIも急速に発達してきたため、秘書がいなくても困らない時代になりつつあります。また、ロボットが秘書になった方が話題性もあり、単純ミスもなくなるなど、むしろ人間よりも有能な秘書になれるかもしれません。

しかし、「人間の秘書」には、ロボットには難しい、“機転”“温かみ”“配慮”といった、いわゆる「人間味」のある仕事ができます。急速に機械化が進む現代だからこそ、「人間の秘書」にしかできないスキルを磨き、上司のパフォーマンス向上に貢献できる秘書を育成することが求められているのではないでしょうか。

もちろん、AIやRPAを導入して多忙な秘書業務の効率化を図りたいとお考えのお客さまには、AI・機械学習 導入支援サービスや、RPA導入支援サービスなどのコンサルティングサービスもご用意しております。そちらもあわせてご検討ください。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

秘書研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!