ビルメンテナンス業界向け研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ビルメンテナンス業界向け研修

ビルメンテナンス業界向け研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

ビルメンテナンス業界を取り巻く環境や、人材育成の傾向

テレワークなどの働き方の多様化がすすみ、オフィスを縮小、もしくは解約に踏み切る企業も出てきました。販売経路をECサイトで展開する小売が増えたことで、今後は商業施設のテナント誘致も難しくなっていくかもしれません。ビル・施設を保有する組織は、その不動産の優位性をアピールする際に、メンテナンスがいかに行き届いている物件かをお客さまに訴えることが少なくありません。

こういった要望に沿い、メンテナンス業界で生き抜くためには、現場で働くスタッフの育成が鍵となります。

インソースでは、ビルメンテナンス業界からよくおうかがいする人材育成の課題を以下の3点にまとめました。
①現場におけるコンプライアンスの徹底
②部下・後輩の適切な育成
③関係者との適切なコミュニケーションによる連携と信頼関係の構築

日々現場で働く方々の中には、これまでOJTなどでしっかりとした教育を受けたことがない、なんとなく流されるがまま顧客対応をしているという場合もあるかもしれません。そんな方にとって、現場で生じる問題・課題は理論や学術で解決できるものではありません。

インソースの研修は、学びを現場で実践できるようになることを最終的な目標としています。「具体的にこうしたら・こんな風に視点を変えたら状況が改善した」という先人の工夫と苦労をもとにしたプログラム構成で、受講者の心に響かせ、実際に改善に乗り出すご支援をいたします。


ビルメンテナンス業界向け研修の特徴とポイント

現場におけるコンプライアンスの徹底

ハラスメントに対するアンテナが社会全体として高まっている昨今、職人気質な方が多い管理現場においては、これまで以上にコンプライアンスへの理解と、リスクの芽を事前に摘む言動が求められています。特に、現場を管理・監督するマネージャー層を先頭に、リーダー・メンバーまで全社員への研修を企画したいというお引き合いが多いです。

多様なメンバーがともに働くビルメンテナンスの現場では、自社のメンバーだけでなく協力会社への指示・指導において悩む方が多くいらっしゃいます。時には、下請事業者に対する優位的立場を意識しない厳しい言動が問題になることもあり、親事業者にはコンプライアンス遵守、ハラスメント防止を目的とした教育が必要とされています。

コンプライアンス・ハラスメント防止研修~協力会社のメンバーとのコミュニケーション編(半日間)
事例で学ぶハラスメント防止研修~管理職としてパワハラのもたらす損害について考える

部下・後輩の適切な育成

清掃管理、設備管理、保安管理などそれぞれに専門的な知識と経験が求められる一方で、働き方を含め人材の多様化が進んでいます。個々のスキル・課題・モチベーションの源泉を理解し、一人ひとりに合わせた適切な指導・育成ができる人材がどれだけいるかが、組織の今後の売上に大きく影響します。

ビル管理の現場においては、指導の仕方が我流となっているケースが多いです。また、シフト勤務が導入されている現場は周囲の目が届きにくいこともあり、メンバーの成長・モチベーションは現場の上司・先輩にゆだねられています。

メンバー一人ひとりに合わせた目標設定と指導・評価ができる管理者・指導者を養成することが優秀な人材の離職や流出に歯止めをかけ、サービス品質を継続的に向上させ、そのことがひいては組織の発展に繋がります。

部下とのコミュニケーション実践研修~多様化する部下への関わり方(1日間)
部下とのコミュニケーション実践研修~心理的安全性の高い職場を作る(半日間)
リーダーのためのレジリエンス研修~自分・部下・チームのレジリエンスを高める(半日間)

関係者との適切なコミュニケーションによる連携と信頼関係の構築

ビルメンテナンスにおいては、様々な役割を担うチーム同士で連携することが欠かせません。清掃や警備を協力会社に委託する場合も同様です。継続的かつ安定的にサービスを実現するために、関係者との適切なコミュニケーションと信頼関係の構築が肝要です。

メンバーの多くが自社の雇用者以外で占められる職場が増え、自社のメンバーにおいても働き方の多様化、働くメンバーの多様化が進んでいます。

現場の管理者には、業務委託先や派遣社員に対しても適切なマネジメントを行い、職場のコミュニケーションが活性化するよう働きかけ、成果を上げることが求められています。各々が最高のパフォーマンスを発揮できる環境をつくるために、以下のような研修も開発しています。

業務委託先とのコミュニケーション向上研修(半日間)
リーダーコミュニケーション研修~イマドキ世代・ベテラン世代の部下との関わり方編(1日間)


ビルメンテナンス業界向け研修ご検討のお客さまからのご質問

受講者を集められる時間帯や曜日がかなり限定されるのですが、夜間や土曜祝日でも研修実施は可能ですか?

A.もちろん可能です。その他、シフト勤務がある企業様では短時間の研修を別日で複数回に分けて実施いただいているケースも多いです。
また、集合型研修を一度実施し、その様子を撮影して動画教材用に編集・配信するといったことも可能です。詳しくは営業担当にお気軽にご相談ください。

当組織の状況を踏まえたケーススタディは作れますか?

A.作成可能です。受講者が頭を悩ませがちなシーンや人事ご担当者さまが想定されている課題をご教示いただくことで、貴社オリジナルの「リアル」なケーススタディを作成できます。現場の実態に即したケースで演習を行うことで、普段困っていることやその解決策などについて受講者同士で考え、共有することができ、そのまま現場の実践につなげられるという、高い研修効果を発揮することが可能となります。

また、ケーススタディの作成にあたっては、受講される方々にあらかじめ事前課題アンケートを実施することを推奨いたします。受講者の悩みや課題を具体的にくみとり、ケーススタディやテキストの作成に反映することができるようになります。

研修に慣れていない社員が多いのですが、集中して受講できるような工夫や仕掛けをしていただくことはできますか?

A.もちろん可能です。ただ、闇雲に時間を短縮することは推奨しておりません。「研修に慣れていない社員が多いので短時間で実施して欲しい」とリクエストいただくことがあるのですが、「研修が長い」と感じられる方にとっては結局何時間、何十分でも「長い」と感じられてしまうものです。弊社では、大切なのは「研修を受ける目的」を本人が理解し、納得していること、すなわち受講目的を明確にすることが肝心であると考えています。その為に、研修前にアンケートを実施し自身の課題を認識いただくことや、研修冒頭で「そもそも何故この研修を受けているのか」を明確にしていただくこと等の工夫を取り入れています。その他、同業界での事例や自社で生じたケースを扱う等、より研修を「自分事」として受け止めていただけるような仕掛けも行なっています。

近い業界出身の講師に研修を登壇してもらうことは可能ですか?

A.可能です。時期、開催地によって制約は生じますが、是非ご相談ください。

研修を通じて受講者さまの動機づけをし、学んだ知識を実践できるよう導くため、受講者と講師の「相性」は非常に重要であると考えております。まず基本的にには、お客さまの業界や受講者さまの職種について理解の深い講師をご提案させていただきますが、そのほかにもご要望(一人ひとりに寄り添う姿勢で親しみを感じさせるタイプ、適切な距離を保ち厳しく指導するタイプ、冷静・ロジカルに話すタイプ、熱く語りかけるタイプなど)がございましたら、ぜひお聞かせください。弊社では、「先生」としてではなく、ビジネスパーソンとして「現場」での豊富な経験をもとに、受講者の皆さまの内なる力を引き出すファシリテーターとして、ご支援をいただける「プロフェッショナル」な講師が多数在籍しております。いま、現場で苦労している受講者の皆さまと同じ目線に立ち、共感し、基本的な「型」のみならず、アドバイスや「ビジネスのコツ・勘所」なども合わせてお伝えできる、高い資質を持った講師ばかりですので、安心してご相談ください。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

ビルメンテナンス業界向けおすすめプラン

コンプライアンス遵守・ハラスメント防止の職場改善プラン

全4回で管理職と一般職でコンプライアンス遵守とハラスメント防止が守られる職場づくりを目指す。それぞれ、リスク管理や気持ちの持ち方などの内容も踏まえて研修を行う

管理職も若手も心の余裕をもって指導・成長していくプラン

管理職に「若手に厳しく言いすぎない適切な部下指導・職場づくり」、メンバーには「仕事と上手く向き合うレジリエンス・セルフプロモーション方法」を習得してもらう

全階層が各々に必要なコミュニケーション力を鍛えるプラン

新人~管理職の4階層に、役割に応じた意識とスキルの強化を図るコミュニケーション研修をそれぞれに実施する。これにより、全社でのトラブルの低減や生産性向上を目指す

ビルメンテナンス業界向け研修のおすすめ動画教材・eラーニング

ビルメンテナンス業界向け研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!