loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

4SHIP研修~視座を高め、組織的に活躍するための4つのシップ

4SHIP研修~視座を高め、組織的に活躍するための4つのシップ

リーダーに必要なマインドや高い視座での考え方を、4SHIPを中心に身につけ、影響力のあるプレイヤーになる

研修No.3110102

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • ・そろそろ管理職に昇格しそうな現場リーダーの方
  • ・管理職に昇格した方で、マネジメントとともに求められるリーダーシップを理解したい方
  • ・リーダーシップを現場でさらに効果的に発揮したいと考える管理職の方

研修内容・特徴outline・feature

中堅社員として次の「リーダー」に必要とされる役割期待を見据えて(エースプレイヤーに加えリーダー的な役割期待に応えるため)、視座を高くし、自分の枠を超えて、組織的に活躍するための4SHIPを習得します。

4SHIPとはオーナーシップ、リーダーシップ、フォロワーシップ、コ・オペレーションシップ(協働のあり方)です。

  • ・組織のことを自分事として捉える~オーナーシップ
  • ・周りに影響力を発揮するためのマインド・スキル~リーダーシップ
  • ・上司の支援と自律的な組織行動~フォロワーシップ
  • ・部署を超えた組織的な動きを生み出す合意形成~コ・オペレーションシップ

4シップの関係図

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.中核人材として求められる役割とは
    (1)立場を変えて考える中核人材としての役割期待
    【ワーク】上司や後輩があなたに期待している役割を書き出す
    (2)中核人材として求められる役割
    (3)中核人材として求められる行動~4SHIP
講義
ワーク
  • 2.組織を自分事として捉える当事者意識~オーナーシップ
    【ワーク】質問に対して、普段の自分の傾向を回答する
    (1)求められる心構え、役割認識~オーナーシップ
     ①求められる"当事者"としての真剣さ ②欠かせない"目的意識"
    (2)"居心地のいい"現状から一歩踏み出す
    (3)オーナーシップがある人の行動
     ①常に期待を上回る仕事をしようとする ②職場の問題は自分の問題と捉える
     ③結果を出すところまでが自分の仕事と考える ④有益な知識や経験を人と共有したがる
     ⑤必要ならば組織の垣根を越えて行動する
    【ワーク】自身のオーナーシップ度を振り返る
講義
ワーク
  • 3.周囲に影響力を与え、周りを動かす~リーダーシップ
    (1)リーダーシップとは
    (2)近年求められるリーダー像 ~自分の強みを活かしたリーダーシップ
    (3)多様なリーダーシップを発揮する
    【ワーク】自分の得意なリーダーシップを考える
    【ワーク】今後身につけたいマインドやスキルを考える
講義
ワーク
  • 4.上司の支援とメンバーのサポート~フォロワーシップ
    (1)リーダーとしての役割=リーダーでありフォロワー
     ①自分自身が部下として上司をサポートしていく役割(=フォロワー)
     ②部下に対し指導・支援を行っていく役割 ③業務推進者としての役割
    (2)フォロワーシップとは
     ①求められるフォロワーとしてのチーム貢献 ②要となる共通目標
    (3)よきフォロワーに求められる要件
     ①意図を汲む力 ②具体化する力 ③提言する力
    (4)フォロワーのタイプ
    【ワーク】自分のフォロワーのタイプを振り返り、「パートナー」タイプのフォロワーを目指すために必要なことを考える
    (5)上司を知り、信頼関係を構築する
     ①「指示をもらう相手」から「要請に応える相手」へ ②上司の判断軸を理解する
    【ワーク】自分の上司の判断軸について具体的に書き出す
     ③上司の判断を助けるための報告 ④理解と実績の先にある「信頼」
    (6)上司を動かす ~支援要請と意見具申
     ①目的志向で語られる意見は強い ②具体的にどうすべきかまで提案する
     ③不平不満を含めて意見しない ④効果的なタイミングを見計らう
    【ワーク】今まで意見具申したことを振り返り、共有する
講義
ワーク
  • 5.他部署との調整、合意形成~コ・オペレーションシップ
    【ワーク】他部署との調整や合意形成で工夫していることを共有する
    (1)関係者を洗い出す
     ①関係者は誰かを考える  ①関係者は誰かを考える
    (2)他部署と協働するために求められる人間力・行動
     ①周りを巻き込む力 ②人間を観察する力 ③説得する力、納得させる力
    【ワーク】巻き込み力、調整力について自己評価をつける
    (3)インフォーマルコミュニケーション~事前の関係構築
    【ワーク】折衝・調整を行っている関係者と内容を整理する
    (4)コンセンサス・マネジメントのポイント
     ①キーパーソン(本件に関する重要人物)にアプローチする
     ②中身以外(特に人間関係)にも配慮する ③タイミングよく
    【参考】折衝・交渉を行う際の留意点
講義
ワーク
  • 6.まとめ ~現状の課題と今後の改善点
ワーク

5924

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.2%

講師:大変良かった・良かった

97.3%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2022年3月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 4SHIPを良い形で発揮するにあたって、最も必要とされる要素は、知識量・経験に基づく自信と良い意味で控え目なコミュニケーションであると感じました。知識や経験に基づく発言・助言には説得力が増し、上司は安心できると思ったので、知識の探求に制限を設けず広く学び続けたいです。
  • 個人主義で知識と自信を押しつけてしまわないよう、一歩引いて相手を聞く力と説得力のバランスが取れた人材になりたいです。部下の活かし方についての心構えや上司に対する接し方を棚卸しできて良かったです。
  • 普段の上司・メンバーとのコミュニケーションで工夫していたポイントが言語化できました。自分の関連する部署範囲しか意識していませんでしたが、組織全体に影響を与える提言をするなどは今後やってみようと思いました。
  • 上司の言う視座とは何か、何を求められているのか、自分自身に足りていない要素であるオーナーシップやコ・オペレーションシップを理解することができました。自ら働きかけ、相手に影響を与えて、相手を動かします。

実施、実施対象
2022年2月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • いきなり理想を目指すのではなく、日々理想に近づき成長できているかを振り返ることを大事にします。これまで自己流で身につけてきたマネジメントスキルを俯瞰し、不足部分を可視化できました。
  • 一緒に仕事をする他者と自分との関係において、自分が期待されている役割やタスクをよく理解したうえで業務を推進していきたいです。自身の役割やタスクを再認識できました。
  • 業務の進め方や周りとの関わり方など、相手によって行動を変える必要があること、求められているものが違っていることを念頭において行動します。
  • フォロワーシップで自分の視点や視野が足りない部分が多いので、今まで以上にパートナーの役割を果たせるよう成果を出したいです。事業の中核を担うためにも、今後他者を巻き込む力を身につけます。

実施、実施対象
2022年2月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自身だけでなく上下の立場を考えたうえで行動をします。フォローする側される側という視点を考えて、マネジメント業務に活かします。
  • 上司やキーパーソンの価値観・判断軸をよく観察します。そのうえで、判断軸を理解し合意形成までのスピードを速められるようになりたいです。
  • 上司やチームメンバーとの接触の機会を増やして、円滑に業務が回せるよう努めます。他部門とも協働し、会社に利益となることを推し進めます。
  • 中堅社員やマネージャークラスを目指していくうえで、必要な考え方を理解できました。周りを巻き込む力を身につけ、他チームと円滑に業務をすすめていきたいです。

実施、実施対象
2021年12月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「コ・オペレーションシップ」が4SHIPの中で最も弱いと気づくことができました。事前に他部署との根回しに十分時間をとり、キーパーソン対応をしっかり行います。
  • チームの運営やメンバーへの働きかけの場面で実践してみる。リーダーシップだけではなく、4SHIPを活用して組識内の中核人材となれるように意識します。
  • 言われたことだけ、自分のことだけでなく、「組識」を意識して自分事として仕事をします。自分にあったリーダーシップを学べたので、それを考えながら仕事に取り組みます。
  • 4つのシップについて、これまでの行動を振り返るきっかけになり、苦手なことや課題も見えてきた。無意識に行っていたことを、明日からは意識して取り組んで改善する。テキストは時々見直し、改善しているか確認する。

実施、実施対象
2021年10月     19名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
89.5%
参加者の声
  • 仕事への熱量をなかなか具体化できずにいたので、これからは自分発信で、業務改善や営業戦略などを提言していきます。
  • 中堅社員として、リーダーシップをもっと発揮していかなければと感じました。周りを巻きこんで自ら行動するということが少し苦手ですが、少しずつでも自ら行動していきたいと思えました。
  • 4SHIPの内容を見直し、社内でのコミュニケーションを活性化して信頼される人間性を得たいです。中堅社員になっていくうえで、周囲を巻き込んでいけるようなリーダーシップをまずは修得します。
  • リーダーシップの「巻き込み型」「ビジョン型」は自分に足りていない部分だった。また、コ・オペレーションシップの部分を全て出来ていなかったので、一から勉強したい。
  • 4SHIPを学んで、リーダーシップ以外にも様々なSHIPがあることを理解できました。個人的には、何事にも積極性を持って取り組むことで、職場を引っぱっていける存在になります。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.2
講師がとても良い・良い
97.3

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修