対象者

・システム運用業務の現場リーダー、管理職、プロジェクトマネジャーの方
・業務開始時、業務期間中、節目(年度末など)の業務の振り返りができていない方
・記録は残しているが、内容を更新していないので形骸化したり、内容は良いが実際に活用されていないという課題をお持ちの方

本研修の「ねらい」

本研修は、自部署やプロジェクトの属人化の課題を整理し、属人化解消のために必要な情報(ナレッジ)をどのような目的で、どのような成果物を作成し、またそれをどのように活用・展開していくかといった、ナレッジマネジメントの職場での実践を具体的に考えていただく研修です。

継続的に運用業務は続きますが、四半期や年度末で振り返り、課題点や獲得したナレッジを整理し、それらを職場の課題に合わせてどのような場面、方法で活用するかを具体化していただきます。


研修プログラム例

B KNW104-0000-3960

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.属人化防止について
    (1)【ワーク】自部署(プロジェクト)で発生している属人化の事象について洗い出して共有する
    (2)属人化が発生する原因
      ①同じ仕事を長期間行うことが多い ②技能・知識の難易度
      ③情報共有の不足 ④業務を標準化しようとする風土がない
      ⑤自分の優位性を保ちたい
      ⑥自分のやりたいようにやりたい(ミスを隠す)
      ⑦忙しすぎる(自分がした方が早い、マニュアルを作る時間がない)
    (3)属人化のリスク
      ①問題、トラブル発生時のフォローができない
      ②特定の人がいないと業務が進まない ③知識、技術の喪失
      ④生産量に限界がある(組織の力とならない)
      ⑤若手が育たない ⑥不正が起こりやすくなる
講義
ワーク
  • 2.ナレッジの活用の目的を整理する
    (1)ナレッジに関する職場の課題
    (2)ナレッジの活用目的を整理する
    【ワーク】ナレッジの活用で解決したい職場の課題とそのために必要なナレッジについて改めて整理する
講義
ワーク
  • 3.すでに作成したマニュアルの内容を見直す
    【ワーク】2章で考えた「必要なナレッジ」に即して現在のマニュアルに不足しているコンテンツについて考える
ワーク
  • 4.ナレッジの抽出
    (1)暗黙知と形式知
    (2)ナレッジ保有者を整理する
    【ワーク】自身が保有するナレッジや、職場で有用なナレッジを保有している方を整理する(既存のマニュアルも含む)
    (3)ナレッジの抽出方法
     ナレッジ保有者にマニュアルを作成してもらうか、ヒアリングして自分が作成するか
    (4)ヒアリングの方法
講義
ワーク
  • 5.ナレッジの蓄積
    ■記録に残すべきこと
    【ワーク】現在どのような情報を記録しナレッジとして蓄積し活用しているかを洗い出す
講義
ワーク
  • 6.ナレッジを共有する
    (1)最適な保管の形を考える
    (2)格納ルールの決定
    【参考】保管するフェーズでのポイント
講義
  • 7.ナレッジを伝える
    (1)良いナレッジを作成してもそれを伝えなければ意味がない
    (2)伝達方法を具体化する
    ※具体例
    ・主体者:管理者(プロジェクトリーダー)である自分が説明
    ・活用ドキュメント:
     業務手順変更書(業務フロー、業務内容の変更の記録、理由と変更内容)と変更点を反映した修正版の業務手順書を使用
    ・シチューエーション:メンバーを全員集めてオフィスで
    ・方法:1時間程度で、業務手順変更書に基づいて、業務の変更点とその変更理由、業務を行う場合での留意点をレジュメにまとめて説明。
     また変更点を反映した新しい業務手順書を資料として使いながら説明する
講義
ワーク
  • 8.ナレッジを更新する
    (1)ナレッジは変化するもの
    (2)ナレッジのメンテナンス ~マニュアルの改訂
講義
ワーク

※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

テキスト作成者から

これまで弊社でも、属人化防止に向けての、ナレッジマネジメントやマニュアル作成、業務フロー作成など、ナレッジを「文書化」する研修はありました。しかし、それを自分ではなく他のメンバーとともにどのように実際に作成するか、そもそもどのようなナレッジが職場で必要か、まとめたナレッジを作っただけでなく、どのようにメンバーに浸透させるかなどナレッジマネジメントの実践に特化した研修がこれまでなかったため新しく開発しました。標準版システム運用担当者向け開発者向けの3種類があります。

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



ナレッジマネジメント研修の評価
年間総受講者数
616
内容をよく理解・理解
93.8
講師がとても良い・良い
94.1

※2018年4月~2019年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■指導者向け
■監督者向け
■管理者向け
■業界別
<関連サービス>
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

インソースコラム モチベーション

階層別OJT構築コンサルティング

ストレスチェック支援サービス

他社事例に学ぶ メンター制度を有効に機能させるためのポイント

「プロ」のおすすめ インタビューリレー

三分間研修学

インソースフォーラム2019 全国6都市でお申込み受付中!

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!