loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(半日研修)仕事の進め方研修~アンラーニングで思考の硬直化を防ぎ再成長を図る

(半日研修)仕事の進め方研修~アンラーニングで思考の硬直化を防ぎ再成長を図る

「アンラーニング」を通じて成長の壁の打破を図るとともに、業務の改善や事業の改革につなげる

研修No.2000303

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • 管理職層

・中堅社員の方
・現在の業務を担当して3年以上経過している方
・数年後に管理職になることを見据えている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 仕事に慣れるとともに新しいスキルを身につける機会が減ってきた
  • 予定調和的な仕事が増え、新たなことにチャレンジする気持ちが弱くなっている気がする
  • 数年後には管理職になる想定だが、今のままの考え方でいいのか不安である

研修内容・特徴outline・feature

経験を積み、実績を上げてきたビジネスパーソンには、成果を出すための考え方のパターンが身についています。しかし、そのパターン化されたやり方が変化する時代に合わなくなってきたり、さらなる成長の障害となっていたりすることもあります。この研修では、一定のキャリアを持つビジネスパーソンが、さらなる飛躍を図るために、「アンラーニング」という考え方を身につけ、様々な仕事の場面で取り入れる方法を学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①アンラーニングという考え方の必要性が理解できる
  • ②どのような思考習慣を持つことが自身の思考の硬直化を打破する上で有効かが理解できる
  • ③アンラーニングの実践方法を自身の業務の中に落とし込むことができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.成長の停滞感の背景にあるもの
    【ワーク】自身の今の仕事への"慣れ"の度合いをチェックする
    (1)経験の陳腐化が加速する時代
    (2)単純な積み上げでは成果が上がらない時代
    (3)"新たな学び"をためらいがちな中堅社員の実情
    ①中堅期は過去の学びの"収穫期"
    ②「まだ大丈夫」と考える正常性バイアス
    ③「成功体験」という甘い罠
講義
ワーク
  • 2.アンラーニングとは何か
    【ワーク】過去に自分が習得したノウハウが通用しなくなってきた例を共有する
    (1)「アンラーニング」とは学びの入れ替え
    (2)様々なアンラーニングすべきもの
    ①仕事の進め方や手順
    ②顧客やマーケットの捉え方
    ③人の考え方や価値観
    ④マネジメントのし方
    ⑤自分自身に対する理解
    (3)個人におけるアンラーニングのメリット
    ①成長の踊り場における自身の再活性化
    ②業務ノウハウのポータブルスキル化
    (4)組織におけるアンラーニングのメリット
    ①既存のやり方を見直す「改善」
    ②新たな突破口を見つける「変革」
講義
ワーク
  • 3.アンラーニングの3ステップ
    (1)STEP1:「内省」~硬直化した自分の思考を振り返る
    (2)STEP2:「選別~」本質だけをクリティカルに見極める
    (3)STEP3:「行動」~敢えて違うやり方を自分に強制する
    【ワーク】ケースを題材にアンラーニングの3つのステップを疑似体験する
講義
ワーク
  • 4.アンラーニングのコツと留意点
    (1)アンラーニングが必要となるタイミングとは
     ①「最近、予定調和的に仕事が進められるようになった」
     ②「自分の立場が確立され人に振り回されることが少なくなった」
     ③「仕事で上手くやれるかどうか心配になることが減った」
    (2)敢えて自分を"違和感のある環境"に置く
     ①不慣れな環境に敢えて身を投じる
     ②異なる価値観を持つ人との交流を持つ
    (3)アンラーニングを求める際の注意点
     ①手放すのは「やり方」であって「業務」ではない
     ②今までやってきたことが「無駄」というわけではない
     ③アンラーニング中はラーニングできないわけではない
     ④「内省を促す」ことは「反省を求める」こととは違う
    【ワーク】本日のグループワークの中で得たアンラーニングの効果を共有する
講義
ワーク
  • 5.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

中堅クラスになると、現場では「ベテラン」として扱われるようになり、実務においては自他ともに誰よりも通じた人、という立場となることと思います。外から見ると、「うまく仕事をこなしてくれている」ように見えるものの、自分の中では何となく成長の停滞感を感じているのもまた事実ではないでしょうか。そんな感覚を覚え始めているとしたら、まさに今が「アンラーニング」のベストタイミングです。アンラーニングは学んだことをゼロにリセットすることではありません。具体的な仕事のやり方や考え方一度手放すことで、逆に仕事におけるエッセンスだけを残すことと言えます。このアンラーニングを定期的に繰り返すことが、継続的なステップアップにつながることを、この研修を通して学んでいただきたいと思います。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修