loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

【極意シリーズ】プロジェクトマネジメント研修~心得・立上げ・推進・ツール(2日間)

【極意シリーズ】プロジェクトマネジメント研修~心得・立上げ・推進・ツール(2日間)

プロジェクト管理作業を、「誰を相手にどんなコミュニケーションをどんな技術で」の観点から学ぶ

研修No.6400200

insourceデジタルアカデミー

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・プロジェクトマネージャー初心者、または経験があってもまだ少ない方

よくあるお悩み・ニーズ

  • プロジェクト計画立案に悩んでいる
  • お客様を含めたステークホルダーとのコミュニケーションの在り方を知りたい
  • 品質管理やリスクマネジメントの在り方を知りたい

研修内容・特徴outline・feature

プロジェクトマネージャーの仕事は多岐に渡ります。そこで、プロジェクトマネージャーの心得から始まり、
・プロジェクトを取り巻くステークホルダーの認識とコミュニケーションについて
・品質管理、進捗管理、費用管理、リスク管理で行うべき事柄と技術
・プロジェクト管理作業へのツール適用
の3点について、実経験に基づく知見として学んでいただきます。

※本研修は「プロジェクトマネジメントの極意シリーズ」の研修です

到達目標goal

  • ①プロジェクトマネージャーの作業や責任を説明できる
  • ②プロジェクト計画書を作成できる
  • ③プロジェクトマネージャーとして行うべきQCD+R管理の進め方を理解する

研修プログラム例program

  内容 手法
  • ■プロジェクトマネージャーの心得
    1.プロジェクトマネージャーとは
    2.プロジェクトの失敗に学ぶ
    3.プロジェクトを成功に導く秘訣
講義
  • ■プロジェクト立上
    1.本研修での力点の置き方と構成内容
    【ワーク】プロジェクト立上に当たって
講義
ワーク
  • 2.体制検討・確認:プロジェクトの登場人物 (含む:ステークホルダー)
    (1)プロジェクトをとりまく登場人物を洗い出す
    (2)プロジェクトを構成する登場人物を洗い出す
    (3)プロジェクト体制図事例
    【ワーク】プロジェクト関係者について
講義
ワーク
  • 3.WBSの策定
    (1)WBSの徹底活用がプロジェクトマネジメントの第一歩
    (2)WBSの作り方の基本
    (3)WBSの策定
    【ワーク】コールセンター導入検討プロジェクトのWBSの完成
    (4)WBSの作業要素の検証
    【ワーク】WBSの順序性やクリティカルパスの確認(PDMの作成)
    (5)役割分担と作業時間の見積り
講義
ワーク
  • 4. プロジェクト計画書策定
    (1)プロジェクト計画書に記載すべき事項
    (2)プロジェクト計画書事例(一部)
    (3)コミュニケーション:プロジェクト計画書の承認獲得を目指して
    【ワーク】エグゼクティブサマリー
講義
ワーク
  • 5.おわりに
    【ケーススタディ】プロジェクト計画審査を通らない状況への対処
ワーク

  内容 手法
  • ■プロジェクト推進
    1.本研修での力点の置き方と構成内容

    【ワーク】プロジェクト推進に当たって
講義
ワーク
  • 2.体制検討・確認:プロジェクトの登場人物
      システムインテグレーションプロジェクトの場合
講義
  • 3.Quality:品質管理
    (1)バグの発生と発見
    (2)品質管理における確認ポイント
    (3)品質向上施策
    (4)コミュニケーション:品質状況の報告と対策の承認獲得に向けて
    【ワーク】バグ曲線を見て
講義
ワーク
  • 4.Cost/Delivery:費用管理、進捗管理
    (1)費用管理
    (2)進捗管理
    (3)コミュニケーション:進捗・費用状況の報告と承認獲得に向けて
    【ワーク】遅れの原因の推定と対処
講義
ワーク
  • 5.Risk:リスク管理
    (1)リスク管理項目
    (2)リスク管理表事例
    (3)コミュニケーション:リスク状況報告と承認獲得に向けて
    【ワーク】あるリカバリ策を見て
講義
ワーク
  • 6.おわりに
    【ケーススタディ】バグ曲線が寝ない場合の対処
ワーク
  • ■プロジェクト管理作業へのツール適用
    1.本研修での力点の置き方と構成内容
講義
  • 2.プロジェクトマネジメントへのツール適用の勘所
    (1)プロジェクト状況の可視化に向けた道具立て
    (2)WBS上の作業項目に付加された情報の活用
    【ワーク】 EVM指標を見て
講義
ワーク
  • 3.おわりに
ワーク

企画者コメントcomment

計画主導型(Waterfall型)開発プロセスは、現在でも堅く開発を進めたいプロジェクトでは数多く採用されています。この計画主導型開発プロセスにてプロジェクトが発足し、プロジェクトマネジャーとして腕を揮う際に、知っておきたい知識や技術について、実践経験に基づいて研修を組み立てています。特にプロジェクト計画策定時に、お役に立つべく、内容を整理しております。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

実施、実施対象
2020年9月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
66.7%
参加者の声
  • スコープの合意や、メンバーのモチベーション維持のためのコミュニケーション等を、今のプロジェクトの改善につなげていきたいです。
  • プロジェクトの目的と目標を共有すること、フェーズゲートの計画をたてること、全ての初動で原因分析を怠らないことを心掛けます。
  • メンバーのモチベーションを踏まえ、短期的、長期的な目標を設定し、日々の業務を良いものにしたいです。また、全メンバー、全タスクを視覚的に表現できる資料を作成し、リスク問題の分析に役立てます。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

研修を探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
開催地で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修