loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

プロジェクトマネジメント基礎研修

プロジェクトマネジメント基礎研修

プロジェクトマネージャーとして遂行に必要な手順を理解し、チームとして高い成果を出す方法を習得

研修No.2400000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • ・初めてプロジェクトマネージャーになった方
  • ・初めてプロジェクトを管理・運営をする方
  • ・プロジェクト、企画の実行において課題を感じている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • スケジュール管理や計画の立て方について、どうすればいいかわからない
  • チームの管理がうまく出来ていない、メンバーとの関与が苦手だと感じている
  • 計画したことの結果を確認し、再策定する流れがうまく作れない、継続し続けることが難しい

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、プロジェクトマネージャーとして遂行に必要な手順を理解し、高いパフォーマンスを生むチームの構築ができる手法を学びます。

<研修のポイント>
・プロジェクトの定義~チーム全体の目標を明確にする
・業務管理のための計画~スケジュール作成・リスクとコストのマネジメント
・プロジェクトマネジメントの実施~進捗管理・関係者とのコミュニケーション
・プロジェクトの終結~次のプロジェクトのためのPDCAと評価

到達目標goal

  • ①普段プロジェクトマネジメントの上で困っていることを改めて考え、現状を把握できるようになる
  • ②プロジェクトの関係者に参加意識を高めてもらう工夫を考えることができる
  • ③プロジェクトのスケジュール(ガントチャート)作成ができるようになる
  • ④進捗管理のために、部下からのどういったホウ・レン・ソウ(報連相)が重要となるか、洗い出せるようになる
  • ⑤今後どういったプロジェクトマネージャーになりたいか考え、今後の自身の目標を立てられるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.プロジェクトとは
    (1)「プロジェクト」とは
    (2)日ごろ困っていることを考えてみる
    【ワーク】日ごろ困っている内容の共有
    (3)プロジェクトが行き詰ってしまう原因
講義
ワーク
  • 2.プロジェクトマネジメントのステップ
講義
  • 3.定義 ~プロジェクトの明確化
    (1)目標を明確にするために
    (2)SOW(Statement of work)
講義
ワーク
  • 4.計画① ~スケジュール作成
    (1)関係者を洗い出す
    【ワーク①】関係者の洗い出し
    【ワーク②】関係者の肯定的な参加意識を高める方法を考える
    (2)作業を洗い出す
    【ワーク】WBSを作成する
    (3)作業の依存関係を確認する ~ネットワーク図の作成
    (4)役割分担と作業時間の見積もり
    (5)スケジュール作成
    【ワーク③】ガントチャートの作成
講義
ワーク
  • 5.計画② ~リスクマネジメント
    ■リスクマネジメントを行う
講義
  • 6.計画③ ~コストマネジメント
    ■コストマネジメントを行う
講義
ワーク
  • 7.実施 ~プロジェクトの進捗管理
    (1)進捗管理とは
    (2)進捗管理の仕方
    (3)進捗管理上の留意点
講義
ワーク
  • 8.終結 ~プロジェクトの振り返り
    (1)仕事のPDCAサイクル ~「同じ轍は踏まない」
    (2)評価する項目
    (3)文書にまとめて完了報告をする
講義
  • 9.プロジェクトマネージャーのキャリアアップ
    ①どのように業務で活かしていきますか?
    ②今後どのようなプロジェクトマネージャーになりたいですか?

    【参考①】関係者とのコミュニケーション
    【参考②】仕事観の優先順位を明確にする
ワーク

企画者コメントcomment

プロジェクトマネジメントは企画を具現化する基本となります。しっかりと習得すれば、あらゆる場面で応用できます。研修では、課題をイメージしやすくなるように、ワークを交えながらプロジェクトを運営していく上で起こりうる問題や対処法などを紹介していきます。今までプロジェクトマネジメントの経験がない方でも、安心して受講していただけます。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

95.8%

講師:大変良かった・良かった

91.7%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年8月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 作業に追われて品質が下がっているのを感じていたので、自分の作業を整理して活用していきます。
  • プロジェクトにおいて、目的を明確化することが始まりであり、それがブレていたら計画も全てブレてくるということが分かりました。今後に活かしていきます。
  • プロジェクトが終ったときにふり返りをすることが大事と感じました。うまくいっても、問題があっても、ふり返りにより良い点・悪い点を洗い出し、次回に活かせるように実行していきます。
  • プロジェクトにおける目的の重要性を念頭に置き、例え大規模なプロジェクトでなくても意識したいと思います。成果物や納期だけでなく、メンバーー人一人に気を配れるリーダーになりたいです。
  • プロジェクトの計画段階での準備が大切であるので、スタート前が重要だと分かりました。また、進捗管理に対しておさえるポイントも理解できました。

実施、実施対象
2020年7月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 現在取り組んでいる案件を本日学んだスキルに落とし込んで、PDCAサイクルを回して、プロジェクトを進めるようにして目標達成できるよう活かしていきたいです。
  • プロジェクトくずれを起こさないように、リスクの対応を理解することを心掛けたいと思います。
  • 目的を理解することを忘れて作業ばかりに目が行っていたことに気付きました。また、作業が終わった後の振り返りが不足していたため、今回学んだことを活かしたいです。
  • 複数の人と共同で進める作業をプロジェクトと捉え、PDCAの精度を上げられるように、本日学んだ計画の作り方や進捗管理などを実践します。

実施、実施対象
2020年6月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • チームメンバーと共通意識をもつことの重要性が分かりました。また、学んだことを営業にも活かしていきたいと思います。
  • 研修を受講してクリティカルパスの重要性を再認識した。課題管理表を次のプロジェクトに活かすべく、見直していきたい。
  • メンバーとのコミュニケーションは大切だと感じた。メンバーのスキルアップやリスクコミュニケーションなどを行っていきたい。

実施、実施対象
2020年3月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90%
講師:大変良かった・良かった
90%
参加者の声
  • 作業の洗い出しから、工程管理、リスクを常に考え、プロジェクトをマネジメントしていけるようにしていきたいと思います。
  • プロダクトスコープ、プロジェクトスコープ、品質、コスト、納期を意識して日々の業務に取り組みたい。
  • まずはコミュニケーションをとっていきたい。反発が起こらないようなマネジメントを目指したい。
  • プロジェクトの全体設計など、プロジェクトを円滑進められるように管理業務に生かそうと思いました。
  • WBSから今一度見直したいと思います。年間の業務計画、システムの導入プロジェクトに活かしていきたいです。

実施、実施対象
2020年2月     17名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.1%
講師:大変良かった・良かった
94.1%
参加者の声
  • プロジェクト管理(進捗)の手法を活かしたい。また、コミュニケーション(周囲とのかかわりあい)を改善したい。
  • 現状、メンバーのタスクが多くなってきた時に思わず自分で対応を進めてしまい、結果的にメンバーの成長を止めてしまっているので、今後はメンバーのことをもっと信頼して任せていけるように改めます。また、相談を受けた際には、適切な回答、受け答えを心がけます。
  • 複数の専門領域から成るプロジェクトが多いので「異なる視点で考えることの重要性」を各員に伝えていきたい。
  • スピードを重視しながら、確実に成果を出せるよう、プロジェクトマネジメントの各ステップを実行していきたいと思います。優先順位の考え方とOODAループも参考になりました。
  • プロジェクトを成功へ導くにあたり、コミュニケーション能力、情報の共有、各種報告が重要であることを再認識しました。失敗も次のために活かせるように直ちに改善案を出すようにします。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
95.8
講師がとても良い・良い
91.7

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修