loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

リーダーのための仕事の進め方研修~部署をまたぐプロジェクトを進める

リーダーのための仕事の進め方研修~部署をまたぐプロジェクトを進める

部門を横断した仕事をするために必要な「目標」・「計画」・「巻き込み方」のスキルを学ぶ

研修No.2000302

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・部門を横断した社内プロジェクトを推進する方

※他者を巻き込んで業務やプロジェクトを進めていく方法を学びたい若手の方には、「(若手向け)仕事の進め方研修~周囲を巻き込みプロジェクトを推進する」がおすすめです

よくあるお悩み・ニーズ

  • 完了まで1~3か月程度かかる仕事を任せられたが、何から手をつけてよいかがわからない
  • 計画を立てても、その通りに進まない
  • 部署を横断した業務を進めることに苦労している

【お知らせ】本研修は「仕事の設計力向上研修~全体像を捉え、精度を高める」というタイトルから、現在のタイトルへと変更しております

研修内容・特徴outline・feature

現在の所属部署を超えて、業務を遂行できることはとても高度なスキルです。漠然と他部署に協力を要請したのでは、当然うまくいきません。スキル習得のためには、全体像を捉え他者を巻き込み、計画通りに進めることが重要です。本研修では部門を横断して、仕事を進めるために以下のポイントを学びます。

①完了までの計画を分解し、計画のために何が必要かを知る
②目的の明確化の方法
③計画を立てるために欠かせない、全体像の描き方
④他者を巻き込みながら進めるためポイント

到達目標goal

実際のケーススタディを通して、それぞれのポイントや考え方などを学んでいただきます。

  • ①具体的な目標の立て方がわかり、目標に沿った計画を立てられるようになる
  • ②計画を立てるにあたって仕事の全体像を描けるようになる
  • ③全体像を踏まえた、無理のない現実的な計画を立てられるようになる
  • ④計画通りに進めるために必要な他者の巻き込み方法を知ることができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.「計画」について改めて考える
    【ワーク】計画作成にあたり、どのような点で行き詰ってしまうのかを考える
    (1)なぜ計画が必要か
    (2)計画を構成する要素 
     ①目的 ②目標 ③スケジュール ④役割分担 ⑤実施方法 ⑥コスト
講義
ワーク
  • 2.自分事として捉える当事者意識 ~オーナーシップ
    (1)求められる心構え、役割認識 ~オーナーシップ
    【チェックシート】普段の傾向をチェックし、自身のオーナーシップを振り返る
    (2)「自分が決めないと進まない」と心得る
    (3)プロジェクトを進めるうえでの説明責任
講義
ワーク
  • 3. 目的を明確にし、具体的な目標を決める
    (1)プロセス1 ~「なぜやるのか」という目的を明確にする
     ①目的の重要性
     ②同じ指示でも目的によって成果物は変わる
    (2)プロセス2 ~具体的な目標を決める
    【ケーススタディ①】若手の離職防止プロジェクトの目的と目標を考える 
講義
ワーク
  • 4. 計画を立てる①~全体像を描く
    (1)やるべき業務を洗い出してみる
     ①頭の中にある情報をすべてアウトプットする
     ②各業務の関連性を確認する
     ③すべて自分で進めるつもりでプロセスをシミュレーションする
     ④お金がかかるものは再考する
    【ケーススタディ②】若手の離職防止プロジェクトの一環である、先輩面談の準備に必要な業務を洗い出す
    (2)一覧表を作る
     ①自分で行うものとお願いするもの(他部署依頼)を分ける
     ②それぞれの業務に必要な時間を見積もる
     ③各業務に明確な締切を設定する 
     ④マイルストーンを設定する 
    【ケーススタディ③】若手の離職防止プロジェクトの一環である先輩面談に必要な業務を整理する
    (3)進捗確認の方法を決める
    【参考①】進捗が遅れている、計画と大きくズレが生じていたら
    【参考②】様々な進捗管理ツール
講義
ワーク
  • 5.計画を立てる②~後で「しまった!」と言わないために
    (1)過去の類似案件を確認し、その進め方を真似する
    (2)上長・周りを味方につける ~全くわからない業務は素直にきく
    (3)リスクを考える
    【ケーススタディ④】若手の離職防止プロジェクトの、準備段階でのリスク、面談日当日のリスクを考える
講義
ワーク
  • 6.計画を実現する
    (1)スムーズな実現に向けて ~周囲を巻き込む
     ①上長や各部署長に承諾を得る ②キックオフミーティングを行う ③説明資料を作る 
    (2)確実に実行する
     ①正しく伝える ②依頼して終わりではなく、進捗状況は適宜確認する ③自分が一番汗をかく
    【ケーススタディ⑤】若手の離職防止プロジェクトにて、他部署の上長に協力の依頼をする
講義
ワーク
  • 7.まとめ
ワーク

5971

企画者コメントcomment

社内を横断したプロジェクトや仕事を進めるうえで、「なぜやるのか(目的)」「いつやるのか(計画)」「どのようにやるのか(巻き込み)」の3つの視点は欠かせません。その視点で考えるためには仕事の全体像を捉えることが重要です。本研修ではケーススタディを用いながら、仕事の全体像を捉えることをベースに、計画通りに進めるためのポイントを学んでいただきます。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.5%

講師:大変良かった・良かった

98.2%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2022年5月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • プロジェクトでやるべきことがまとまっており、勉強になりました。特に「いつから」という視点は、締切に追われないためにも活かします。
  • 全社プロジェクト業務において、活かしていきたいです。WBSを用いて、プロジェクトを計画的に進められるように改善します。
  • 人に寄り添い、信用してもらえるように自分自身を見直したいです。タスクの内容をしっかり理解して、相手に細部まで伝えられるようにします。

実施、実施対象
2022年3月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
85.7%
参加者の声
  • プロジェクトを始める際は、そのプロジェクトの目的をしっかり定めることが大切だと改めて感じましたので、目的設定を重要視していきます。
  • プロジェクト進行のタスク・進行チェックなど、やるべき業務を洗い出し具体的な目標を立て進めていきます。リスクと予防策を挙げていくと分かりやすいので、リスクマネジメントを意識して活かしていきます。
  • 現在苦労しているプロジェクトの原因が明確になり納得したと同時に、適切な選択ができていないことも明瞭となったため、今回学んだ内容を実施していきます。

実施、実施対象
2022年2月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
83.3%
参加者の声
  • 仕事を依頼する際は、「目的」をしっかり伝えることを意識します。仕事を依頼する際は、相手に当事者意識を持ってもらうような働きかけが重要 だと思いました。
  • リーダーシップの正解はないが、周囲を巻き込みやすい技法を教えていただいたので、気持ちよく働ける方法を模索します。
  • WBS、タスク、関係者、マイルストーンなどを整理して、関係者と共有する。雑談、相談を通じて気付きを増やしていける職場の雰囲気づくりを目指す。
  • どのような場面でもコミュニケーションが大切となり、特に自身の立場関係なく、リーダーとして全てのプロジェクトに臨むという姿勢により、多くの課題や解決策を事前に推測することができると感じた。そうした俯瞰した視野を引き続き意識していく。
  • 仕事を進めるにあたって、目的の明確化、役割意識、他社との協力・コミュニケーションが重要なポイントであることを認識しました。タスクやスケジュールの管理はもちろんのこと、なぜこの仕事を行うかという目的の意図をしっかり伝えるようにします。

実施、実施対象
2022年1月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
83.3%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 改めて、事前準備に重きをおきます。今まで以上に自分事としてとらえ、関係者と同じ目的・ゴールを共有してプロジェクトを推進することを自分で実施するだけでなく、自部門の若手メンバーにも伝えたいです。
  • 計画、準備の周到さ、リスクマネジメントについて学びました。全てにおいて、事前準備を徹底します。
  • 体系立てたものを使って、プロジェクトを進めるうえで本研修の内容を確認しながら活かします。目的・目標を絶えず確認し、共有を図ることで、ブレがないようにしたいです。

実施、実施対象
2021年8月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 円滑にプロジェクトを進めるための根回し等、自分以外に行動してもらえるように取り組みます。また、他部署の協力を得られるよう、目的や具体的な目標をはっきりと先方へ伝えられるようにします。
  • 仕事の進め方の振り返りをして、改善点を把握する。目的を明確にして、達成のためにやるべきことも明確にしていく。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
96.5
講師がとても良い・良い
98.2

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修