情報活用研修

情報活用研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の目的・特徴

情報活用とは合理的判断をするためのもの

インソースでは、「情報活用」とは合理的判断を下すための手法と捉えています。仕事とは不確実性との戦いです。不確実性の存在する中で、より確かな判断を行うためには、①判断のベースとなる客観的根拠(=情報)と、②客観的根拠に基づく判断の合理性が求められます。この2つが組み合わさることにより、よりよい結果に至る可能性が高まり、また、もしそうならなかった場合でも、問題の要因が特定しやすくなります。

情報収集の前に~仮説設定

ある課題を検討するに当たって情報を収集しようと思っても、あたりをつけずに端から順に着手していては膨大な作業量となってしまいます。 限られた時間で効果的に情報を集めるためには、「仮説設定」が不可欠です。

情報の収集~現状把握

ある程度あたりがついた後は、その仮説を証明するために必要となる情報の収集に移ります。情報の収集においては、既に世の中に存在している情報を二次活用する場合と、独自に調査を行うことによって新たな情報を生み出す場合とがあります。

情報の分析~結論の導出

集めた情報を、①比較 ②層別 ③標準偏差といった分析法を通じて「何が言えるのか」を考えます。事前に仮説をもって情報収集を行っているのであれば、情報を分析し、結論を導き出すことは、仮説の検証作業と重なります。

情報の活用~次の打ち手を考える

「情報収集」や「情報分析」を行った時点で満足してしまってはいけません。これらはいずれも「手段」に過ぎず、そこから「何をすべきかを決める(=判断、意思決定)」ことが目的です。

お問い合せ・お申込み

※各業界向けカリキュラムのカスタマイズは可能です

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


研修ラインナップ

インソースの情報活用研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!