loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

(行政向け)データ分析・活用研修~EBPM実現に向けて基礎スキルを習得する(1日間)

(行政向け)データ分析・活用研修~EBPM実現に向けて基礎スキルを習得する(1日間)

EBPMを実現させるために必要な基礎スキル「データ分析・活用力」を身につける

研修No.B IFM132-0300-4346

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・政策立案に携わる方
・情報分析、データ分析の基礎スキルを身につけたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 政策立案におけるEBPMの重要性について、職員に認識させたい
  • EBPM実現に向けて、まずは情報収集・活用の基礎スキルを身につけたい
  • EBPMの事例について、知りたい

研修内容・特徴outline・feature

これまでの日本における政策形成は、「過去のエピソード(体験)」に基づいたものであり、実行性に欠けるのではないか、という課題がありました。そのような背景もあり、エビデンス(データ・合理的根拠)に基づく政策立案の推進=EBPM(Evidence-based Policy Making)が今、求められています。

そこで、本研修ではEBPMの実現に向けて、情報活用・データ分析の基礎スキルを習得していただきます。

※EBPMとは、自治体の直面する様々な政策課題に、責任をもって取り組んでいく上で、限られた予算・資源のもとで政策効果を最大限発揮させるために、証拠に基づいて合理的に政策判断を行うことです。

到達目標goal

  • ①情報活用の流れに沿って、情報収集・活用のポイントを習得する
  • ②EBPMの現状・動向について学ぶ
  • ③データを読み取る力を身につけ、データリテラシーを向上させる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.はじめに ~EBPMの実現に向けて
    【ワーク】普段の業務において、データをどのように活用しているのか振り返る
    (1)EBPMとは
    (2)ICTの進歩がEBPM実現を推進する
    (3)EBPMのレベルと実践可能性
    (4)スモールステップを通じたEBPMの実現
    (5)EBPMの取組事例
    ①ナッジ ②海外の事例
講義
ワーク
  • 2.情報とは何か
    (1)一次情報と二次情報 ~組み合わせて使う
    (2)定量情報と定性情報 ~用途によって使い分ける
    (3)事例から考える情報活用
    (4)何のための情報収集・活用か
講義
  • 3.情報活用の流れ
    ①仮説を立てる ②情報を収集する ③情報を精査する ④情報を分析する 
    ⑤対策を立案する
講義
  • 4.仮説を立てる
    (1)仮説の立て方
    (2)仮説の検証のために必要な情報を見つけ出す
    【ワーク】仮説を検証するために必要な情報を洗い出す
講義
ワーク
  • 5.情報を収集する
    (1)情報収集の手段
    (2)情報収集において重要となる「時間軸の視点」
    (3)定性情報を定量情報へ変換し、データをつくる
    【ワーク】情報収集を行うための手法について、検討する
講義
ワーク
  • 6.データリテラシーを向上させる
    (1)データを読み解く力をつけることがポイント
    【ワーク】データを正しく読み取ることができているか、確認する
    (2)平均、標準偏差の読み方
    (3)相関係数の読み方
    【ワーク】実際のデータを見て、相関係数を読む練習をする
講義
ワーク
  • 7.まとめ
    【ワーク】本日学んだ内容を踏まえ、「記述統計を活用したEBPMの実現」に向けたアイデアを考える
ワーク

6642

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

「EBPMの実現に向けて、まずは基本的なデータ活用・分析のポイントが知りたい」というご要望が増えてきております。データ活用について初めて学ぶという方にもご受講いただける内容となっておりますので、EBPM実現への導入研修として、ぜひご検討ください。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

官公庁・地方自治体職員(地方公務員)向け研修
年間総受講者数
326,811
内容をよく理解・理解
93.4
講師がとても良い・良い
91.9

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

ストレスチェック

シティプロモーション

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!