loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ハラスメント防止研修

ハラスメント防止研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

ハラスメントを正しく理解し、ハラスメントの起こさない組織を作る

ハラスメントとは、意識的・無意識的に特定・不特定多数を問わず不快な思いをさせる、苦痛を与える、居心地の悪さを感じさせる行為のことをさします。嫌がらせ、いじめ、人権侵害にあたる恐れがあり、従業員のメンタル不調、モチベーション低下を引き起こすことで組織力を低下させるだけでなく、最悪なケースでは本人やその家族から損害賠償訴訟を起こされるなどで社会的な信用を失う恐れがあります。

2019年には改正労働施策総合推進法(通称:パワハラ防止法)が成立するなど、ハラスメントに対して社会から厳しい目が向けられるようになり、個々人のハラスメント防止への意識は年々高まってきています。また、現代のようにインターネットやSNS等で個人の経験が容易に共有される時代では、それらのハラスメント行為が明るみに出やすくなっています。これはつまり、ハラスメント防止対策を取らなければならないことは理解できているものの、実質的な問題を解決できない個人や組織がまだ多く存在していることを意味しています。パワハラやセクハラだけでなく、モラハラやマタハラ、パタハラ、ケアハラなど、ハラスメントに関する新しい言葉も増え、これまで当然と思われてきた行動がハラスメントとして捉えられることも少なくなく、誰もがハラスメントの加害者になりえるリスクを持っています。

一方、ハラスメントを極端に意識するあまり、コミュニケーションが不足する組織も増えつつあります。このような状況を防ぐために、ハラスメントを正しく理解し、その知識を常にアップデートしていくとともに、相談窓口を設置するなど、大きな問題に発展させない体制づくりも同時に整備することが求められます。

インソースでは、組織のハラスメントについて事例を参照しながら理解を深めるとともに、ご自身のハラスメント危険度をチェックできる研修をはじめとして、ハラスメント相談員向けやパワハラと捉えられない部下指導のポイントを学ぶもの、ダイバーシティ時代に即したプログラムなどもございます。組織の課題に合わせたご支援が可能です。


ハラスメント防止研修のポイント

ハラスメント防止には「攻め」のマネジメントが不可欠

「ハラスメントを招かないように」と相手と距離を保ったり、接点を拒んだりすることは、「逃げ」のマネジメントです。 「リスク回避のマネジメント」と解釈することもできますが、例えば、管理職が部下との接点を減らし、指導や指摘を放棄してしまっては、 組織を運営するうえで重要な人材育成ができなくなります。 必要な情報が滞れば、仕事に関するリスクは増大するでしょう。ハラスメントへの正しい知識を持ち、部下やメンバーへの接し方を省みながら業務を進めていくことが不可欠です。

ハラスメントを招く大きな要因 ~「思い込み」と「決めつけ」

ハラスメントを招くリスク要因のひとつとして、「男性は○○であるべき」や「妊娠した女性は○○だろう」、「管理職なら○○して当然」、「新人は○○だ」といった人に対する様々な思い込みや決めつけがあります。働く人材の多様化が進むなかでは、一人ひとりの異なる考え方や働く背景、特性、事情などを、思い込みをはずして受け止めることが大切です。

また、上司や部下との関係性や役割分担のあり方、業務の進め方、指導の仕方についても、同様です。「厳しい指導」や「熱い説教」、「プライベートへの関与」、「飲みニケーション」など、かつては当然とされてきたことが、時代が変わった今では、相手によって、また、程度やレベルによってはハラスメントとして捉えられる可能性が十分にあります。組織として、ハラスメントについての知識を最新のものに更新し、理解を深めるとともに、改めることも必要です。

ハラスメントを起こさない組織づくり

従業員が働きやすい環境を整えることは管理職の仕事のひとつですが、管理職自身の知識が不足しているとハラスメントの発生リスクに直結します。「うちの組織には関係ない」などの認識の甘さがあると、いざ事が発生した際に対応できません。対応できないことでハラスメント二次被害の加害者となり、職場環境や人間関係の悪化を招き、ひいては人材流出や社会からのバッシングを受けるという事態につながりかねません。

管理職や人事担当者には、常日頃からハラスメントを未然に防止するために、適切なコミュニケーションを図り、ハラスメントの正しい知識を自身が積極的に得るよう努めるなくてはなりません。また、従業員全員がハラスメントを起こさない環境を維持するために、折に触れて注意喚起をしていくことが重要です。また、守秘義務が保たれた相談窓口を設置する、ハラスメント相談員と定期的に意見交換を行うなど、ハード面の整備も欠かせません。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

ハラスメント防止研修のおすすめプラン

ハラスメント防止への基礎知識と意識を醸成するプラン

一般社員と管理職が、それぞれの立場で正しいハラスメント防止への知識を習得するために、階層別に分かれて教育を実施する

役員・管理職がハラスメント防止への共通認識を持つプラン

役員と管理職が、ハラスメント防止に対する共通認識を持ち、パワハラにならない"適切な指導”スキルをあらためて習得する

1年間でパワーハラスメントを撲滅し職場改善を行うプラン

パワーハラスメント撲滅と職場改善に向け1年間で全社員に教育を行う。全社員が共通の基礎知識を習得のうえ、撲滅に向けたマインド・スキルの継続した教育で変革を推進する

ハラスメント防止研修のおすすめ動画教材・eラーニング

ハラスメント防止研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!