上司が“唸る”営業メールの書き方~年末ごあいさつのメール

(9)年末ごあいさつのメール

シチュエーション

・お客さまに「年末あいさつ」のメールを送る
※まだ、受注実績がないお客さまを想定しています。実績のあるお客さまの場合には、訪問するかお電話を差し上げるようにしましょう。
どうしてもメールになってしまう場合には、
「セミナーにご来社を賜り」→「○○をご利用いただき」など
「来年こそ」→「来年も引き続き」
に、内容を変更します。

作成のポイント

・「セミナーにご来社いただき」「お問合せをいただき」「○○のご提案機会をいただき」など、具体的なお客さまとのかかわりを記載すると、『テンプレートの文章をそのまま使ったのだろう』と思われない、オリジナリティが出ます。
・お目にかかってのごあいさつではないことについて、お詫びのひとことを入れましょう。
・サービス業など、年末年始も通常営業している企業も多数あります。文章中に「これから年末年始休暇に入られると存じますが」など、お客さまも休むというニュアンスの文章を入れるときには、本当にお客さまもお休みかどうかを考えるようにしましょう。
・自社の年末年始営業日もメール下部に記載しておきましょう。

件名:本年の御礼と年末ごあいさつ

××株式会社
情報システム部
高橋 太郎様

日頃は誠にお世話になっております。
株式会社○○の鈴木でございます。

本年は、セミナーにご来社を賜り、誠にありがとうございます。
本来は直接、お目にかかって年末のごあいさつを申し上げるべきところでございますが何卒ご容赦くださいませ。
来年こそ、貴社のお役に立てますよう、鋭意務めさせていただきます。

予報によると比較的暖かい新年だそうですが、
それでもやはり、北風の冷たい日が続いております。
どうぞお身体をご自愛くださいませ。

年末の弊社営業は、12月**日まで、年始は、1月*日からでございます。
来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

※署名省略

<新人営業担当者向け豆知識 ~年末あいさつメール送付のタイミング>

自社の年内の最終営業日の前日にお送りするか、もしわかれば、先方の最終営業日の前日までにお送りできるとよいでしょう。

余裕をもってお送りするほうがミスを防ぐことができ、安心です。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ

「上司が唸る」シリーズ
上司が「唸る」議事録の書き方
上司が「唸る」報告書の書き方
上司が「唸る」日報の書き方
上司が「唸る」お詫び状の書き方
上司が「唸る」E-mail の書き方
上司が「唸る」
営業メールの書き方
上司が「唸る」英文eメールの書き方
上司が「唸る」報告の仕方
ビジネス文書 文例集
【番外コラム】頭語と結語の使い方


関連公開講座
1名様からご参加いただける公開講座のビジネス文書研修で、上司が唸る文書の書き方を習得していだけます!




階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気研修10テーマ
クレーム対応研修
OJT研修
ビジネス文書研修
プレゼンテーション研修
評価者・考課者研修
業務改善研修
コミュニケーション向上研修
タイムマネジメント研修
メンタルヘルス研修
CS・接遇研修

今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

ビジネス文書通信添削

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修