上司が“唸る”営業メールの書き方~新担当者からのごあいさつのメール

(14)新担当者からのごあいさつのメール

シチュエーション

・新担当者としてのご挨拶と併せて訪問のアポの打診をする

作成のポイント

特に前任から具体的な引継ぎを受けてはいないが、お取引自体は存在するお客さま、あるいは過去に取引があったというお客さまもいらっしゃいます。新担当者として是非、積極的にごあいさつをしましょう。お客さま側の最新情報を得て、取引の復活や拡大を狙うのであれば、もちろんアポイントの取得が望ましいです。

件名

ごあいさつ訪問の件

株式会社**
企画**部
大川 次郎様

平素は誠にお世話になっております。
株式会社○○の田中でございます。
日頃より弊社をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

さて、さっそくではございますが、この度、貴社担当の中川が異動となり、
私、田中亮太が後任として担当させていただくこととなりました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

本来、前任の中川と二人で伺うべきところを
私のみとなり、誠に申し訳ございません。
ごあいさつに際して、併せて最近の情報をお持ちしたいと思っております。

以下の候補の中でご都合のよいお日にち、お時間をご教示いただけましたら
大変ありがたく存じます。

======================
■候補日時
1/**(火)11:00~12:00,13:00~16:00
1/**(金)11:00~12:00
1/**(水)09:00~11:00
======================

貴社のお役に立てるよう、鋭意努める所存です。
お忙しいところ恐縮ですが、
ご返信をお待ち申し上げております。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

-------------------------------
※署名省略

※本来は前担当者から後任の紹介があるため、お客さまから指摘を受ける可能性もあります。みずから、「二人で伺うべきところを」と お詫びを申し上げましょう。

※このメールの返信が無くても気にせず、次は電話をしましょう。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ

「上司が唸る」シリーズ
上司が「唸る」議事録の書き方
上司が「唸る」報告書の書き方
上司が「唸る」日報の書き方
上司が「唸る」お詫び状の書き方
上司が「唸る」E-mail の書き方
上司が「唸る」
営業メールの書き方
上司が「唸る」英文eメールの書き方
上司が「唸る」報告の仕方
ビジネス文書 文例集
【番外コラム】頭語と結語の使い方


関連公開講座
1名様からご参加いただける公開講座のビジネス文書研修で、上司が唸る文書の書き方を習得していだけます!




階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気研修10テーマ
クレーム対応研修
OJT研修
ビジネス文書研修
プレゼンテーション研修
評価者・考課者研修
業務改善研修
コミュニケーション向上研修
タイムマネジメント研修
メンタルヘルス研修
CS・接遇研修

今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

ビジネス文書通信添削

公開講座ゴールデンウィーク特集

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

交流型無料セミナー

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報