上司が“唸る”営業メールの書き方~訪問後の御礼(御礼+資料送付)

(5)訪問後の御礼(御礼+資料送付)

シチュエーション

・訪問の御礼と同時に、参考資料や見積書を送付する

作成のポイント

訪問時に話題になったこと等、訪問した後のメールだからこそ書ける内容を記載しましょう。また、送付する資料の内容も 箇条書きを用いて記載しましょう。

最後の一文では、次の訪問につなげるために「今一度お伺いさせていただき、直接資料のご説明をさせていただきたい」旨を記載するのもよいでしょう。

件名:訪問の御礼と参考資料の送付

××株式会社
情報システム部
高橋 太郎様

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
株式会社○○の鈴木でございます。

本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただき
誠にありがとうございます。
△△について 、詳しくお話をおうかがいすることができ
私自身、貴社について理解を深めることができました。

ご紹介いたしました「ABCシステム」の資料を
下記の通り、2点添付しております。
①「ABCシステム」ご案内資料
②「ABCシステム」お見積書

ご査収くださいますようお願い申し上げます。
ご不明な点等ございましたら何なりとお申し付けくださいませ。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

※署名省略

<新人営業担当者向け豆知識>

△△について・・・部分の記述の例

・貴社が現在、取り組んでいらっしゃるアクションプランについて
・顧客管理システムをご検討なさる背景について
・貴社のご事情について

実際に交わした会話の中から、具体的なキーワードをいれるともっと良い文面になります。


本コラムをご覧の方におすすめの研修はこちら!

営業活動における基本的な知識と流れを学べる
→【公開講座】(若手向け)営業基礎研修~営業のいろはを知り、営業活動の流れを学ぶ
法人営業活動における基本スキルを学べる
→【公開講座】営業研修~法人営業でのスキルアップを図る

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

ページトップへ


ビジネス文書通信添削

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        おすすめリンク

        直近の公開講座開催研修