上司が“唸る”営業メールの書き方~訪問後の御礼(基本)

(4)訪問後の御礼(基本)

シチュエーション

・初めて訪問したお客さまに、訪問御礼メールを送る

作成のポイント

名乗りの後は、まず訪問の御礼を述べるようにしましょう。
すぐに商機につながらない場合もありますが、関係性の維持の観点で今後も電話やメールでご連絡させていただくことに触れるとよいでしょう。

件名:本日の訪問の御礼

××株式会社
情報システム部
高橋 太郎様

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
株式会社○○の鈴木でございます。

本日はご多忙のところ、貴重なお時間をいただき
誠にありがとうございました。

ご紹介いたしましたサービス内容について
ご不明な点やご要望等がございましたらお気軽にご連絡くださいませ。
是非、貴社のお役に立ちたく存じます。

今後ともメールやお電話にてご案内できればと思いますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

※署名省略

<新人営業担当者向け豆知識>

御礼のメールの送信は当日中が最も望ましいです。しかし、夜遅くにお送りしてしまうとお客さまが「送信時刻」に驚く、ということになりかねません。遅くても翌日の午前9:30くらいまでのうちに送信しましょう。

読み手となるお客さまの観点で考えてみると「さっき会ったばかりなのにもう御礼のメールが届いている」というスピード感や、翌朝、お客さまが仕事を始めるときにメールフォルダに届いている、というタイミングの良さは深く印象に残ります。


本コラムをご覧の方におすすめの研修はこちら!

営業活動における基本的な知識と流れを学べる
→【公開講座】(若手向け)営業基礎研修~営業のいろはを知り、営業活動の流れを学ぶ
法人営業活動における基本スキルを学べる
→【公開講座】営業研修~法人営業でのスキルアップを図る

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

ページトップへ


ビジネス文書通信添削

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        おすすめリンク

        直近の公開講座開催研修