外資系企業向け研修・サービス~総合ページ | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

外資系企業向け研修・サービス

イノベーション人材の育成と働きやすい職場づくりで、グローバル市場で生き残る強固な組織づくりを

現地法人は教育のローカライズと公正性の担保が至上命題

外資系の企業では、本国主導の教育プログラムは充実しているものの、日本とは状況が異なるため独自の教育が必要といった人材教育の悩みが多いようです。また、本国のコンピテンシーリストを和訳したものを評価に使っている企業から、不自然な日本語でわかりにくく評価がつけづらい、納得感を得にくいなどの声もうかがいます。


弊社はこれまで、研修内容のカスタマイズや外国語(英語)での実施、テキスト翻訳など多様なニーズに応えてまいりました。また、対面とオンライン、字幕つき動画などの手法を使い分けることで、文化的背景や働き方の異なるグローバルメンバーに対し、DE&I(Diversity, Equity and Inclusion)に根差した質の高い教育機会を担保しています。

インソースグループの外資系企業向け人材育成のポイント

◆コンテクストとコミュニケーションのギャップに対応する

日本で働く外国人メンバーの中には、スピード感や稟議承認プロセスのギャップから、思うように成果を出せずストレスを感じる方が少なくありません。日本人メンバーも、外資系企業ならではの仕事の進め方やレポートラインに戸惑うことがあります。また、本国の対応マニュアルと日本の慣習や顧客ニーズにかい離があり、ホテルやコンタクトセンターでは独自のCS向上施策を検討することも多いとうかがいます。弊社では、文化の違いを踏まえて組織内外のコミュニケーションを円滑にするための教育・サービスを多数開発しています。

◆日本法人にアジャストしつつ、本国の評価を担保する制度運用

外資系企業の人事制度はジョブ型雇用であり、各部門長が人事権を持ち成果を重視する評価制度であることが特徴です。そのため、日本法人では目標設定やレビューを上手く活用できない、本国の方針に合わせて成果を可視化できず昇給・昇格に結びつけられないという課題が聞かれます。インソースの評価者研修はその制度を人材育成に結びつけることを目的としているため、各組織に合わせた柔軟なカスタマイズが可能です。

◆現地法人主導でスキル開発を行い、成果の上がるチームをつくる

基本的に、外資系企業はグローバル展開の過程で本国が要件として定めるスキルに対してハイレベルな教育プログラムを整備しています。一方で、国ごとのローカライズや個人のヒューマンスキルについては完全に現地法人の裁量に委ねられているともうかがいます。したがって、教育担当者はスピードと合理性を重視する組織風土に合わせて、計画的にスキル開発を検討しなければなりません。弊社ではアセスメントやオープンセミナーなど、チームの課題検出から個人にジャストフィットした教育体系の構築を支援いたします。

◆WEBサイト制作・改修から採用支援まで、インソースグループにお任せ

インソースマーケティングデザインでは、予算に合わせた最適なサイト設計のご提案や、スピード重視のサイト構築など、お客様のお悩みに合わせてご提案いたします。また、組織と人を「らしさ」でつなぐ株式会社らしくでは採用活動の活性化と人材の獲得をサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

「今」を捉えたインソースの研修

インソースでは、時代の変化に寄り添い新たなニーズに応えるため、毎月新作研修を開発しております。外部環境の変化に対応すべく今必要なスキル、最近耳にする新しい分野など多数ご用意しておりますので、その中で本テーマにおける新作研修をご紹介します。

(外資企業向け)50代キャリアデザイン研修~自分の価値を高めていくためのビジョンを考える

研修開発者の思い・こだわり

働き方が多様化する中、定年後の過ごし方の選択肢も増えています。本研修では、今の会社で定年を迎え再雇用される、という受け身のキャリアではなく、「独立」「再雇用」「業務委託」、はたまた「働かない」など、様々な選択肢がある中でどれを選択するか、それを選ぶためには何をすればいいか、主体的に考えていただければと思い、企画しました。

外資系企業向け おすすめプラン

コア・ソリューションプラン

コア・ソリューションプラン一覧へ

外資系企業向け 研修プログラム

旬のプログラム

基本プログラム

階層やニーズ別のプログラム

外資系企業向け ワークショップ

外資系企業向け 動画教材・eラーニング

外資系企業向け 通信教育

研修等とあわせておすすめのサービス

Leaf(リーフ)シリーズ~HRテック

外資系企業向け 読み物・コラム

外資系企業向け研修・サービスをご検討のお客さまからのご質問

中途入社や第二新卒、秋採用や通年採用に対応した入社時導入研修はありますか?

はい、ございます。数名の方のご入社でしたら、公開講座がおすすめです。ビジネスマナー研修は通年開催しており、中途入社の方向けのオンボーディング研修や外国人・帰国子女向けの研修もございます。既存のスケジュールでご都合がつかない場合、ご希望の日程で新規に研修を企画・公募するリクエスト開催サービスもございます。

(中途社員・職種転換者向け)ビジネスマナー研修
中途社員向け研修~オンボーディング・まず上司と話し合う5つのこと
(外国人・帰国子女向け)日本で働くためのビジネス基礎研修
研修リクエスト~少人数でも追加開催ができるサービス

当社の状況を踏まえたケーススタディは作れますか?

作成可能です。受講者が頭を悩ませがちなシーンや人事ご担当者さまが想定されている課題から貴社オリジナルの「リアル」なケーススタディをお作りします。現場の実態に即した演習で、普段困っていることやその解決策などについて受講者同士で考え共有でき、そのまま現場の実践につなげられます。ケーススタディ作成にあたっては、受講者にあらかじめ事前課題アンケートを実施することを推奨いたします。以下から過去に作成したものをご参照いただけます。

テーマ・業界別ケーススタディ 一覧

海外経験のある講師に研修を登壇してもらうことは可能ですか?

海外赴任経験のある講師が登壇可能です。お客様のご希望のテーマと弊社在籍講師の登壇可能なテーマが合致すれば、外資系企業出身講師での実施を承ります。また、外資系出身にこだわらず「自社に最適な講師が望ましい」とのオーダーであれば、研修日程や経験業種、職種、階層、受講者さまとの相性(年齢や受講者との距離感、厳しさ等の進行スタイル)などを総合的に考慮してご提案いたします。まずはお気軽にご要望をお聞かせください。

海外赴任あり 講師一覧
会社経営経験あり 講師一覧

最新作・ニュース

新卒採用募集中

閉じる