loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

外国人上司を持つ日本人向け研修

外国人上司を持つ日本人向け研修

文化や常識への理解からすれ違いを防ぎ、外国人上司との円滑なコミュニケーション方法を学ぶ

研修No.8820008

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・初めて外国人上司のもとで仕事をすることになる方
・外国人上司と仕事を進めるうえで、うまく意思の疎通が図れずに悩んでいる方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 外国人上司のもとでうまく仕事をすすめられるか不安だ
  • 外国人上司に「細かい指示を求めずに、自分で考えてほしい」と言われることが多く困惑している
  • 外国人上司と話す際に、もっと論点を明確にしてほしいと注意を受けている
  • 外国人上司のアシストができるようになりたい

研修内容・特徴outline・feature

外国人上司と円滑に業務を進め、強い信頼関係を築くコミュニケーションスキルの習得を目的とした研修です。

日本と外国のビジネス文化やコミュニケーションの取り方の違いをふまえ、ワークを通して上司への提案の仕方、意見が異なる場合の伝え方を身につけます。上司の考え方をしっかりと捉え、求められる期待に沿う行動を取れるようになることを目指します。

到達目標goal

  • ①上司が重要視している考え方や判断軸を捉えることができる
  • ②ロジカルシンキングとアサーティブコミュニケーションを活用した伝え方を身につける
  • ③外国人上司をアシストする際のポイント、グローバルビジネスにおけるエチケットを知る

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】日本人上司と外国人上司を比較し、部下として業務が進めやすいところ、業務が進みにくいところを共有する
ワーク
  • 2.日本が特殊であることを理解する
    (1)グローバルに外国人と共に働くとは
    (2)文化の違いを理解する ~ハイコンテクストとローコンテクスト
    (3)文化の違いを理解する ~モノクロニックとポリクロニック
    【ワーク】文化の比較の中で、自分の傾向を考える
    (4)グローバルビジネスの原則は「ローコンテクスト文化」
    (5)最も罪なのは「伝えないこと」
講義
ワーク
  • 3.外国人上司の判断基準・仕事の進め方を知る
    (1)組織におけるあり方の違い ~「上司」のあり方と、「部下」のあり方
    【ワーク】アメリカ人のインタビューを読んで、感想を話し合う
    (2)組織におけるあり方の違い ~組織の従業員への期待が異なる
    (3)評価はプロセス重視か結果重視か
    (4)面談のススメ ~仕事に対するスタンスを共有する
    (5)仕事内容の認識をすりあわせる判断軸 ~「5W1H」と「QCDRS」
    【ワーク】よく言いがちな日本語表現を、英語で5W1H、QCDRSを意識して、言い換えてみる
講義
ワーク
  • 4.外国人上司と働く際のポイント ~考え方はロジカルシンキング
    (1)ベースとなるのは「ロジカルであること」
    (2)必ず伝える目的を意識する
    (3)相手にメリットがあることも踏まえる
    (4)わかりやすく伝えるための順番
    【ワーク】上司へ提案する際の物事の伝える順番を整理する
講義
ワーク
  • 5.外国人上司と働く際のポイント ~伝え方はアサーティブ
    (1)ロジカルでありつつ、リスペクト・配慮を示す
    (2)考え方と行動のパターン
    (3)アサーティブな人の思考パターン
    (4)アサーティブ・コミュニケーションとは
    【ワーク】上司の考えと反対のことを伝える際の「言い方」を考える
講義
ワーク
  • 6.外国人上司をアシストする
    【ワーク】外国人上司が来日するにあたって伝えておいた方がいいことを洗い出す
    (1)部下として日本のビジネス習慣をきちんと伝える
    (2)外国人上司を助ける事前情報(日本のマナー)
講義
ワーク
  • 7.グローバルに働くうえでのたしなみ 
    ■グローバルビジネスにおけるエチケット~タブー・リスクを踏まえる
講義
  • 8.まとめ
    【ワーク】今日の研修で気づいたこと、気になったことをメンバーで共有する
ワーク

企画者コメントcomment

海外の本社から日本法人子会社に着任した外国人上司となかなかそりが合わないと社員が悩んでいる、という日本法人のご担当者さまからの依頼を受けて開発したのが本プログラムです。研修で学んでいただくキーポイントは、「自ら発信すること」と「上司の考えを理解すること」です。日本人特有の言わなくても分かるという常識は通用しません。上司の判断基準や考え方をしっかりと認識し、仕事の進め方をすり合わせていく機会を持つ重要性をお伝えいたします。

スケジュール・お申込みschedule・application

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

実施、実施対象
2016年 12月     3名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • コミュニケーションの深さを知り、たくさんためになることを学べました。明日から上司にアサーティブをふんだんに使って、コミュニケーションを明確にとっていきたいです。
  • 意見を伝えることを恐れずに、アサーティブな思考を忘れぬよう日々業務に取り組んでいきます。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修