ソフトウェア・コンテンツ開発業界向け研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ソフトウェア・コンテンツ開発業界向け研修

ソフトウェア・コンテンツ開発業界向け研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

ソフトウェア・コンテンツ業界を取り巻く環境や、人材育成の傾向

市場は急速に拡大している一方で、ソフトウェア・コンテンツ開発業界では、エンジニアの人材不足が深刻です。今後もその状況が解消される見込みは立っておらず、経済産業省の調査によると、2020年段階で約30万人、2030年で約45万人ものIT人材不足が予測されています。

これら多くの業界組織では大手からの発注で仕事を請け負うことが多く、長いプロジェクトが走り出すとその期間は特定の社員が対象の業務に縛られて他の技術の吸収ができなくなる、また一方で短期・単発の仕事を請け負い続けるメンバーは専門性を磨いたり全体を俯瞰して見る力が養われなくなるといった問題に陥ります。

このような状態を回避し、さらに産業を発展させるためには、経験者・業界未経験者にも広くエンジニアとしての活躍ができるようなスキルを身につけてもらい、そもそものプレイヤーを増やすことが肝要です。

インソースには「多くの人材を・スピーディーに・最先端の技術に触れさせながら」技術者に育てていくための実践的なノウハウや、そもそもの既存プロジェクトを円滑に進めていくためのマネジメント方法を学んでいただくプログラムがございます。


ソフトウェア・コンテンツ業界向け研修の特徴とポイント

新人・若手に土台となるスキルを確実に身につけさせる

IT業界の中でもソフトウェア・コンテンツ系企業では若い人が多く、比較的自由な社風の企業が多い傾向にあります。しかし時には仕様確認やコンペのために会議や提案の場に呼ばれたりすることも少なくありません。一社会人として信頼を得るための最低限のビジネススキルは得ておくべきでしょう。

また、先に述べたように圧倒的な人材不足により、新卒エンジニアの約3割は、実は文系学部出身者であるという調査結果もあります。入社時から、ITスキルの素地がある新卒・若手の方が、少数の場合も少なくありません。そういった新卒・若手を、エンジニアのスタート地点に立たせるためにも、計画的な入社時教育が重要です。

インソースでは、一人前のエンジニアとして働いていくために確実に身につけておきたい、一般的なビジネススキルとITスキルの土台を築く研修をご用意しています。

新入社員研修 ~ビジネス基礎「チームで働ける新人になる編」(2日間)
新人IT研修

厳しい納期・要望に耐えうる、チームワーク

ユーザ企業から発注される開発ソフトウェアやコンテンツは多くのベンダーにそのプロセスや領域が分解されて割り振られていることも少なくありません。よってそれぞれベンダーの成果物が複雑に入り組んで全体を構成していきながらフローが進むことで、その要件が次第に大きく変化していくことも日常茶飯事です。

当初想定していた仕様とは異なる要望を出されたり、要件が不確実であるために成果物が顧客のイメージになかなか合致せず何度もやり直しを命じられるなどで、スケジュールが大幅に狂うこともあります。このような困難を乗り越えるためには、やはりチームワークが欠かせません。

若手・中堅層のメンバーが互いにコミュニケーションを図って進捗状況を確認し合い、励ましながら最後まで仕事をやり抜ける強いチーム作りにも、インソースのプログラムがフィットします。

チームワーク入門研修~信頼・責任・疾走・勝利で高めるエンゲージメント(1日間)
達成力強化研修~仕事を最後までやり抜く力を身に付ける(1日間)

チームのスキル・パフォーマンスを最大化させるマネジメント

IT人材不足の中、ソフトウェア・コンテンツ開発会社のマネージャーには、限られたメンバーのパフォーマンスを最大化する事が求められます。一方で、常駐エンジニアやテレワークなど、必ずしも、部下たちが目の前にいないケースも多く、マネージャーの舵取りは、他の職種・業界よりも難しいケースも多いものです。知らず知らずのうちにやりがいを見失い、意欲がそがれているメンバーがいれば叱咤激励し、離職防止に努めます。

また、人材不足を解消し生産性を飛躍的に向上させるために、DX推進の旗振り役となること、顧客からの難しいリクエストに対して、会社を代表して粘り強く交渉する力を磨くことなども、マネジメント職を担う方に求められる重要な役割と言えます。

【極意シリーズ】プロジェクトマネジメント研修~心得・立上げ・推進・ツール(2日間)
アフターコロナ・ウィズコロナ時代のリモートワークマネジメント研修
タフ・ネゴシエーション研修~4つのスキル強化で困難な交渉をWin-Winに導く(1日間)


ソフトウェア・コンテンツ業界向け研修ご検討のお客さまからのご質問

最近はスキルの高い経験者の採用が難しく、未経験者や外国人を採用することも考えています。研修できちんと育成できるのでしょうか?

A.これまでも未経験者向けに研修を実施しておりますが、ほとんどの方に内容を理解していただき、エンジニアとして好スタートを切っていただいています。

また、外国人の方に研修を実施することもありますが、日本語で伝えるのが難しいというケースも少なく、ときには英語でやりとりをしながら研修に積極的に参加いただいています。内容についていけないという方はあまりおられず、みなさま優秀であることが多い印象です。
※研修を英語だけで実施する場合は、研修テーマによって対応できる講師が限られますので、個別にご相談ください。可能な限りご対応いたします。

いずれにしても、得手不得手がまったく異なる方が参加されることでお互いによい刺激となり、コミュニケーションも活性されます。本格的にプロジェクトに個々人が参加していく前に、連帯感を生む機会の創出するという点でも、研修開催は有効な育成手段です。

講師派遣と公開講座の違いは何ですか?IT研修の場合どちらがおすすめですか?

A.IT研修については、ご要望に応じておすすめが異なります。次のような場合には、講師派遣がおすすめです。
 ◆カリキュラムや日程を自社の都合に合わせたい
 ◆自社で扱っている製品・ソフトウェアなどを使った研修にしたい
 ◆受講者の様子をきめ細かく知りたい (研修開始前・研修中・研修終了後の様子など)

受講者間のレベル差が大きい場合には、レベルに合った公開講座に派遣する方が学習効果が高まります。また、少人数の場合は公開講座のほうがリーズナブルにご受講いただける可能性が高いです。

IT研修とセットになるような、おすすめの研修はありますか?

A.受講者層に応じて、さまざまなものがございます。新人・若手向けの場合は、「仕事の進め方研修」、「ホウ・レン・ソウの仕方の研修」など、基本的な仕事の進め方にフォーカスすることが多いです。自ら進捗度合いを上司に報告し、リスクを抱え込まないように促します。

中堅向けの場合は、対人スキルの強化がおすすめです。「交渉力研修」、「アサーティブコミュニケーション研修」、「ビジネス文書研修」などがあり、特に報告書や仕様書を作成するときにも必要となる、論理的なビジネス文書を作成したいとのニーズが根強くあります。

管理職向け・プロジェクトマネージャー向けでは、やはりマネジメントに関する研修が求められます。「段取り研修」、「プロジェクトマネジメント研修」、「チームマネジメント研修」などで、円滑な事業運営や従業員が長く働き続けられる職場環境づくりの実現を図ります。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

ソフトウェア・コンテンツ開発業界向けおすすめプラン

6カ月で、全社員のエンゲージメントを高める研修プラン

エンゲージメントを高めるために、管理職は部下との接し方やマネジメント方法を学び、一般職は成長意欲と主体性を高め、今後のキャリアを描く

PMのレベルに応じた体系的なビジネススキル強化プラン

PMの「ビジネス感覚・知識」や「プロジェクト管理、対人関係、マネジメント」スキルを継続的に向上させるレベルごとの育成体系を構築し、個々のスキルアップをはかる

RPAを使った業務改善活動を社内に定着化させるプラン

一般社員、改善推進担当、RPA開発担当の3階層に分けて、各々の立場で必要なIT・RPAスキルを強化する。全社員を対象とすることで、改善活動の定着化を一気に進める

ソフトウェア・コンテンツ開発業界向け研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!