loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

共感力発揮研修~スムーズな業務進行のための相手理解(1日間)

共感力発揮研修~スムーズな業務進行のための相手理解(1日間)

尊重・傾聴・想像で、人間関係も業務進行も円滑にする

研修No.B CMN520-0000-4683

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

・周りとのコミュニケーションの取り方に自信がない方
・職場のメンバーと距離を縮め、関係を深めるスキルを高めたい方
・具体的にどのような行動や言葉で相手に気持ちを示せばよいか、実践することに課題を感じている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 「相手の気持ちになって考えろ」と言われるが具体的にどうすればよいかわからない
  • 悪気なく相手を不愉快にさせてしまうことがある
  • 管理職として、チームの心理的安全性を高め、風通しのよい職場を作りたい
  • 人事部門として、従業員一人ひとりに、多様な価値観や働き方を受け容れ協働できる柔軟性を持たせたい

研修内容・特徴outline・feature

「共感力」をキーワードに、仕事においてコミュニケーションを円滑化する技術を習得します。人間関係をより良くして仕事を進めやすくするために、相手の感情や心理状態、主張に共感し、自分の思いを適切に伝えることを目指します。

まずは、共感のために必要な尊重・傾聴・想像の3つの要素を、職場で起こりうるケースを元に考えることで、相手の立場や価値観を深く、心から理解する方法を学びます。そのうえで共感を言葉や行動で示し、相手に「わかってもらえた」と安心してもらうための表現や、共感しづらい場面での対応について検討します。ワークの時間をふんだんに設けることで、相手の考えや言葉の受け止め方、自分の心情をTPOに応じて言語化する力を高めます。

到達目標goal

  • ①仕事においてなぜ共感力が求められるのか、ビジネスパーソンとして他者との関係構築の重要性を認識する
  • ②多様性を受容し自然体で共感するために、3つのポイント(尊重・傾聴・想像)に沿って相手のことを背景から理解できる
  • ③会話を通じて抱いた自分の感情を、相手目線で適切に示すための行動や言動を考えられる

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.なぜ共感力が必要とされるのか
    【ケーススタディ】月末の経費精算について、営業部のAさんと管理部のBさんの相反する意見を読み、どちらに共感できるか話し合う
    (1)「共感力」はビジネススキル ~仕事をスムーズに進めるための基盤
    (2)チームに求められる「心理的安全性」 ~「許容」ではなく「受容」へ
    (3)共感の前提となるゴールの共有
講義
ワーク
  • 2.相手の考えを尊重する ~「そうなんだね」と受け止める
    【ケーススタディ】仕事に対する姿勢について、時短勤務のCさんと管理職のDさんの意見を読み、それぞれの価値観を考える
    (1)相手の常識と期待を考える
    (2)コミュニケーション=相手と自分とのギャップを知ること
    (3)多様な価値観と働き方 ~アンコンシャス・バイアスに気づく
    (4)「うわべだけ」は相手に伝わる
     ①否定から入らない
     ②他人事で捉えない
     ③批評家にならない
     ④偏見に偏見で返さない
講義
ワーク
  • 3.相手の話を傾聴する ~「どうしてなのか」と背景から聴く
    【ケーススタディ】上司のEさんと部下のFさんのどこか噛み合っていない会話を読み、違和感の原因を探る
    (1)すり合わせから始める他者理解のアプローチ
    (2)あくまで相手から答えを引き出す
     ①事実と考えを混同しない
     ②無理やり型に当てはめない
     ③自分の話にすり替えない
     ④安易な言い換え(要約)をしない
    (3)あいづちを使いこなす ~「聴き役」から「話させ役」へ
講義
ワーク
  • 4.相手の背景を想像する ~「こうかもしれない」と想いを馳せる
    【ケーススタディ】新人のGさんとベテランのHさんの遅刻をめぐる会話を読み、想像できることを洗い出す
    (1)ちょっとした要素から相手の感情を察する
     ①言葉   ②仕草   ③表情   ④間   ⑤状況
    (2)わかっている情報から人物像のイメージを膨らませる
    (3)相手の「してほしいこと」を先手で探る
    【ワーク】「あのときこうして欲しかった」「こう言って欲しかった」と思うことを考える
講義
ワーク
  • 5.共感力を日頃のコミュニケーションで活用する
    (1)コミュニケーションは相手に伝わるまでがゴール
     ①尊重 ・立場や役割に敬意を表する ・謙虚な姿勢で感謝を示す
     ②傾聴 ・キーワードを拾う     ・質問を投げかける
         ・感情フィードバックを使う ・自分が話しすぎていないか振り返る
     ③想像 ・仮説を立てる       ・お互いの考えをつなげて言語化する
         ・言い回しに失礼がないか見直す など
    (2)ポジティブな共感はほめ言葉に変える
    (3)ネガティブな共感の注意点
    (4)メンバー間でも求められるホスピタリティマインド
    (5)悪気はないのに距離を産んでしまいがちなNGワード
    【ワーク】感謝・お詫び・心配・応援など、講師の挙げる台詞への切り返しを自分の言葉で表現する
講義
ワーク
  • 6.共感を示すことが難しい場面の対応方法を考える
    【ケース1】ネガティブなことばかり口にしている同僚
    【ケース2】無口で自己開示をしてくれない部下
    【ケース3】同調しづらい自慢話をする後輩
    【ケース4】こちらが多忙なときに長話をする同僚
講義
ワーク
  • 7.総合演習
    【ロールプレイング】共感を示した場合と示さなかった場合の違いを確認しながら、与えられたテーマでディスカッションを行う
    テーマ1:社員旅行に行くなら、温泉と海のどちらに行きたいか
    テーマ2:組織の福利厚生で、ロボット掃除機とコーヒーマシンのどちらを職場に導入したいか
ワーク
  • 8.まとめ

講義

7255

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

現場では、相手のことを話しづらいと判断するとつい敬遠して、最低限の業務連絡のみに留まりがちになるというコミュニケーション不全がよくあります。

しかし、表面的な部分で共感できないと判断して早々に諦めるのではなく、まずは自らの意志で相手のことを深く知り、能動的に共感することで、組織内の良好な関係構築に繋がります。組織の共感力を高め、メンバーが相互に「わかってもらえた」と感じられるコミュニケーションを取りあうことで、チーム意識が培われ、組織の心理的安全性を高めることができます。

周辺配慮ができる組織風土の醸成、社内調整の円滑化、会議の活発化、健全な帰属意識の醸成による離職防止やメンタル不調の防止など、あらゆる組織課題に現場のコミュニケーションの改善からアプローチするために、本研修を企画しました。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

コミュニケーション研修の評価
年間総受講者数
29,860
内容をよく理解・理解
95.5
講師がとても良い・良い
93.8

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「インソースのもと」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!