IoT関連研修

IoT関連研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の目的・特徴

IoTとは

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)とは、これまでインターネットに接続されていなかった、工場の設備や、腕時計、ドアの鍵、プリンターなど、あらゆるモノがインターネットに接続されることを示します。

IoT化されることにより、モノの操作はもちろん、さまざまなデータの収集・活用が可能になります。そのため、自組織の生産性や業務効率の向上にIoTを活用するにとどまらず、IoT製品・IoTを活用したサービスの開発に取り組む企業が増えています。

IoT製品・IoTを活用したサービスの企画・開発

IoT製品・IoTを活用したサービスの企画・開発において、必要な要素として次の3つの視点があげられます。

開発を実現するための基礎技術

IoT製品・IoTを活用したサービスの開発では、データの収集、蓄積・解析、現実世界への反映という処理を実行する情報システムを構築・運用管理することが必要です。

これまでの情報システムと異なるものとして次のような技術があげられます。

顧客視点に立った企画力

開発が実現できたとしても、顧客にとって価値がなければビジネスとして成立しません。

企画段階で、顧客視点に立ち、顧客にとって必要な製品・サービスは何か、どうすればよりよい製品・サービスを提供できるかと考えることが重要です。
また、製品・サービスのビジネスとしての収益性、実現コストなどを踏まえて、最適な実装方式・調達方法を選択することも必要となります。

収集したデータを適切に活用できる倫理感

あらゆるモノがインターネットにつながるということは、どこでどんなデータが集められていても不思議ではありません。法規制されている個人情報や機密情報の取り扱いはもちろん、明確に法規制されていないデータも、社会の常識や倫理観に基づいて、適切に取り扱う必要があります。

生産性・業務効率の向上

自組織の生産性・業務効率の向上においては、従来の改善手法と同様に、改善すべき業務を特定し、対策を取ることが基本です。異なる点は、測定できるデータが増え、改善できる範囲が広がったことです。これにより、これまで「できない」とあきらめていた改善が実現可能となります。IoTを活用した改善を推進するためにも、改善すべき業務の発見力・解決策の発想力の向上が重要です。

IoT関連研修ご検討のお客さまからのご質問

インソースのIoT関連研修のポイントは何ですか?

A.企画から開発段階まで、幅広く研修をご用意しております。研修を組み合わせることでIoT導入に必要な考え方・スキルを体系的に学習いただくことが可能です。また、WEBinsourceを利用することで、お申込みから受講、受講後のアンケート閲覧まで、ワンストップでご利用いただけます。さらに、人財育成スマートパックを利用することで、より低コストで多くの研修を受講いただくことができます。

当社の現状に合うよう、カリキュラム内容は変更可能ですか?

A.可能です。
対象者や、必要となる科目・日数について個別にお伺いしたうえで、最適な研修スケジュールをご提案いたします。

とくに、新入社員や技術者(IT以外)向けの教育をする場合など、体系的にIT技術の習得が必要な場合には、必要なカリキュラムが多岐にわたるため、ぜひご相談いただけますと幸いです。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

IoT関連研修のご提供コンテンツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!