loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(システム担当者向け)要件定義研修

(システム担当者向け)要件定義研修

要件定義からテストまでの一連のシステム開発工程を豊富な演習で体験し、効果的な開発手法を習得する

研修No.6120000

insourceデジタルアカデミー

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • ・システム開発担当の方
  • ・システム開発における手順とマネジメントの手法を学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 「はじめてプロジェクトマネージャー(プロジェクトリーダー)になったので、要件定義の進め方を学びたい」
  • 「非システム部門所属だが、システム開発を依頼をする上で必要な知識を身につけたい」
  • 「現状分析の方法や開発の進捗管理などにおけるポイントを、今一度確認して整理したい」

研修内容・特徴outline・feature

要件定義からテストまでのシステム開発の一連の流れを理解することにより、効果的な開発が行なえるようになります。 システム開発工程(要件定義からテスト)における作業項目と手順を豊富な演習を通して体験し、システム開発をマネジメントする手法を習得していただきます。

※持ち込んだPCのご利用はできません。

到達目標goal

  • ①「メイン業務」と「イレギュラー業務」を区別して洗い出し、それぞれのシステム化の要否を「コスト」「期間」の面から判断できる
  • ②「ユーザーインターフェースの構築」など解釈のずれが起きやすい項目を、多角的な視点(ユーザー、開発者など)で進めることができる
  • ③「テスト・納品・導入」を踏まえてスケジュールを作成・実行し、進捗の共有とリスク想定・防止対応を随時行うことができる
  • ④実際のシステム運用や障害発生を想定し、障害対策やバックアップ対応を準備することができる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.システム開発の原理原則
    (1)品質の良いシステムとは?
    (2)システムが要求する5つの要件
    (3)良い品質のシステム開発を実現するために ~ 重要なのは「業務効率の向上」
    【ワーク】現在、担当しているシステムの目標を具体的に明示してください
講義
ワーク
  • 2.現状調査・分析のコツ
    (1)業務の流れを全体的に整理する (=森を見る)
    (2)業務の流れを全体から部分に分けていく (=木を見る)
    【ワーク】 自分の業務の一部を流れ図として書き出してみましょう
    (3)イレギュラー業務処理を考える
    【ワーク】 今担当している業務をシステム化する場合、どの様に切り分けられるでしょうか
    (4)ユーザーインターフェイス(画面・帳票)を考える
    (5)言葉の定義を押さえる
    【ワーク】 用語集を作ってみましょう
講義
ワーク
  • 3.システム開発手順・工程管理の理解
    (1)システム開発の手順
    (2)各工程の作業内容と役割分担
    (3)手離れの良い開発要件の受け方 ~ 失敗しない進捗管理
    (4)失敗しないための秘訣
講義
  • 4.テスト・納品・導入
    (1)テスト
    (2)納品のポイント
    (3)現場導入のポイント
講義
  • 5.システム運用・障害対策
    (1)運用・障害対策のポイント
    (2)障害対策のポイント
    【参考】SLA(service level agreement)の考え方
講義
  • 6.システム開発コストを理解する
    (1)工数(人月)の見積もり方
    (2)具体的な人月算定方法
    (3)見積書の作成
    【ワーク】 見積書でどこがおかしいか、考えてみましょう
講義
ワーク

企画者コメントcomment

本講座では、要件定義からテストまでの一連の流れを理解し、開発実行におけるマネジメントスキルを習得いただきます。
システム開発・導入における最終的な「コスト」「工数」の増減は、要件定義の段階で開発担当者とユーザーの間で解釈のズレをなくしておくことが非常に重要になります。
そういった観点から近年ではユーザー部門の方の受講が大変増えている印象です。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

93.6%

講師:大変良かった・良かった

92.3%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年6月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • クライアントに対して、後からトラブルにならないように要件定義をしていきたい。また、ベンダーに対しても価格交渉や進捗管理など適切に行っていきたい。
  • ベンダーの要件定義の重要性を学ぶことができました。今、自分が業務で行わなければならない内容だったので、大変勉強になりました。
  • システム会社様に開発依頼を行う機会が増えるので、今回の研修で学んだように要件定義を細かく設定する必要があると感じました。
  • 業務ヒアリングの際に、言われたことを実現しようとするだけでなく「本当に必要か」という目を持つことに活かしていきたいと思いました。

実施、実施対象
2020年2月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
81.8%
講師:大変良かった・良かった
90.9%
参加者の声
  • 要件定義の考え方を含めた開発工程などの概略が理解できました。現在運用しているシステムの更新の際、活用できればと考えます。
  • ユーザー側とベンダー側の責任範囲を意識していきたいです。
  • 使っているシステムに他にどんな機能があったら便利になるのかというのを普段から考えながらシステムを使うことで、業務改善につなげていきたいと思います。
  • システム関連の調達を実施する機会があるため、要件定義書の作成の際に少しでも活かしていきたいと思います。
  • つい抽象的に決めてしまいそうな要件定義が、最も重要であるということを再認識することができました。

実施、実施対象
2020年1月     11名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
90.9%
参加者の声
  • ユーザーの立場になって、ヒアリングを行い要件定義につなげていきたいです。事前課題の内容が経穴(ヒント)になることを学べました。
  • 今後、要件定義を行う機会が多々あると思うので、何を決めなければいけないか、顧客にも十分伝えて挑むようにしたいです。
  • 現在の業務が、調度要件定義フェーズなので、あらためて、点検、見直しを行いたい。

実施、実施対象
2019年9月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 要件定義の手順やポイントを知ることができて実務に活かしやすいと感じました。
  • 要件定義に関して、システム開発を始めるにあたり、気を付けるべきこと、実施しなくてはならないこと、を網羅的に説明いただけましたので、こちらを本業務の中でも活用し、よい円滑なPJ進行ができるように活かしていきたいと考えております。
  • 実際の事例を交えてのお話が分かりやすく、とても楽しく学ぶことができました。機会があれば別の講座を受けたいです。

実施、実施対象
2019年4月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • システム開発の手法などどのように進めていけばよいかポイントをつかむことができたので、これからの業務に活かしたいと思います。たくさんの人が関わる仕事なので意思疎通・方針・目標決定は大切なポイントだと思いました。
  • ユーザ側の開発担当者として、エンドユーザー・システム開発者の業務内容や流れを理解する努力をしていきたいと思いました。具体的には、エントリーユーザーである営業担当の行動や考え方を知ったり、システム開発者どう協力すれば仕事がやりやすいか等です。
  • 細かいシステム改善など、要件定義的なやり取りがチーム内で毎日発送しています。定量的な達成目標を設定するなどし、ムダの少ないスムーズな仕事をしていきたいです。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
93.6
講師がとても良い・良い
92.3

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修