loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(システム担当者向け)要件定義研修

(システム担当者向け)要件定義研修

要件定義からテストまでの一連のシステム開発工程を豊富な演習で体験し、効果的な開発手法を習得する

研修No.6120000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • ・ユーザ部門のシステム担当者
  • ・新しくシステム開発担当になった方
  • ・システム開発における手順とマネジメントの手法を学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 「はじめてプロジェクトマネージャー(プロジェクトリーダー)になったので、要件定義の進め方を学びたい」
  • 「非システム部門所属だが、システム開発を依頼をする上で必要な知識を身につけたい」
  • 「現状分析の方法や開発の進捗管理などにおけるポイントを、今一度確認して整理したい」

研修内容・特徴outline・feature

ユーザ部門のシステム担当者や新しくシステム開発担当になった方を対象に、要件定義に必要なシステム開発における手順とマネジメントの手法を学ぶ研修です。要件定義をするうえで意識しておく必要となる、テストや障害対策のポイント、工数の見積もり方も本研修にて学びます。

※持ち込んだPCのご利用はできません。

到達目標goal

  • ①「メイン業務」と「イレギュラー業務」を区別して洗い出し、それぞれのシステム化の要否を「コスト」「期間」の面から判断できる
  • ②「ユーザーインターフェースの構築」など解釈のずれが起きやすい項目を、多角的な視点(ユーザー、開発者など)で進めることができる
  • ③「テスト・納品・導入」を踏まえてスケジュールを作成・実行し、進捗の共有とリスク想定・防止対応を随時行うことができる
  • ④実際のシステム運用や障害発生を想定し、障害対策やバックアップ対応を準備することができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.システム開発の原理原則
    (1)品質の良いシステムとは?
    (2)システムが要求する5つの要件
    (3)良い品質のシステム開発を実現するために ~ 重要なのは「業務効率の向上」
    【ワーク】現在、担当しているシステムの目標を具体的に明示してください
講義
ワーク
  • 2.現状調査・分析のコツ
    (1)業務の流れを全体的に整理する (=森を見る)
    (2)業務の流れを全体から部分に分けていく (=木を見る)
    【ワーク】 自分の業務の一部を流れ図として書き出してみましょう
    (3)イレギュラー業務処理を考える
    【ワーク】 今担当している業務をシステム化する場合、どの様に切り分けられるでしょうか
    (4)ユーザーインターフェイス(画面・帳票)を考える
    (5)言葉の定義を押さえる
    【ワーク】 用語集を作ってみましょう
講義
ワーク
  • 3.システム開発手順・工程管理の理解
    (1)システム開発の手順
    (2)各工程の作業内容と役割分担
    (3)手離れの良い開発要件の受け方 ~ 失敗しない進捗管理
    (4)失敗しないための秘訣
講義
  • 4.テスト・納品・導入
    (1)テスト
    (2)納品のポイント
    (3)現場導入のポイント
講義
  • 5.システム運用・障害対策
    (1)運用・障害対策のポイント
    (2)障害対策のポイント
    【参考】SLA(service level agreement)の考え方
講義
  • 6.システム開発コストを理解する
    (1)工数(人月)の見積もり方
    (2)具体的な人月算定方法
    (3)見積書の作成
    【ワーク】 見積書でどこがおかしいか、考えてみましょう
講義
ワーク

企画者コメントcomment

本講座では、要件定義からテストまでの一連の流れを理解し、開発実行におけるマネジメントスキルを習得いただきます。
システム開発・導入における最終的な「コスト」「工数」の増減は、要件定義の段階で開発担当者とユーザーの間で解釈のズレをなくしておくことが非常に重要になります。
そういった観点から近年ではユーザー部門の方の受講が大変増えている印象です。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

81.3%

講師:大変良かった・良かった

81.3%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2021年12月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今まさに要件定義を進めていくところなので、今日学んだことを活用します。また、イレギュラー対応の洗い出しが不十分であったと感じたので改善します。
  • ユーザー、ベンダー間のコミュニケーションを疎かにしないように心がけます。ユーザーとベンダーが互いに手を取り合って要件定義フェーズを進められるよう歩み寄る姿勢と信頼関係の構築が重要だと思いました。
  • 要件定義の流れを見直しできました。要件定義ではどのようなことを目的としてどのような検討が行われているのかなどを理解したうえで、ベンダー選定に関わっていきます。

実施、実施対象
2021年11月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • システム開発の流れについて学べ、自分にとっては非常に有意義だった。今後システム開発依頼をする側・作成する側、どちらも関係するので活用できると思う。
  • システム開発工数の計算知識を活用し、スケジュールを決めます。人月単価の考え方は知らなかったので、今後の業務にすぐに活かせそうです。
  • メイン業務だけでなく、イレギュラーな業務に関しても効率化を意識します。用語集を作り、他の方との共通認識を持ち、スケジュールやコストに関しても共通認識を持つことが重要だと感じました。

実施、実施対象
2021年10月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
83.3%
講師:大変良かった・良かった
75%
参加者の声
  • システム開発をしようとするとやらなければいけないことばかりに目がいくが、やらなくていいこともはっきりさせておく必要があることを学べた。業務の効率化をするためにも、やるべきこと、やらなくていいことを切り分けて仕事を進める。
  • 作業工程でどんな数値的指標が必要で、どのようなドキュメントが必要になるのかを理解できた。立場的にはシステム開発よりマネジメントがメインになるため、プロジェクトマネジメントの話を参考にして業務に取り組む。
  • 要件定義を理解して、基本設計などにも活かします。要件定義の方法、ポイントについて学べました。
  • ベンダーからの実現方式は、まさに「やらないこと」を明確にしたものとなっているが、常駐先で主管部向けに提示している方式設計書は「やること」中心の記載です。今後は方式設計書にもやらないこと・できないことを明記し、仕様変更や手戻りの防止に繋げます。
  • 利便性、安全性、保守性、拡張性、経済合理性が頭から抜けることがあるので、全体感を忘れないようにしたい。スケジュール作成手順について、担当者決めや必要時間の見積もりについての話が非常に参考になった。

実施、実施対象
2021年3月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
83.3%
参加者の声
  • 今回の情報を社内で共有して、システム化や効率化を進めていきたいです。ワークで自分で考えながら研修を受講でき、有益でした。
  • 営業活動の中でシステムが絡んでくる案件について活かします。システム化すべきものとシステム化しないものを考えて判断できるようになりたいです。
  • システム開発を依頼された際には、何も考えずにユーザーから要求を受けた全ての機能を実装するのではなく、本当に必要な機能を見つけ出して、ユーザーに最も利益を与えることを意識します。

実施、実施対象
2021年3月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
75%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今回の研修を通して、基本的なシステム要件の定義の流れが理解できたので、照らし合わせながら、実業務にあたります。要件定義からテストまで、一連の流れの中で大事にすべきことや方法を教えていただけたので、それらの点を業務に活かします。
  • 要件定義の標準化を実施します。要件定義から納入までのプロセスについて確認をし、上流側のプロセスの重要性を再認識したので業務に活かしていきます。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
81.3
講師がとても良い・良い
81.3

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修