loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

資料作成研修

資料作成研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

その資料に何を語らせたいか

言葉だけでは説明が難しい内容を補足したい場面や、全事業所に展開するキャンペーンのように対面での説明を前提としていない営業活動時に力を発揮するのが資料です。お客さまへの提案書や社内の会議資料など、ビジネスパーソンにとって資料を作成する機会は多いにもかかわらず、作成が苦手という方は少なくないのです。

ビジネスにおける資料作成の目的は、「こちらの意図をわかりやすく相手に伝えて、相手の行動変容につなげること」です。ただ見ためが美しいものが「理想の資料」ではありません。
その目的が明確で、相手にそれを語りかけてくるような資料を作成できる力こそが、ビジネスパーソンに求められる資料作成スキルです。情報を「一目」で「分かりやすく」伝える力は、業務の効率化や生産性向上につながるだけでなく、近年増加する非対面のコミュニケーションにおいても有効です。

インソースの資料作成研修では、「相手に伝えるということは、相手が理解して行動できるということ」という前提に立ち、分かりやすく、訴求力のある資料作成スキルを高めます。まずはこの資料に何を語らせたいのか、この資料を見た相手にどうしてほしいのかなど、資料の目的を明らかにする思考方法を身につけ、文章表現や図解活用の具体的なテクニックを学んだうえで、実際の資料作成に取り組むワークを通じて、職場ですぐに使える実践力を身につけていただきます。


資料作成研修のポイント

論理的でわかりやすく情報をまとめるスキルが身につく

資料を作成するうえでつい見落としがちなのが、「論理的でわかりやすいか」という視点です。弊社の資料作成研修では、ただ見栄えの良い資料を作るためのテクニックを習得するのではなく、「論理的でわかりやすい」資料を作れるようになることに重点を置いています。

「論理的でわかりやすい」とは、資料の「目的」と「ゴール」が明確になっている、ということです。伝えるべき情報を整理するフレームワークや、ロジカルシンキングの基本構造を身につけ、資料の「流れ」を型で覚えることで、相手にどう動いてほしいのかがきちんと伝わる資料を作成できるようになります。

情報をわかりやすくアウトプットする「図解思考力」が身につく

図解思考力とは、文章やデータの「本質的なメッセージ」を掴み取り、意図をもって表現方法を選んで図解化するスキルです。「図解を作るセンス」というと、絵心があることのように思われがちですが、伝える目的を明確にし、メッセージの柱をどう立てるかを考えることの方が重要です。

本研修でお伝えするのは、インプットされた情報を論理的に理解し、それを整理・分析して図や表を使って視覚的に表現するスキルです。資料に伝えたい内容を「語らせる」ための画面構成、文字、色の使い方などを、基本的な考え方と具体例に則って習得します。個人の「センス」でなく、普遍的な「知識と技術」で上手に資料作成できるようになることを目指します。

豊富な研修ラインナップの中から、最適な資料作成のノウハウが学べる

弊社では、提案書や企画書、広報誌、パンフレットなど、目的に応じて様々な資料が作成できるよう、多様なバリエーションの研修がございます。また、研修資料は従来の紙テキスト以外にも、オンライン形式の研修に対応した動画教材でお届けすることも可能です。あらゆるツールを用いて最も効率の良い資料を作成するためのノウハウを、提案書や企画書などの資料作成経験豊富な講師が、自らの体験談を交えながら詳しくお伝えします。

 

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

資料作成研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!