loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

デジタルマーケティングサービス

デジタルマーケティングサービス

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

売れない時代の活路「メディアミックスアプローチ」をデジタル活用で実現

近年、営業が直接訪問で商談を行うのではなく、WEBやデジタルツールを用いて顧客の流入をはかり、データ分析をふまえて商品・サービスを訴求する、「デジタルマーケティング」が広がってきています。コロナ禍で対面式の顧客アプローチが難しくなっている状況下においては、WEBサイト、メール、SNSなどのデジタルチャネルを有効に活用し、オンラインで需要と供給をマッチングさせることが求められています。

デジタルを活用することで、多様化する顧客の趣向やニーズを捉えて、的確なマーケティングを実現させることができます。AIによってマーケティングの精度を高めるなどの新技術を前提とした施策に、これからのニューノーマル時代ではさらに注目が高まるでしょう。このような時代の変化に取り残されないよう、企業として取り組みを検討することが必要です。

インソースでは、「顧客ニーズの変化に対応し切れていない」「見込み客の発掘の時間がない」「既存クライアントひとつひとつまで手が回らない」などの課題を解決するデジタルマーケティングサービスを幅広くご提案させていただきます。また、デジタルマーケティングを最大限活用できる組織体制の作り方、訴求力のあるメール作成やWEB制作、各種ツールを活用した戦略的な成果の出し方まで、研修・セミナーを通してお伝えすることも可能です。貴社の課題解決に向けて、トータルサポートさせていただきます。


デジタルマーケティングサービスのポイント

デジタルで営業力を強化する

リモートワーク時代の営業活動を強力にサポートするシステム「Remote-Plants(リモートプランツ)」 をご用意しております。顧客情報と営業活動を可視化する営業支援ツールです。ターゲットリストの作成から一括メール配信、行動管理、商談管理、日報・週報の作成まで豊富な機能を備えています。顧客へのアプローチや、顧客との交渉履歴を組織内全員で情報共有することができ、組織全体が連動して営業活動を行えます。訪問準備や架電ターゲットの絞り込み、メール作成などの時短を実現する、シンプルで使いやすい機能が豊富に搭載されています。

「Remote-Plants」は、インソースが自社の営業用に開発したシステムをベースとしており、10年以上連続で売上げを伸ばすことの中核を担ってきたツールです。現場で使用する中でアップデートを重ね続け、リモート時代の営業のお悩みも解決するものとして仕上がっております。私たちの培ってきた経験・ノウハウを凝縮した、非常に使いやすく効果的なツールですので、ぜひ貴社への導入をご検討ください。

リモート営業の管理支援ツール「Remote-Plants(リモートプランツ)」
【導入支援パッケージ】「オンライン商談」時代の営業・マーケティング変革プラン



顧客へのアプローチを効率化する

純国産のオールインワンMAツール「MRC(マーケライズクラウド)」をご提供いたします。日本の製造業向けに細かく作り込んだ仕様が開発の根本にあるため、データベースの顧客登録項⽬など、使い勝⼿は抜群です。使いやすさを重視した「メルマガ配信」「セミナー集客」「Webアンケート」「見込み客の管理・フォロー」などの機能が充実しております。製造業・建設業だけでも200社以上の導入実績があり、BtoBマーケティングを始めたい企業さまをサポートいたします。

「手持ちの名刺リストは年々増えていくけど、有効活用できていない」
「自社のWebサイトを販促に活用するにはどうすればよいか」
「展示会やWeb広告活動の費用対効果を明確に出したい」
「Webサイトからの引き合いを増やしたい」

上記のようなお客さまのお悩み・ご要望を、「MRC(マーケライズクラウド)」は解決・実現いたします。

マーケティングオートメーションツール「MRC(マーケライズクラウド)」



データ分析に長けた「データサイエンティスト」を養成する

データサイエンスの知識をビジネスに活用するための研修・セミナーを取り揃えており、高度な顧客データ分析をもとにしたマーケティング施策の検討・改善を行える人材の養成を実現します。「統計分析」「AI・人工知能」「Excel」「Googleアナリティクス」など、データ活用の手法を学ぶ各種ラインナップがございます。

ビジネス変革の鍵として、あらゆる企業が「データサイエンス」に注目しています。AIやビッグデータといった先端ITに注目が集まる昨今ですが、ビジネスでのデータ活用は未だ大きくは進んでいないといわれています。この原因は、ビジネス側とデータ専門家側のコミュニケーションの断絶にあります。データサイエンスを扱う専門家がいるだけでは活用は進みません。データ分析や統計学の基礎知識をもった「ビジネスリーダー」、ビジネスリーダーと専門家との橋渡しの役割を担う「ビジネストランスレーター」など、データ活用の推進に必要な人材の養成が急務です。私たちがその課題解決のご支援をさせていただきます。

【eラーニング】データ分析実務スキル検定(CBAS) 対策講座
ビジネスデータの分析研修~職場で活かせる統計の基礎とデータ活用法を学ぶ
ビジネス活用のためのAI・人工知能研修
(中級者向け)Excel研修~データの集計・分析編
ゼロから学ぶGoogleアナリティクス実践講座
【導入支援パッケージ】社内人材から「データサイエンティスト」を育てるプラン



問合せ対応などの顧客サポート業務を支援する

モバイルと人工知能を活用したコミュニケーションソリューション「モビルス」をご提案いたします。AIを活用したチャットサポートシステム、自動応答チャットボット、音声自動応答ボット、LINEを使った配信といった様々なソリューションがあり、それらを連携させることで、分断されやすい顧客接点をすべて統合管理することができます。

①「mobiAgent(モビエージェント)」
企業のコンタクトセンターや自治体向けに、AIチャットボット(自動応答)と有人応答によるシームレスなチャットサポートを実現するシステム。現場のオペレーターやSVを強力に支援する機能を豊富に搭載。

②「mobiBot(モビボット)」
組織のニーズに応じて、一問一答型からシナリオ型対応まで幅広い範囲をカバーし、外部システムとの連携を可能にするオールマイティチャットボット。

③「mobiVoice(モビボイス)」
問合せの一次ヒアリングの自動化や、よくある質問の自動応答で、問合せ業務のBCP対策や在宅勤務導入といった課題の解決を実現するAI電話自動応答システム。最短5分で電話自動応答サービスを公開できる、まったく新しいボイスボット。

④「mobiCast(モビキャスト)」
自社のLINE公式アカウントで友だちになっているユーザーへ、顧客属性やアンケート結果に基づいたセグメント配信を行うことができるソリューション。

モバイルと人工知能を活用したコミュニケーションソリューション「モビルス」

デジタルマーケティングサービスご検討のお客さまからのご質問

インソースのデジタルマーケティングサービスの特徴はなんですか?

インソースのデジタルマーケティングサービスには、3つの特徴がございます。

①デジタルマーケティングに関する多様な課題解決に貢献
「売れない時代に売上を作りたい」「Webサイトの成果=コンバージョン(商品の購入や申込み)率を上げたい」「コストを抑えて効果を上げたい」など、デジタルマーケティングの様々な課題に対応し、解決させていただきます。

②実践的機能で効果を出しやすい
デジタルマーケティングは、インソースの成長の原動力です。「メディアミックスアプローチ」の考え方を基に、電話、メール、WEB、訪問などを連動させてアプローチすることにより、「売れる仕組み」を作りました。自社で使いながら改善を重ねたサービスは、どれも現場で使いやすく、最大の成果を出せる実践的な機能を豊富に搭載しています。

③システム提供にとどまらず、「働き方改革」「生産性向上」に対応したトータルサービスを提供
マーケティングの知識やフレームワークを学んでも実務への活用が一夕一朝にいかないのと同様に、デジタル化すれば全てが解決するわけではありません。フローの自動化・仕事の効率化に伴う組織変革を視野に入れ、現状の課題を解決する適切なシステムの選択から導入・運用、活用人材の育成まで、トータルにご支援させていただきます。

どのような対象者がサービスを利用することを想定されていますか?

研究・開発、企画・製造、営業・販売、宣伝・販促など、あらゆる職種がマーケティングの当事者となります。組織の売上向上を目指す全ての方が、サービス提供の対象です。


また、既存のマーケティング部門から新時代に対応したデジタルマーケティング部門への進化が必要、といった組織の方には特におすすめです。「経営陣から専門外の依頼をされた」「営業部から新規顧客の問い合わせを増やすよう求められた」「人事部から有望な新卒応募者を求められた」など、担当者に求められている幅広い期待に対応するためのソリューションを取り揃えております。

顧客管理ツール(CRM)、営業管理システム(SFA)、マーケティングオートメーション(MA)、それぞれのツールの違いは何ですか?

大きく分けて、それぞれのツールには以下のような用途の違いがあります。

【顧客管理ツール(CRM)】
顧客情報や顧客とのやりとりなど、顧客関係を管理するツール。

【営業管理システム(SFA)】
営業担当者の営業活動・行動量、見込み顧客との交渉経緯を管理するツール。

【マーケティングオートメーション(MA)】
メール配信、広告配信などマーケティング活動の一部を自動化するツール。

それぞれのデータ活用方法によって必要な顧客情報が違っています。CRMは顧客データ全般、SFAは営業活動の相手先として(メール・電話・交渉経緯)、MAはマーケティング施策のターゲット管理(WEB問い合わせ・メール配信状況・資料ダウンロード・閲覧ページ)というように違いがあります。


インソースの「Remote-Plants(リモートプランツ)」は、顧客管理ツール(CRM)と営業管理システム(SFA)を兼ねた、オールインワンの営業支援システムです。マーケティングオートメーション(MA)を実現する「MRC(マーケライズクラウド)」とあわせてご検討ください。

デジタルマーケティングとWebマーケティングはどう違うのですか?

Webマーケティングとは、Webを中心に行われるマーケティングのことです。Webだけではなく、デジタル領域すべてに関わるマーケティング活動のことをデジタルマーケティングといいます。本質はどちらも同じマーケティングですが、デジタル技術の進歩により、検索エンジンやSNS、Eメール、アプリなどデジタルチャネルの数はどんどん増え、それにともないオンラインチャネルで得られるデータ量も増え、作業量が膨大になり、手作業では処理できない状況になっています。IT・デジタル技術の活用なしでは、企業のマーケティング活動は実現しえない時代を迎えています。

Webマーケティング研修

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

デジタルマーケティングサービスのご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!