loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

指示徹底力強化研修

指示徹底力強化研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

指示徹底力の強化はすぐに始められる生産性向上策

部下に指を出したものの、なかなか成果物が提出されなかったり、あがってきたものが指示していたものと異なる仕上がりだったために再度指示を出し直したり、自分の思うようにチームの業務が進まないのはよくあることです。

しかし働く人や勤務時間・場所などが多様化する今、リーダーや管理職にとって的確な指示を出して部下を動かすことは、これまでよりもさらに強く求められるスキルとなってきています。自分でやった方が早いからと思うのではなく、部下に仕事を任せることで積極的に部下の成長を促し、自身は本来の自分の仕事に取り組むように努め、部署全体の生産性向上につなげていかなければなりません。

インソースでは、指示徹底力強化に向け、指示を「事前準備」「具体的な指示の仕方」「指示内容の確認」「中間確認」の4プロセスに分解し、それぞれの段階で必要なスキルを学ぶ研修を開発いたしました。
▶︎(管理職・リーダー向け)指示徹底力強化研修(1日間)

このほか、指示・指導者のナレッジの差によらない均質的な指示を実現するための考え方を学ぶものや、テレワーク下でミスコミュニケーションを起こさない指示のポイントを習得するプログラムも数多く開発しています。指示徹底力を向上させたい全ての業種・職種の方に向けたインソースのソリューションをご検討ください。


指示徹底力強化研修のポイント

指示に関する様々な悩みを解決

「指示通りに行われず、同じようなミス・トラブルが発生してしまう」「指示通りに動きたがらないメンバーがいる」「指示をしても思ったように伝わらない」など指示に関する悩みは尽きません。

以下の研修では、指示の4プロセスを学ぶだけでなく、指示を効果的に伝えるために責任者を任命したり、「年上のメンバー」「別の部署」「大人数」に向けた難易度の高い指示をどのように行うかを具体的に身につけることを目指します。

(管理職・リーダー向け)指示徹底力強化研修(1日間)
管理職向け生産性向上研修~かんばん方式を応用した管理職の生産性向上(1日間)

テレワーク・リモートワークに応じた指示にも対応

テレワークやリモートワーク下では、対面での勤務時以上にきめ細やかな指示が求められます。まずはチームや部署の業務の標準化・明文化を進め、部下に合わせた業務アサインメントを行います。加えて、メンバーの生産性低下やコンプライアンス違反、メンタルヘルス不調が起こっていないかというリスクマネジメントも必要です。

上記のように管理職の負担が増加する一方で、組織における生産性を落とすことはできません。インソースでは、こういった状況下でも効果的なマネジメント行うためのヒントを得ていただける研修を取り揃えています。

ポストコロナ・ウィズコロナ時代のマネジメント研修~業務の標準化とディレクションの手法を学ぶ
リモートワーク時代の管理職研修~共通のルールづくりで成果をあげる(1日間)

指示の徹底に行動経済学を活用

ただ一方的に指示を伝えるだけではメンバーが動かないこともあります。そのようなときに行動経済学を活用することもひとつの方法です。~をしないと損をするという情報を与えて動かす損失回避性アプローチ、他の人はどうしているのかを伝えて動かす社会的規範アプローチなどの使い方を学びます。

行動経済学を活用した部下指導研修~EASTで部下の主体性を引き出す(1日間)


指示徹底力強化研修ご検討のお客さまからのご質問

インソースの「指示徹底力強化研修」のポイントはなんですか?

A.指示徹底に必要な要素を「指示をするための事前準備」、「指示の仕方」、「指示内容の確認」、「中間確認」の4つに分解し、それぞれのポイントを演習も交えて学んでいく点です。

そのうえで、日頃からメンバーとのコミュニケーションを活発に行うことや、効果的に伝えるテクニックなど+αのノウハウを習得していただきます。
研修の最後にはよくある状況を踏まえたケーススタディで学んだことをアウトプットていただくため、明日から現場ですぐに活かすことができます。

指示徹底の前に、部下指導の基本を学びたいのですが、研修はありますか。

A.もちろん、ございます。

例えば新人を指導する方向けの研修では、仕事の進め方を指導するだけでなく、仕事における判断軸をどう養っていくかについても、お伝えしています。さらに、「わがままなメンバーに対する指導」「何度注意しても社会人らしい格好できないメンバーに対する指導」など、OJT担当者によくある悩みをケーススタディで取り上げています。

OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編

部下にそろそろ他の仕事を任せたいのですが、何からやるのが効果的ですか。

A.インソースでは92%の仕事は自分以外でもできると考え、「任せる仕事」の見極め方についてお伝えしています。3日間の仕事を洗い出し、「自分が行う仕事」と「部下に任せる仕事」に振り分けるなど、具体的にどの業務を部下に任せるか、考えていただきます。

また、ただ依頼するのではなく、部下をやる気にさせる任せ方についてもお伝えします。

仕事の任せ方研修~業務采配で部下を成長させる(1日間)

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

OJT・部下指導研修のおすすめプラン

管理職も若手も心の余裕をもって指導・成長していくプラン

管理職に「若手に厳しく言いすぎない適切な部下指導・職場づくり」、メンバーには「仕事と上手く向き合うレジリエンス・セルフプロモーション方法」を習得してもらう

1年でOJTノウハウを蓄積し、育成の風土をつくるプラン

1年間でOJT担当者に3回、管理職(OJT監督者)に1回の研修を行う。これにより全社で指導スキルの足並みを揃え、自社のOJTノウハウを集結し、育成体制を強化する

リモートワーク下の新人・若手を育て成果を出させるプラン

3か月間の研修で、各階層にリモートワーク下で必要な「成果の出し方」「指導の仕方」「マネジメントの仕方」などを学ばせ、新人・若手が力強く業務遂行できる環境をつくる

指示徹底力強化研修のおすすめ動画教材・eラーニング

指示徹底力強化研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

【コア・ソリューションプラン】

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!