loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

モチベーション向上研修~行動経済学を具体的シーンの中で活用する

モチベーション向上研修~行動経済学を具体的シーンの中で活用する

行動経済学のイロハを学び、その活用を通じて部下や職場のメンバーのモチベーションアップにつなげる

研修No.2600400

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層

・部下を持つ人、チームリーダーの立場にある人

よくあるお悩み・ニーズ

  • 思うように部下や後輩を動かすことができない
  • チームメンバーのモチベーションアップのコツを知りたい
  • 最近よく目にする「行動経済学」について知りたい

研修内容・特徴outline・feature

リーダーにとって、部下やメンバーのモチベーションをマネジメントすることは重要なテーマのひとつです。しかし、いくら権限と正論をもって動かそうとしても、思うようにいかないのが人の心でもあります。この研修では、行動経済学の理論を一つひとつ紹介しながら、合理性だけではない、感情を持った人の特性を踏まえた、実践的なマネジメントの方法をシーン別にお伝えします。

到達目標goal

  • ①知識として行動経済学の代表的な理論を学ぶことができる
  • ②行動経済学の理論が具体的にどのようなシーンで活用できるかが分かる
  • ③自身の職場のモチベーションに関する課題に対し、具体策を持ち帰ることができる

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.人は感情で動くもの~「経済人」って誰?
    【ワーク】事例のような場面に遭遇した場合、実際にあなたならどのような判断や行動をするか考える
    (1)様々な理論に登場する「経済人」とは
    (2)人の非合理的な側面に着目した「行動経済学」
講義
ワーク
  • 2.ケースで学ぶ行動経済学理論<その1>
    (1)ケース①~「面倒だけどやらなければならないこと」をやらせるには
    【ワーク】日々の営業活動の結果を、システムに入力させるためにどうすればいいか考える
     ①ヒューリスティックス ②結果の見える化 ③イケア効果
    (2)ケース②~残業削減に積極的に取り組ませるには
    【ワーク】残業時間が減らない社員に、早く仕事を終えてもらうためにはどうすればいいか考える
     ①双曲割引 ②ツァイガルニク効果 ③フレーミング効果
    (3)ケース③~社内公募に積極的に参画させるには
    【ワーク】全社で行われる業務改善のアイデア募集に、自部署からも積極的に応募させるためにはどうすればいいか考える
     ①バンドワゴン効果 ②二要因理論 ③アンダーマイニング効果
    (4)ケース④~「部下が受け入れ難いこと」を受け入れさせるためには
    【ワーク】付き合いの長いクライアントの担当替えを承諾させるにはどうすればいいか考える
     ①保有効果 ②サンクコスト ③損失回避の法則 
講義
ワーク
  • 3.ケースで学ぶ行動経済学理論<その2>
    (1)ケース①~若い世代を前向きにさせるには
    【ワーク】真面目で大人しいイマドキの若手たちに、もっと主体性をもって仕事に取り組ませるにはどうすればいいか考える
     ①現状維持バイアス ②決定回避の法則 ③社会的選好
    (2)ケース②~パート従業員のやる気を向上させるには
    【ワーク】パート従業員に、もっと生産性の高い仕事をさせるにはどうすればいいか考える
     ①フォールコンセンサス ②承認欲求の報酬代替効果 ③上昇選好
    (3)ケース③~もっと高い目標にチャレンジさせるには
    【ワーク】達成できそうな目標しか立てようとしない部下に、もっとチャレンジングな目標を掲げさせるにはどうすればいいか考える
     ①参照点バイアス ②アンカリング効果 ③目標勾配仮説
    (4)ケース④~人材育成につながる人事評価を行うには
    【ワーク】評価面談の後、評価者も被評価者も何となくモヤモヤした感じで終わるのを、何とかするにはどうすればいいか考える
     ①X理論とY理論 ②返報性の原理 ③ピーク・エンドの法則
講義
ワーク
  • 4.実践演習~行動経済学を活用して職場の活性化策を考える
    【ワーク】行動経済学の理論を活用して、自身の職場における活性化策、もしくは部下・後輩のモチベーションアップ策をグループワークを通して考える
ワーク
  • 5.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

最近様々な場面で目にすることが増えてきた「行動経済学」ですが、興味はあっても、研修などの形できちんと学ぶ機会は意外と少ないのではないでしょうか。本研修は、「部下のモチベーションアップ」というテーマを表に据えつつ、行動経済学の代表的な理論をひと通り学んでいただくことをもう一つのテーマに置いて企画されました。「部下や職場のモチベーションアップに関心がある」という人も、「行動経済学に興味がある」という人も、ぜひ、ご参加ください。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.1%

講師:大変良かった・良かった

97.2%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年8月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • メンバーに仕事を振るとき、1対1面談のとき、失敗したときなど、どんな場面でも使える汎用的なことを学ぶことができました。
  • 上司としてのモチベーション向上研修は初めて参加したため、とても勉強になりました。本日学んだことを一つ一つ振り返り業務に生かしていきます。
  • 管理者として部下との接し方において、今まで以上に「言葉の重み」を意識して指導やコミュニケーションを円滑に図っていきたい。
  • 面談でフィードバックする際、「高評価、低評価、高評価」の順での伝える方法はすぐに取り入れたいと思います。また、自分の普通が相手の普通とは限らないので、本日学んだ理論をもとに、ロジカルにメンバーとの関係構築をしたいと思います。
  • 伝え方の改善をする。現状整理は頭ではなく、活字に落としてみる。部下の成長のためにどうしたら良いかについて、もっと考える時間を作る。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
98.1
講師がとても良い・良い
97.2

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修