ファシリテーション研修を語る

ファシリテーション研修を語る


会議を円滑に進め、
合意形成に導く力をつける研修

「会議の進行役」として議論を円滑に進め、合意形成に導く方法を学ぶ研修です。演習、グループワークを通じて、ファシリテーションに必要なスキルを習得していただきます。


ニーズ

業務改善の一環として「会議の時間を短縮したい」、
「成果の出る会議運営をしたい」というご要望から開発しました

企業や自治体では、作業の効率化、コスト削減を目標とした業務改善を行っています。その中で「ムダな会議を減らそう」「会議を効率的に運営しよう」という動きがあります。
この動きの中で、「短時間で結論の出る会議」「参加者の意見を引き出し、メンバー間の信頼を構築する会議」「書類を読み上げるのではなく、 問題解決や意思決定の場となる会議」を作り出すファシリ
テーター(=会議を運営する人)の役割が問われています。各企業・
組織においては「議論をリードし、問題解決・合意形成を図る」ため、会議を進行するスキルが求められています。


効果

会議を効果的に進めるために必要な
「4つのスキル」が身につきます

①場を作るスキル
②対人関係スキル
③構造化スキル
④合意形成スキル

研修では、まず上記のスキルを体系的に学び、その上で、それぞれの内容をワークを通して理解を深めていただきます。
さらに、各スキルごとに「まとめのワーク」として自身の仕事と結びつけて考えるワークを設け、 明日の会議から、すぐに活用していただけるように組み立てています。


重点ポ
イント

楽しくグループワークを行いながら、ファシリテーターとしての能力を強化できるプログラムになっています。 特に、研修の最後に行う「ロールプレイング」では、グループメンバーがそれぞれ設定された人物像になりきって擬似会議を行い、ファシリテーター役の人は学んだスキルをフル活用しながら会議運営を体感していただきます。


研修の
流れ

簡単に、研修の全体的な流れをご説明します。

はじめに、「自分が日頃参加している会議とは?」、「会議で上手くいっている点、困っている点」をグループで話し合い、 研修への意識づけを行います。
次に、「ファシリテーターに求められる4つのスキル」について、解説します。
①「場を作るスキル」、②「対人関係スキル」、③「構造化スキル」、④「合意形成スキル」について、テキストに沿って、ファシリテーションスキルに関する体系的な知識を押さえていきます。
各スキルのまとめとして、「ワーク」を用意しています。
そして、ファシリテーションの実践である総合演習(グループワーク)に入ります。


~会議のロールプレイング~

研修の最終段階で行う「総合演習」について説明します。

ファシリテーションの実践演習として、メンバーそれぞれが与えられた役割になりきって会議演習を行い、「会議を円滑に、効果的に進める方法」を体感します。
演習例としては、「マンション管理会社の契約更新の是非を決定する」「部署内のコミュニケーション不足を考える」等をご用意しています。様々な業種に特化したケースもございます。

次に演習の具体的な進め方です。
まず一人がファシリテーターとなり、他のメンバーには「マイナス思考の人」「思いつきで発言する人」「分析が好きな人」「前向きな意見を出す人」等といった設定の役割が与えられます。
続いて、会議のロールプレイングを行います(会議の議題例:「○○課のコミュニケーションが希薄化しています。その対策として、提示する3つのプランの中から最適な方法を選びましょう」等)。1回のロールプレイングの所要時間は、5~10分くらいです。
ファシリテーターは、様々な役割を与えられたメンバー全員に発言を促し、合意形成を図っていきます。

ロールプレイング後、メンバーはファシリテーター役に「良かった点」「改善した方が良い点」等のフィードバックを行います。

このようなロールプレイングを何度も繰り返します。複数の議題を使い、メンバー全員がファシリテーターはじめ、すべての役割を1回ずつ演じることになっています。
ファシリテーター役になると、最初は上手くいかないことが多いのですが、ロールプレイング後に講師やチームメンバーからフィードバックをもらうことによって、改善点が見えてきます。そして、ファシリテーターとしてのスキルが身についていきます。


実績

受講者の多くは、若手から中堅層です。特に、自治体・独立行政法人などでの研修実績が豊富です

自治体での研修実績が多いです。自治体では「協働」というキーワードを大切にし、住民との会合や他団体との共同プロジェクト等を多く行っています。 そのため、初対面の人たちとのミーティングにおいて、"意見を聴き、上手くまとめていく役割"を担う必要があり、 会議運営能力が重要とされています。
従って、そういった能力の向上を図るべく、将来のリーダー候補である中堅層への研修ニーズが高いです。民間企業では、若手・中堅層だけでなく、管理職層向けに実施することもあります。


ひと言

様々な組織において、「長い会議」「結論が出ない会議」に困っている方々に多く出会います

ファシリテーターを任されたとして、職務経験や職場内での力関係などがあり、十分な対応が難しい場合があるかもしれません。しかし、この研修で必要なスキルを体系的に知っておけば、実際の会議で上手くいかない場合にも、漠然と「上手くいかなかった」と思うのではなく、「今後、どのような力を強化していけば良いのか?」と認識できます。このような意味で、あらゆる組織、階層の皆さまにおすすめの研修です。



お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ
インソース流研修とは?
インソース流研修のやり方

人気研修の解説
全社員向け意識改革研修
ビジネス文書研修
管理職のためのビジネス文書研修~指導編
話す力・書く力(プレゼン・文書研修)
プレゼンテーション研修
内定者研修
新入社員研修
新入社員IT研修
新人フォローアップ研修
OJT指導者研修
コーチング研修
部下モチベーション向上研修
中堅社員研修
管理職研修
管理職アセスメントプログラム
リーダーコミュニケーション研修
段取り研修
CS研修
接遇研修
コミュニケーション研修
企画力研修
リスクマネジメント研修
コンプライアンス研修
キャリアデザイン研修
交渉術研修
ファシリテーション研修
タイムマネジメント研修
ビジネスゲーム
業務改善研修
自治体マネジメント研修
Java研修
クレーム研修
電話応対研修
図解思考力研修
整理力研修
研修担当者レベルアップ研修
社内講師養成研修
財務研修
ファイリング研修
マニュアル作成研修
営業力強化研修
メンタルヘルス研修
タイムマネジメントの原則
話す力・書く力
コンプライアンス研修
業務改善研修
新入社員研修~社会人としての自覚編

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の残席あり研修