管理職の「部下の文書指導」について語る

管理職の「部下の文書指導」について語る



部下の書いた文書が分かりにくい?

「社員の書いた報告書の内容が分かりにくい」「お客さまから社員の書いた文書に対するクレームが来た」といったことはありませんか。
もちろん、内容に問題のある場合もありますが、ビジネス文書を書く力が欠けていることが多いのも事実です。

実は、文章力は簡単に伸ばすことができます。「書く」ことが上手にできれば、結果的に報告能力や仕事の手順の効率化など、業務遂行能力の向上にもつながります。文書作成は仕事の基本です。

今回は管理職の方が、部下の文書指導ができるようになるポイントを説明します。


書き手の立場が明確である

文書を書く上で、最も大切なのは、文書の書き手である自分の立場が意識できているかどうかです。この視点が欠けていると、どんなに美しく、内容が素晴らしい文書でも、使えない文書となってしまいます。

実際「部下の文章が下手だな」と感じる場合は、文法がおかしいというより自社の立場を分かってないという場合が多いように思います。
部下に文書指導をする際には、必ず書き手(自社)の立場や書く目的が何なのかをしっかりと確認する必要があります。


読み手の理解の流れに沿った文章を書く

内容に関しては、「話の流れ」がスムーズに頭の中に入ってくる文章が求められます。例えば、稟議書や申請書など、日常で目にしているものと同じ順序・流れで書かれた文章が、一番理解しやすいものです。

なぜ理解しやすいかというと、これらの書類は論理的に展開されていて、内容を整理しやすいからです。例えば、稟議書や申請書は、
「件名」「ねらい・理由」「詳細内容」「費用対効果」「リスク」「スケジュール」等が順番に書かれていて、一目でどういった内容なのかが分かります。ですから、他の報告書を書く際にも、「稟議書や申請書と同じような順番や論理構成であるか」ということを意識して書くようにしましょう。

これは、社内だけでなく、営業の現場でも有効です。提案書を作る際には、提出先の書式、流れを踏まえて作成すれば、案件が取れる可能性は高まると言えるでしょう。


定型フォーム(雛形)を用いて文書を短時間で作成

とは言え、現場では仕事に追われ、しっかりと文書指導をしている時間はなかなかありません。即効性を求めるためには、文書の作成方法を標準化していくことが有効です。日常の仕事は、日々、100%新しいことを行っている訳ではありません。職場では、毎日似たような文書を、パソコンを使って作成することが多いと思います。ですから、職場全体でよく使うビジネス文書を分類し、正しい定型フォーム(雛形)を
作ってしまえば、次回、文書を作成するときに、短時間で効率的に
ビジネス文書が作れます。

職場に決まった雛形がなく、毎回担当者が時間をかけて作ったり、前の担当者から引き継いだ、間違った雛形を使っていることも少なくありません。一例として、弊社が作成している雛形をご紹介させていただきます。

■ビジネス文書作成の雛形
①お詫び状
②議事録
③社内報告書


チェックシートを使って部下の文書を指導

部下の文章力をアップさせるためには、部下に自分で考えさせることも必要です(指導しても、指摘したところを訂正した通りにだけ直してくる部下もいます)。部下の文書を簡単に評価し、問題点を部下自身に気づかせるためには、チェック項目を箇条書きにしたチェックシートを用いて、文書添削をすることが有効です。


指導するためには自己研さんも必要

文書指導にあたって、まずは管理職自身が良い文章、正しい文書を書けなければなりません。また書き方についての知識を持っておく必要もあります。それらができることで、正しく部下に文書指導することができます。 そのためには、過去の経験から"これが良い文書だ"という文書を認識し、それを言葉にして説明するトレーニングや、良い文章を書くために、新聞コラムなどを要約する訓練などが有効です。そのように自分で練習を重ねることも大切です。 また、客観的な視点で自身の作成した文書が良いかどうかを判断して欲しい方は、弊社のビジネス文書研修を受講されてはいかがでしょうか。



お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ
インソース流研修とは?
インソース流研修のやり方

人気研修の解説
全社員向け意識改革研修
ビジネス文書研修
管理職のためのビジネス文書研修~指導編
話す力・書く力(プレゼン・文書研修)
プレゼンテーション研修
内定者研修
新入社員研修
新入社員IT研修
新人フォローアップ研修
OJT指導者研修
コーチング研修
部下モチベーション向上研修
中堅社員研修
管理職研修
管理職アセスメントプログラム
リーダーコミュニケーション研修
段取り研修
CS研修
接遇研修
コミュニケーション研修
企画力研修
リスクマネジメント研修
コンプライアンス研修
キャリアデザイン研修
交渉術研修
ファシリテーション研修
タイムマネジメント研修
ビジネスゲーム
業務改善研修
自治体マネジメント研修
Java研修
クレーム研修
電話応対研修
図解思考力研修
整理力研修
研修担当者レベルアップ研修
社内講師養成研修
財務研修
ファイリング研修
マニュアル作成研修
営業力強化研修
メンタルヘルス研修
タイムマネジメントの原則
話す力・書く力
コンプライアンス研修
業務改善研修
新入社員研修~社会人としての自覚編

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースフォーラム2019 全国6都市でお申込み受付中!

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報